250件中 51 - 60件表示
  • 五島貴史

    五島貴史から見た浅草寺浅草寺

    2006年の年越し特番ではイノシシのコスプレをして公共交通機関のみを使って浅草寺から鎌倉の由比ヶ浜まで行き、ダイブを敢行した。五島貴史 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点 大博覧会 DVD-BOX

    笑点 大博覧会 DVD-BOXから見た浅草寺浅草寺

    浅草寺で日本テレビ放送網開局20周年を記念して収録したもので、現在『笑点』の映像で残っているものでは一番古い。笑点 大博覧会 DVD-BOX フレッシュアイペディアより)

  • 永島春暁

    永島春暁から見た浅草寺浅草寺

    歌川芳虎の門人。芳虎の子。姓は永島、名は福太郎。始めは虎重といい、後に春暁、麗斎、竹林斎、孟斎と号す。明治15年(1882年)の『朝鮮変動記』3冊に「虎重」落款で挿絵を描いたのが、最も早い頃の作画と思われる。3枚続で朝鮮事件を扱ったものもあり、明治21年(1888年)頃から「春暁」の号を用いている。「東京名所」シリーズ物や、第3回内国勧業博覧会、12階建ての凌雲閣物、浅草寺物、「上野公園風船之図」として、スペンサーのパラシュート降下を描いたものなどに特色がある。作画期は明治38年(1905年)頃までとされる。永島春暁 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥居清元 (2代目)

    鳥居清元 (2代目)から見た浅草寺浅草寺

    寛政期のものと思われる「桜下遊女道中図」は、満開の桜の下を花魁が新造と禿を連れて道中する絵であり、版画・肉筆を問わず浮世絵にはありふれた画題のものである。それだけに僅かずつにしろ絵師による工夫が必要となるが、本図の場合は花魁のすぐ後ろを歩む二人の禿を、互いに語り合う様子に描き、しかもその内の一人を後ろ姿で配置することで画面に変化を加えている。清長の美人画の影響は緩やかな円弧状をした目の形に端的に表れており、髪型や顔の輪郭から見て本図の制作時期は寛政期と考えられる。なお、本図の遊女や禿の着物の胸には押し並べて七宝つなぎの紋が描かれており、この紋は扇屋の滝川の替え紋として知られている。そのうえ花魁の打掛の模様には扇も散らされているため、本図のモデルが扇屋滝川である可能性も否定は出来ない。落款には「鳥清元筆」とある。また、浅草寺には71歳筆と款された「関羽図絵馬」の額があり、力強い描線による威風堂々たる武人像は彼の技量が相当なものであったことを物語っている。さらに向島・牛島神社に奉納された額「矢の根五郎図」には72歳筆と記されているということから長寿であったと思われる。鳥居清元 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 関東大水害

    関東大水害から見た浅草寺浅草寺

    1910年8月11日、日本列島に接近した台風は、房総半島をかすめ太平洋上へ抜ける際に、各地に集中豪雨をもたらした。利根川、荒川水系の各河川は氾濫するとともに、各地で堤防が決壊。関東平野一面が文字通り水浸しになった。死者・行方不明者数1,379人、全壊・流出家屋約5,000戸、床上・床下浸水約51万8,000戸、堤防決壊7,266箇所。東京でも下町一帯がしばらくの間冠水し、浅草寺に救護所(現、浅草寺病院)が造られた記録が残っている。この洪水は、荒川放水路の開削が始まる契機(1930年完成)となった。関東大水害 フレッシュアイペディアより)

  • 本間北曜

    本間北曜から見た浅草寺浅草寺

    弘化4年(1847年)、同郷で8歳年下の清河八郎が江戸へ上ったことに影響されたのか、北斎が没した嘉永2年(1849年)以降は芸術よりも国事に興味を抱くようになり、清河八郎やジョン万次郎、榎本武揚らと交流を始める。翌嘉永元年(1848年)5月22日、北曜は酒田を出発し、江戸・京都・広島・下関を経て長崎へと旅をし、その時の模様を『羽州飽海大泉荘北曜 西肥長崎行日記』(鶴岡市郷土資料館所蔵)に書き記している。その日記によると、北曜は6月4日には江戸に着き、翌5日に浅草寺に参拝した後、浅草の仮宅にて北斎に面会しており、さらに同8日にも北斎を訪ねている。この時、北斎から、北曜が長崎へ行った際にはキタコ(鱓)などの魚を写生してくるよう依頼され、「鬼図」を渡された。その後、8月2日に長崎に到着、11月26日に鎌倉に戻るまでの行動が細かく記述されている。また、長崎に滞在した時には穎川藤三郎らに会っている。本間北曜 フレッシュアイペディアより)

  • 雷門 (台東区)

    雷門 (台東区)から見た浅草寺浅草寺

    台東区の東部、浅草地域に位置する。町域の東部は隅田川になりこれを境に墨田区吾妻橋になる。南部は浅草通りに接しこれを境に台東区駒形・台東区寿にそれぞれ接する。西部は国際通りに接し、これを境に台東区西浅草に接する。北部は雷門通りに接し、これを境に台東区浅草・台東区花川戸にそれぞれ接する。南北方向に雷門仲通り、並木通り、江戸通りがそれぞれ縦貫する。浅草繁華街の一角を担っており、高層建造物や商業施設が多く建造されている。なお浅草寺の雷門は住所上は雷門通りを挟んだ台東区浅草になる。浅草寺の前は普段から人通りは多いが、特に休日になると観光客などで賑わう。雷門 (台東区) フレッシュアイペディアより)

  • 霜夜鐘十字辻筮

    霜夜鐘十字辻筮から見た浅草観音浅草寺

    (奥山茶見世の場)吉原の花魁小紫は演説家の楠石斎に身請けされ、今はお村と名を改め幸せに暮らしていたが、石斎とのあいだに設けた子を生まれてすぐに亡くしていた。今日はその四十九日とて女中を供にし寺に行った帰り、浅草観音奥山の茶店に立ち寄り休んでいる。そこへ六浦正三郎が赤子の正太郎を抱えて通りかかるので、お村は声をかけた。旧幕時代に正三郎は朋輩に連れられて吉原に行き、お村こと小紫に四、五度ほど顔をあわせていたのである。正三郎の零落した姿を見てお村は憐れみ、子供の誕生祝のつもりでと三十円を渡す。正三郎も当初は辞退したものの、お村の心根に感じて金を受け取った。霜夜鐘十字辻筮 フレッシュアイペディアより)

  • 警備派出所

    警備派出所から見た浅草寺浅草寺

    警視庁:浅草警察署観音前警備派出所警備派出所 フレッシュアイペディアより)

  • 壬生台舜

    壬生台舜から見た浅草寺浅草寺

    壬生 台舜(みぶ たいしゅん、1913年9月24日 - 2002年6月13日)は、日本の仏教学者、浅草寺第26世貫首。大正大学仏教学部卒業、文学博士。大正大学教授等を務めた。専門は天台教学、仏教学。壬生台舜 フレッシュアイペディアより)

250件中 51 - 60件表示

「浅草寺」のニューストピックワード