349件中 61 - 70件表示
  • イスルムニヤ精舎

    イスルムニヤ精舎から見た浅草寺浅草寺

    紀元前3世紀ごろ、当時の王デーワーナンピヤ・ティッサ王が仏教の保護を目的にこの地に建設した。現在は当時の僧院の一部残ったものを修復し現在公開されている。本堂には横たわった巨大な仏像がおり、その色鮮やかな色は日本の浅草寺による援助でいろの塗り替えを行っている。イスルムニヤ精舎 フレッシュアイペディアより)

  • 後生鰻

    後生鰻から見た浅草寺浅草寺

    さる大家の主人は超極端な信心家で、夏場に蚊が刺していても、つぶさずに必死にかゆいのを我慢している。ある日、浅草の観音様さまの帰りがけ、鰻屋の前を通ると、親方が鰻をまな板の上へ乗せて包丁を入れようとしているところに遭遇した。後生鰻 フレッシュアイペディアより)

  • 曾我兄弟狩場の曙

    曾我兄弟狩場の曙から見た伝法院浅草寺

    同社には、撮影に関する技術も現像設備もなかったので、浅草の鶴淵幻燈店に発注、同店の現像技師・西川源一郎が技師を務めた。河竹黙阿弥の『夜討曾我狩場曙』をモチーフに、撮影は浅草・伝法院の境内に書割の背景を幕で張り、それをバックに撮影した。本作は、同年9月30日に製作依頼元である大勝館で公開された。曾我兄弟狩場の曙 フレッシュアイペディアより)

  • 霜夜鐘十字辻筮

    霜夜鐘十字辻筮から見た浅草観音浅草寺

    (奥山茶見世の場)吉原の花魁小紫は演説家の楠石斎に身請けされ、今はお村と名を改め幸せに暮らしていたが、石斎との間に儲けた子を生まれてすぐに亡くしていた。今日はその四十九日とて女中を供にし寺に行った帰り、浅草観音奥山の茶店に立ち寄り休んでいる。そこへ六浦正三郎が赤子の正太郎を抱えて通りかかるので、お村は声をかけた。旧幕時代に正三郎は朋輩に連れられて吉原に行き、お村こと小紫に四、五度ほど顔をあわせていたのである。正三郎の零落した姿を見てお村は憐れみ、子供の誕生祝のつもりでと三十円を渡す。正三郎も当初は辞退したものの、お村の心根に感じて金を受け取った。霜夜鐘十字辻筮 フレッシュアイペディアより)

  • 開化探偵帳

    開化探偵帳から見た浅草寺浅草寺

    明治7 - 8年の文明開化期に、チョンマゲを切り落とし「ざんぎり頭」となって、背広に身を包んだ元武士の新宮寺京介が、警視庁(内務省管轄)に奉職、浅草伝法院屯所の探索方(現在の刑事)として、上司や仲間、町の人たちとともに浅草を舞台に活躍する。開化探偵帳 フレッシュアイペディアより)

  • すみだ川

    すみだ川から見た浅草公園浅草寺

    初午の日、長吉は浅草公園で、宮戸座の芝居を立見する。男と遊女が月の下で逢引きをする場面で、長吉はお糸が芸者になる前会った大きな月の下での一時を思い起こす。翌日の午後にも長吉は宮戸座の芝居を見に行き、そこで小学校時代の友達である吉と出会う。吉さんは床屋の若衆だったが、役者になっていた。芝居が始まるまで、長吉は、吉さんから役者の話を聞く。すみだ川 フレッシュアイペディアより)

  • A&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SP

    A&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SPから見た浅草寺浅草寺

    →浅草の浅草寺で恐いお兄さんに絡まれるA&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SP フレッシュアイペディアより)

  • 加藤清二郎

    加藤清二郎から見た浅草公園浅草寺

    1922年(大正11年)、上京。森永製菓の特約店「平野商店」の配達夫として就職。その後外交員に昇格し、外回りをしているうちに、適当な安食堂がないことに気が付いた。当時の大衆食堂は、値段は安いが設備が悪く不衛生で、背広を着るような職業の人間には入りにくかった。そこで食堂の経営を思いつき、浅草公園で繁昌していた安洋食屋「三友軒」に修行のため転職するが、皿洗いと雑役の長時間労働に耐えられず2か月で辞めて日雇い人夫となる。加藤清二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 水茶屋

    水茶屋から見た浅草観音浅草寺

    江戸でいえば、上野山下、両国広小路、その他参詣人の多い寺社の付近にあった。なかでも浅草観音境内の伝法院の付近に軒を並べた二十軒茶屋は有名であった。『江戸真砂六十帖広本』には、「江戸町々に水茶屋始むる事、浅草観音、芝神明、其の外宮地寺々には古来より有り来る。享保十八丑年嵯峨釈迦如来回向院にて開帳、両国橋の川端に茶や出来、元文四年信州善光寺回向院にて開帳、両国五十嵐向広小路に大和茶壹ぷく壹銭に売る茶屋出来、同朋町源七といふ者大阪者にて仕出す、段々今は町々に出る」とある。『守貞漫稿』によれば、水茶屋では、最初に、1斤の価6匁くらいの茶を茶濾の小笟に入れ、上から湯を注したものを出し、しばらくいると、別に所望しなくても塩漬の桜か香煎を白湯に入れて出し、客の置く茶代は、1人で100文置く者もいるし、4、5人で100文あるいは200文置くこともあるが、1人の場合、標準は24文から50文の間であるという。水茶屋 フレッシュアイペディアより)

  • 安田雷洲

    安田雷洲から見た浅草寺浅草寺

    現在最も古い年期の銅版画は、文政4年(1821年)の「浅草寺歳市之図」である。作品自体は司馬江漢風で、晩年に至るまで銅版画を製作している。雷洲の作品として知られるものに、文化11年(1814年)刊行の読本『小栗外伝』挿絵の内4図、年代不詳の銅版画「東都勝景銅版真図」8枚、弘化元年(1844年)作の銅版画「東海道五十三次揃」14枚、及び「江戸近郊十二景」などが挙げられる。この「東都勝景銅版真図」は本来12枚揃として作られたものであった。他に蘭字の題名のもので「Russische Kasteel van Moskow」などがある。最晩年のものとして、安政2年(1855年)の安政の大地震を銅版画にしたものがある。但し「武江地震図」という題の安政地震図は、実際には弘化4年(1847年)3月24日の「信州大地震図」の図案を流用し、「信州大地震図」にはあった山を煙で隠したものであった。安田雷洲 フレッシュアイペディアより)

349件中 61 - 70件表示

「浅草寺」のニューストピックワード