前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
163件中 1 - 10件表示
  • 浅草寺

    浅草寺から見た五木寛之

    霊験あらたかと言われる浅草寺では毎日、家の宗派と無関係に先祖供養を受け付けている。浅草界隈を長年取材している五木寛之によれば、宗派を問わず全く無関係な人でも供養を申し込めるため、五重塔内の位牌には昭和天皇、マザーテレサ、ダイアナ妃の位牌まで存在するという。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た市川團十郎 (12代目)

    九世市川團十郎「暫」の像 - 本堂裏広場。当初、大正8年(1919年)に造立されたもので、彫刻家新海竹太郎の作であったが、第二次世界大戦時の金属供出で失われ、昭和61年(1986年)、十二世市川團十郎の襲名を期に再建されたものである。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た昭和天皇

    霊験あらたかと言われる浅草寺では毎日、家の宗派と無関係に先祖供養を受け付けている。浅草界隈を長年取材している五木寛之によれば、宗派を問わず全く無関係な人でも供養を申し込めるため、五重塔内の位牌には昭和天皇、マザーテレサ、ダイアナ妃の位牌まで存在するという。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た松尾芭蕉

    宝蔵門の東方、広場の奥にある小山を「弁天山」といい、石段上に朱塗りの弁天堂、その右手に鐘楼が建つ。弁天堂は鉄筋コンクリート造で昭和58年(1983年)の再建。鐘楼は木造で昭和25年の再建。この鐘楼に架かる梵鐘は江戸時代の人々に時を知らせた「時の鐘」の1つで、「元禄5年(1692年)深川住の太田近江大椽藤原正次が改鋳」の銘がある。松尾芭蕉の句「花の雲鐘は上野か浅草か」と関連して説明されることが多いが、この句は現存する鐘の鋳造の5年前の貞享4年(1687年)に詠まれたものである。弁天堂への石段の左側には芭蕉の「観音の甍(いらか)見やりつ花の雲」の句碑がある。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た北の湖

    2体の金剛力士像のうち、向かって左(西)の阿形(あぎょう)は仏師・錦戸新観、右(東)の吽形(うんぎょう)像は木彫家・村岡久作の作である。阿形像のモデルは力士の北の湖、吽形像のモデルは明武谷と言われている。門の背面左右には、魔除けの意味をもつ巨大なわらじが吊り下げられている。これは、前述の村岡久作が山形県村山市出身である縁から、同市の奉賛会により製作奉納されているもので、わら2,500kgを使用している。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た谷文晁

    その他、江戸時代の絵馬が多数保存されており、中には谷文晁、菊池容斎、鈴木其一、歌川国芳、狩野一信、柴田是真のような著名絵師の作品もある。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た鳩山一郎

    映画弁士塚 - 淡島堂南側の「新奥山」と称する一画に立つ。無声映画時代に活躍した弁士を称えるために昭和33年(1958年)建立された。題字は鳩山一郎の書。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た観音菩薩

    浅草寺(せんそうじ)は、東京都台東区浅草二丁目にある、東京都内最古の寺である。山号は金龍山。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となった。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。東京都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)である。江戸三十三箇所観音霊場の札所(1番)でもある。全国有数の観光地であるため、正月の初詣では毎年多数の参拝客が訪れ、参拝客数は常に全国トップ10に収まっている。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た都営バス

    都営バスS-1、上23、草24、草39、東42乙、草43、草64系統の浅草雷門バス停より徒歩3分浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見たマザーテレサ

    霊験あらたかと言われる浅草寺では毎日、家の宗派と無関係に先祖供養を受け付けている。浅草界隈を長年取材している五木寛之によれば、宗派を問わず全く無関係な人でも供養を申し込めるため、五重塔内の位牌には昭和天皇、マザーテレサ、ダイアナ妃の位牌まで存在するという。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
163件中 1 - 10件表示

「浅草寺」のニューストピックワード