163件中 111 - 120件表示
  • 浅草寺

    浅草寺から見た浅草駅

    15px|銀座線東京メトロ銀座線 ・15px|都営浅草線都営地下鉄浅草線 ・15px|東武線 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)浅草駅より徒歩5分浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た鳩ぽっぽ

    「鳩ポッポ」の歌碑 - 本堂前。東くめ作詞、瀧廉太郎作曲で明治33年(1900年)に発表された童謡「鳩ぽっぽ」の歌詞と楽譜を表した碑。昭和37年(1962年)の建立。なお、この曲は文部省唱歌の「鳩」とは別の曲である。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た針供養

    針供養(2月8日)淡島堂で行われる。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見たイスルムニヤ精舎

    天慶5年(942年)平公雅が塔を建立したと伝わる。この塔は三重塔であったといわれる。焼失を繰り返したのち慶安元年(1648年)に五重塔として建立され、本堂と同様、関東大震災では倒壊しなかったが昭和20年(1945年)の東京大空襲では焼失した。現在の塔は本堂の西側、寛永8年(1631年)に焼失した三重塔の跡伝承地付近に場所を移して、昭和48年(1973年)に再建されたもので鉄筋コンクリート造、アルミ合金瓦葺き、基壇の高さ約5メートル、塔自体の高さは約48メートルである。基壇内部には永代供養のための位牌を納めた霊牌殿などがあり、塔の最上層にはスリランカ・アヌラーダプラのイスルムニヤ寺院から招来した仏舎利を安置している。なお、再建以前の塔は東側にあった。その位置(交番前辺り)には「塔」と刻まれた標石が埋め込まれていたが、平成21年(2009年)、新たに「旧五重塔跡」と記された石碑が設置された。周辺には木が植えられ、憩いの場となっている。江戸四塔、江戸六塔の一つに数えられる。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た淡嶋神社

    影向堂のさらに西側に建つ。江戸時代、元禄年間に紀州(和歌山市)の淡島明神(淡嶋神社)を勧請したことからこの名がある。木造、入母屋造。平成7年(1995年)、境内地の再整備の際に旧影向堂を移して淡島堂としたものである。この堂は昭和30年(1955年)までは浅草寺の仮本堂であった。堂内には本尊阿弥陀如来坐像、向かって左に淡島神の本地仏とされる虚空蔵菩薩像を安置する。毎年2月8日にこの堂で針供養が行われることで知られる。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た活動弁士

    映画弁士塚 - 淡島堂南側の「新奥山」と称する一画に立つ。無声映画時代に活躍した弁士を称えるために昭和33年(1958年)建立された。題字は鳩山一郎の書。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た

    2体の金剛力士像のうち、向かって左(西)の阿形(あぎょう)は仏師・錦戸新観、右(東)の吽形(うんぎょう)像は木彫家・村岡久作の作である。阿形像のモデルは力士の北の湖、吽形像のモデルは明武谷と言われている。門の背面左右には、魔除けの意味をもつ巨大なわらじが吊り下げられている。これは、前述の村岡久作が山形県村山市出身である縁から、同市の奉賛会により製作奉納されているもので、わら2,500kgを使用している。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た江戸三十三箇所

    浅草寺(せんそうじ)は、東京都台東区浅草二丁目にある、東京都内最古の寺である。山号は金龍山。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となった。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。東京都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)である。江戸三十三箇所観音霊場の札所(1番)でもある。全国有数の観光地であるため、正月の初詣では毎年多数の参拝客が訪れ、参拝客数は常に全国トップ10に収まっている。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た浅草公園六区

    浅草燈籠祭(9月中旬の土曜日から2週間程度) - 花やしきや六区ブロードウェイなども会場となる。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た鉄筋コンクリート

    本堂の西側にある。鉄筋コンクリート造、寄棟造、錣葺き(しころぶき)屋根で、平成6年(1994年)の建立。堂内には本尊聖観音像のほか、鎌倉期の円派の様式を示す阿弥陀如来坐像等十二支の守り本尊である8体の仏像を横一列に安置する。影向堂の周囲には六角堂、橋本薬師堂、石橋などがある。影向堂の左に建つ六角堂(東京都指定有形文化財)は室町時代の建立で、小規模ではあるが、境内最古の建物である。堂内には日限地蔵(ひぎりじぞう)を本尊として祀る。石橋(国の重要美術品)はかつて境内にあった東照宮(徳川家康を祀る)への参詣用に造られたもので、元和4年(1618年)、東照宮が勧請された際に建造された。東照宮自体は焼失後再建されていない。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

163件中 111 - 120件表示

「浅草寺」のニューストピックワード