349件中 81 - 90件表示
  • 立川博章

    立川博章から見た浅草寺浅草寺

    浅草寺界隈図(文久2年(1862年)の浅草寺から隅田川、今の浅草六区までの鳥瞰図、2007年)立川博章 フレッシュアイペディアより)

  • 清水谷孝尚

    清水谷孝尚から見た浅草寺浅草寺

    清水谷 孝尚(しみずたに こうしょう、旧姓:半田、1919年11月-2014年10月28日)は、日本の聖観音宗の僧侶。浅草寺27世貫首。清水谷孝尚 フレッシュアイペディアより)

  • 清水谷孝尚

    清水谷孝尚から見た聖観音宗浅草寺

    清水谷 孝尚(しみずたに こうしょう、旧姓:半田、1919年11月-2014年10月28日)は、日本の聖観音宗の僧侶。浅草寺27世貫首。清水谷孝尚 フレッシュアイペディアより)

  • 楊弓

    楊弓から見た浅草寺浅草寺

    東京へは明治初年に浅草奥山(浅草寺の西側裏手一帯)に楊弓場が現れ、一般には「矢場」と呼ばれ広まった。店は競って美人の矢取り女(矢場女・矢拾い女)を置き、男たちの人気を集めた。矢取り女は射た矢を集めるのが仕事だが、客に体を密着させて射的方法を教えたり、矢を拾う際に足を見せたりして媚びを売った。戯れに矢拾い女の尻にわざと矢を当てる客もあり、それをうまくかわす女の姿がまた客を喜ばせた。店裏で売春もし、客の男たちは女の気を引くために足繁く通い、出費で身を滅ぼす者も出た。しかし、次第に値段の安い銘酒屋にその人気を奪われ、明治中期以後急速に衰退した。東京では関東大震災の影響もあって、昭和に入る頃には楊弓場・矢場は姿を消したという。楊弓 フレッシュアイペディアより)

  • 安本亀八

    安本亀八から見た浅草寺浅草寺

    「相撲生人形」 熊本市現代美術館蔵 1890年(明治23年) 『日本書紀』にある野見宿禰と当麻蹴速の力比べに題材を取る。宿禰は7パーツ、蹴速は6パーツで構成され、立体パズルのように組み合わされている。重さは47kg。同年の第三回内国勧業博覧会に出品するつもりで制作したが期日に間に合わず、完成後に浅草寺の境内に飾った。これを見たアメリカの収集家・フレデリック・スターンが購入し、2年後デトロイト美術館に寄贈・収蔵されていたが、2005年(平成17年)熊本市が購入し、現在の収蔵先となった。安本亀八 フレッシュアイペディアより)

  • いまどき娘とハッスルオヤジ

    いまどき娘とハッスルオヤジから見た浅草寺浅草寺

    2001年1月27日放送。この日はスペシャル版での放送で、江守、中尾、水原と、KOMATIからは坂井、五十嵐、佐々木絵美子の6人が参加。彼らが雷門、仲見世通り、浅草寺、花やしきなどを巡り、その後に屋形船で宴会をする模様を放送した。いまどき娘とハッスルオヤジ フレッシュアイペディアより)

  • 台東区立富士小学校

    台東区立富士小学校から見た浅草寺浅草寺

    学校所在地は、明治中期に廃寺になった浅草寺支院「修善院」の跡地。修善院は、学校前に現在もある浅草富士浅間神社の管理もしていた。台東区立富士小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 駒形橋

    駒形橋から見た浅草寺浅草寺

    駒形橋(こまがたばし)は、1927年(昭和2年)に竣工した隅田川にかかる橋で、東京都道463号上野月島線(浅草通り)を通す。西岸は台東区雷門二丁目、および駒形二丁目を分かち、東岸は墨田区東駒形一丁目と吾妻橋一丁目を分かつ。橋名は橋の西詰にある「駒形堂」に因む。駒形橋 フレッシュアイペディアより)

  • 神霊矢口渡

    神霊矢口渡から見た浅草寺浅草寺

    お舟は義岑のことが頭から離れない。そこへ義岑が出てきて、うてなが薬を飲むための湯を所望する。お舟は、うてなは義岑の妻なのかとたずねた。自分たちに落人の詮議がかかっている義岑は用心し、うてなの事を妹だと言い、保養がてら浅草寺に参詣に来たのだと答えた。それを聞いたお舟は大喜びし、義岑に自分の気持を打ち明ける。義岑もまんざらでもなさそうな様子で、「それほどに思うて下さるお志、さらさら仇には思ひませぬ」とお舟と手を取り合って抱きつく。すると、義岑もお舟も顔色が悪くなって身震いし気絶した。うてなが出てきて義岑を介抱するが、一向に意識は戻らない。「さては娘の色香に迷い、心の穢れ御旗の咎めなるか」と、うてなは義岑の懐から新田の旗を取り出し開くと、義岑とお舟はたちまち気を取り戻す。この家に不審を覚える義岑は旗を収め、お舟を残しうてなを連れて奥に入ったが、この場の様子を表から六蔵が見ていた。神霊矢口渡 フレッシュアイペディアより)

  • やげん堀

    やげん堀から見た浅草寺浅草寺

    やげん堀 七味唐辛子本舗(やげんぼり しちみとうがらしほんぽ)は、東京・浅草寺の門前で七味唐辛子を製造販売する商店。法人名は合資会社中島商店。江戸時代初期より中島家が10代に亘って営んでいる。七味唐辛子の元祖で、「やげん堀」(薬研堀)は七味唐辛子の別称としても通っている。長野・善光寺の門前の八幡屋礒五郎、京都・清水寺の門前の七味家と共に、日本三大七味唐辛子に数えられる。やげん堀 フレッシュアイペディアより)

349件中 81 - 90件表示

「浅草寺」のニューストピックワード