250件中 61 - 70件表示
  • 津観音

    津観音から見た浅草寺浅草寺

    津観音(つかんのん)は三重県津市大門にある寺院。寺号は詳しくは恵日山観音寺と称する。宗派は真言宗醍醐派。本尊は聖観音菩薩。浅草観音、大須観音と並んで日本三大観音の一つとされる。付近は県を代表する古くからの繁華街、歓楽街を形成している。津観音 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木嘉平

    佐々木嘉平から見た浅草寺浅草寺

    台東区浅草 聖観音宗浅草寺 観音堂 (本堂) (修理)佐々木嘉平 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木嘉平

    佐々木嘉平から見た聖観音宗浅草寺

    台東区浅草 聖観音宗浅草寺 観音堂 (本堂) (修理)佐々木嘉平 フレッシュアイペディアより)

  • 泣きながら生きて

    泣きながら生きてから見た浅草寺浅草寺

    72時間のトランジットを使い浅草寺など東京観光をした。泣きながら生きて フレッシュアイペディアより)

  • いまどき娘とハッスルオヤジ

    いまどき娘とハッスルオヤジから見た浅草寺浅草寺

    浅草探訪・屋形船宴会 - 2001年1月27日放送。この日はスペシャル版の放送で、江守、中尾、水原と、KOMATIからは坂井、五十嵐、佐々木絵美子との6人でロケ収録。雷門、仲見世通り、浅草寺、花やしきなどをめぐり、その後に屋形船での宴会の模様を放送した。いまどき娘とハッスルオヤジ フレッシュアイペディアより)

  • 世界仏教徒連盟

    世界仏教徒連盟から見た浅草寺浅草寺

    第24回 2008年11月14日?17日 日本・東京(浅草寺世界仏教徒連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野一信

    狩野一信から見た浅草寺浅草寺

    五条橋の牛若丸弁慶図扁額 (東京・浅草寺) 1面 紙本著色扁額 弘化4年(1847年)4月狩野一信 フレッシュアイペディアより)

  • 牛鬼

    牛鬼から見た浅草寺浅草寺

    鎌倉時代の『吾妻鏡』などに、以下の伝説がある。建長3年(1251年)、浅草寺に牛のような妖怪が現れ、食堂にいた僧侶たち24人が悪気を受けて病に侵され、7人が死亡したという。『新編武蔵風土記稿』でもこの『吾妻鏡』を引用し、隅田川から牛鬼のような妖怪が現れ、浅草の対岸にある牛島神社に飛び込み、「牛玉」という玉を残したと述べられている。この牛玉は神社の社宝となり、牛鬼は神として祀られ、同社では狛犬ならぬ狛牛一対が飾られている。また「撫で牛」の像があり、自身の悪い部位を撫でると病気が治るとされている。この牛鬼を、牛頭天王の異名と牛鬼のように荒々しい性格を持つスサノオの化身とする説もあり、妖怪研究家・村上健司は、牛御前が寺を襲ったことには宗教的な対立が背景にあるとしている。牛鬼 フレッシュアイペディアより)

  • 歯磨剤

    歯磨剤から見た浅草寺浅草寺

    日本では1625年、丁字屋喜左衛門が江戸で「丁字屋歯磨」「大明香薬」と呼ばれる歯磨き粉を販売開始した。この歯磨き粉の成分は琢砂という非常に目の細かい研磨砂に、丁字や龍脳などの各種漢方薬を配合したものであり、「歯を白くする」「口の悪しき匂いを去る」というキャッチコピーも添えられていた。江戸の庶民は、この類の歯磨き粉と房楊枝を使用して歯磨きを行うことが日常習慣となっており、当時の浅草寺には200軒もの房楊枝屋が並ぶほどの繁盛ぶりであった。歯磨剤 フレッシュアイペディアより)

  • 王子の幇間

    王子の幇間から見た浅草寺浅草寺

    「尾張屋」かな、「万金」かな…と期待をしたが、旦那の言葉は「浅草寺の境内にいる鳩に、豆を買って撒いてやれ」。王子の幇間 フレッシュアイペディアより)

250件中 61 - 70件表示

「浅草寺」のニューストピックワード