349件中 71 - 80件表示
  • 日本喜劇人協会

    日本喜劇人協会から見た浅草寺浅草寺

    1982年(昭和57年)、逝ける浅草の喜劇人を偲び、東京浅草の浅草寺境内に「喜劇人の碑」を建立した。日本喜劇人協会 フレッシュアイペディアより)

  • 算法少女 (小説)

    算法少女 (小説)から見た浅草寺浅草寺

    浅草寺に友達と参詣に出かけたあきは、算額を掲げる一団に出遭う。掲額しようとしていたのは、旗本の子弟水野三之助であった。三之助は日頃から、関流宗統の藤田貞資の直弟子であることを鼻にかけていた。あきはついその算額の誤りを指摘してしまい、三之助の怒りを買う。一度は折れて事を収めようとするあきだったが、三之助の執拗な追及に、父千葉桃三譲りの算法の腕で逆に三之助を論破してしまう。算法少女 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 朝野新聞

    朝野新聞から見た浅草寺浅草寺

    1875年(明治8年)12月、讒謗律・新聞紙条例の制定者、井上毅・尾崎三良を紙上で茶化し、翌年2月、官吏侮辱罪で、柳北は禁獄4ヶ月罰金100円の、鉄腸は8ヶ月と150円の、罰を受けた。出獄後、柳北は『成島柳北ごく内ばなし』を、鉄腸は『末広重恭転獄新話』を連載した。1876年6月末、浅草観音堂で各社が共催した『新聞供養大施餓鬼』では、柳北が『新聞紙を祭る文』を読み上げ紙上に掲載し、政府の言論弾圧をからかった。朝野新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 佐田介石

    佐田介石から見た浅草寺浅草寺

    だが、その後も介石は積極的に活動を続け、この頃、天台宗の僧侶であった唯我紹舜の門人となって浅草新堀にある本光院の住職を任されている。1882年新潟県高田(現在の上越市)で講演中に急死。本願寺派門主明如は介石が生前に同派を離脱したにも拘らずその人柄を慕って「嘯月院」という諡号を授け、漢方医の浅田宗伯が浅草寺に建てられた墓の碑文を書くなどして、その一途な生き様を偲んだという。佐田介石 フレッシュアイペディアより)

  • 入江長八

    入江長八から見た浅草寺浅草寺

    入江は江戸に戻り、東京都台東区の浅草寺観音堂、目黒区の祐天寺などを含む多くの場所で傑作を作り上げたと言われている。明治10年(1877年)に第1回内国勧業博覧会に出品。入江長八 フレッシュアイペディアより)

  • 十三宗五十六派

    十三宗五十六派から見た聖観音宗浅草寺

    「十三宗五十六派」ではないが、戦後単独宗制となった聖観音宗(総本山浅草寺)は、天台宗(総称)に分類される伝統宗教として認知されているが、それは浅草寺教団が幕末期以前に観音を本尊とする教団として成立していたからである。十三宗五十六派 フレッシュアイペディアより)

  • ゼニガメ

    ゼニガメから見た浅草寺浅草寺

    東京都台東区浅草に位置する浅草寺には、弁天山と呼ばれるお堂がある。このお堂は銭亀弁天と呼ばれていた。ゼニガメ フレッシュアイペディアより)

  • 鉄火

    鉄火から見た伝法院浅草寺

    鉄火伝法(てっかでんぽう)とは「伝法肌」やその他にも、「勇み肌」や「気負い肌」や「任侠肌」ともいい、その昔、東京都台東区浅草の伝法院(でんぼういん)の門番が、寺の威光を笠に着て、近隣の小店や見世物小屋で、無銭利用や傍若無人な振る舞いをしたことから、粗野で乱暴者という意味であったが、その後、鉄火肌と相俟って、男気(おとこぎ)のある「弱気を助け強気を挫く」ような者を指すようになった。鉄火 フレッシュアイペディアより)

  • 善福寺のイチョウ

    善福寺のイチョウから見た浅草寺浅草寺

    善福寺は正式名称を「麻布山善福寺」といい、浄土真宗本願寺派に属する。その歴史は824年(天長元年)に遡り、東京都内では浅草寺に次ぐ古寺である。寺伝によれば、この地に空海が高野山を模して麻布山善福寺を開山したのが始まりであり、当初は真言宗の寺院であった。善福寺のイチョウ フレッシュアイペディアより)

  • 鳩ぽっぽ

    鳩ぽっぽから見た浅草寺浅草寺

    浅草寺の境内に歌碑がある。鳩ぽっぽ フレッシュアイペディアより)

349件中 71 - 80件表示

「浅草寺」のニューストピックワード