250件中 71 - 80件表示
  • 雷門泥棒

    雷門泥棒から見た浅草寺浅草寺

    そう考えた一人の賽銭泥棒が、闇夜に乗じて浅草寺に侵入。まんまと賽銭を盗み出すことに成功するが、何を如何間違ったか表門に出てきてしまった。雷門泥棒 フレッシュアイペディアより)

  • 山号寺号

    山号寺号から見た浅草寺浅草寺

    どこへ行くのかと尋ねた一八に、浅草の観音様だと答えると、「ああ、金龍山浅草寺ですか」と言う。山号寺号 フレッシュアイペディアより)

  • 猿後家

    猿後家から見た浅草寺浅草寺

    「まずは皇居見物。次に日比谷へ出て新橋のてんぷら屋でご飯をご馳走し、泉岳寺へ入って靖国神社を見物、上野の西郷隆盛像の前でパチリと写真を一枚撮り、浅草の浅草寺を参拝した後仲見世を通りました。雷門を抜けると何故か凄い人だかりで、掻き分けてみると昔懐かしの”猿回し”アッ―!!」猿後家 フレッシュアイペディアより)

  • 後生鰻

    後生鰻から見た浅草寺浅草寺

    さる大家の主人は超極端な信心家で、夏場に蚊が刺していても、つぶさずに必死にかゆいのを我慢している。ある日、浅草の観音様さまの帰りがけ、鰻屋の前を通ると、親方が鰻をまな板の上へ乗せて包丁を入れようとしているところに遭遇した。後生鰻 フレッシュアイペディアより)

  • 野崎詣り

    野崎詣りから見た浅草寺浅草寺

    「感心している暇はあれへんで? こう言うてやれ、『小さい小さいと軽蔑すな! 大きいのが何の役に立つかい、江戸は浅草の観音様、お身たけは一寸八分でも十八間のお堂に入ってござる。山椒は小粒でもヒリリと辛いわい!』とな」野崎詣り フレッシュアイペディアより)

  • 姫かたり

    姫かたりから見た浅草寺浅草寺

    時は十二月の十七日。浅草寺の境内は、年の市でにぎわっていた。姫かたり フレッシュアイペディアより)

  • 三木啓次郎

    三木啓次郎から見た浅草寺浅草寺

    1918年(大正7年)、啓次郎は桜田門外の変でその後逃走し自刃した水戸浪士の霊を慰めるため、大阪四天王寺境内を訪れた。そこで二股ソケットを販売していた松下幸之助と出会った。経済的に困窮していた松下だが、話を聞いた啓次郎が水戸の田畑を抵当に幸之助を援助した。後に成功した幸之助は恩義に答えるため、松下電器を水戸黄門のスポンサーとし、浅草寺の雷門、四天王寺の極楽門、水戸の常磐神社境内にある三木神社などに寄進した。三木啓次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 笠森お仙

    笠森お仙から見た浅草寺浅草寺

    笠森 お仙(かさもり おせん、1751年(宝暦元年) - 1827年2月24日(文政10年1月29日))は、江戸谷中の笠森稲荷門前の水茶屋「鍵屋」で働いていた看板娘。明和年間(1764年-1772年)、浅草寺奥山の楊枝屋「柳屋」の看板娘柳屋お藤(やなぎや おふじ)と人気を二分し、また二十軒茶屋の水茶屋「蔦屋」の看板娘蔦屋およし(つたや およし)も含めて江戸の三美人(明和三美人)の一人としてもてはやされた。笠森お仙 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草花やしき

    浅草花やしきから見た浅草寺浅草寺

    明治に入り浅草寺一帯を浅草公園地とした際、花屋敷は奥山一帯と共に第五区に指定された。しかし敷地は縮小し、1885年(明治18年)に木場の材木商・山本徳治郎(長谷川如是閑の父)とその長男・松之助が経営を引き継ぐ。翌年、勝海舟の書「花鳥得時」を入口看板として掲示した。浅草花やしき フレッシュアイペディアより)

  • 浅茅ヶ原の鬼婆

    浅茅ヶ原の鬼婆から見た浅草寺浅草寺

    老婆が自分の行いを悔いていたところ、家を訪れていた稚児が現れた。実は稚児は、老婆の行いを哀れんだ浅草寺の観音菩薩の化身であり、老婆に人道を説くために稚児の姿で家を訪れたのだった。その後は、観音菩薩の力で竜と化した老婆が娘の亡骸とともに池へ消えたとも、観音菩薩が娘の亡骸を抱いて消えた後、老婆が池に身を投げたとも、老婆は仏門に入って死者たちを弔ったともいわれている。浅茅ヶ原の鬼婆 フレッシュアイペディアより)

250件中 71 - 80件表示

「浅草寺」のニューストピックワード