163件中 51 - 60件表示
  • 浅草寺

    浅草寺から見たつくばエクスプレス

    23px つくばエクスプレス浅草駅より徒歩10分浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た柴田是真

    その他、江戸時代の絵馬が多数保存されており、中には谷文晁、菊池容斎、鈴木其一、歌川国芳、狩野一信、柴田是真のような著名絵師の作品もある。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見たこちら葛飾区亀有公園前派出所

    『こちら葛飾区亀有公園前派出所』記念碑 - 浅草神社鳥居脇。平成17年(2005年)に秋本治の漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の単行本の発行部数が1億3,000万部を突破したことを記念するため建立された。同作品の主人公である「両さん」こと警察官両津勘吉は浅草育ちという設定になっており、両津の少年時代のエピソードを題材にした「浅草物語」の巻に浅草神社が登場した縁により建立されたものである。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た東武伊勢崎線

    15px|銀座線東京メトロ銀座線 ・15px|都営浅草線都営地下鉄浅草線 ・15px|東武線 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)浅草駅より徒歩5分浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た浅草観音

    招き猫の発祥については全国に由縁の地といわれるところがある中、記録と実物、錦絵などによってその発祥が確実視されるのが、ここ浅草寺境内である。武江年表や藤岡屋日記嘉永5年の項目には当寺境内三社権現鳥居横にて老婆によって今戸焼製の招き猫が売りだされ大流行になったと記されている。その特徴としては背面に丸に〆の陽刻があり「金銭や福徳を丸く勢〆る」という縁起が担がれたもので具体的に招き猫とも浅草観音猫とも丸〆猫(まるしめのねこ)とも記されている。また同じく嘉永5年に出された錦絵「浄るり町繁華の図」には浄瑠璃の登場人物になぞらえて丸〆猫を売る床店が描かれている。近年都内の近世遺跡からは色のとれた背面に「丸に〆」の陽刻のある招き猫が数件出土が確認されている。これら総合的に実物と記録のはっきりとした最古の招き猫の記録ということができる。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見たホオズキ

    四万六千日(7月9・10日) - この日に参詣すると4万6,000日分のご利益があるとされる。ほおずき市が行われる。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た浅草花やしき

    浅草燈籠祭(9月中旬の土曜日から2週間程度) - 花やしきや六区ブロードウェイなども会場となる。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た羽子板

    歳の市(12月17〜19日) - 毎月18日は観音菩薩の縁日であるが、特に年末の縁日を歳の市と称している。羽子板市が行われる。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見たタヌキ

    本坊伝法院の鎮守で、伝法院通りを西方に向かって歩いた右手に入口がある。伝法院は非公開だが、敷地の南西にある鎮護堂のみは公開されており、ここから柵越しに伝法院の回遊式庭園が瞥見できる。ここに祀られる「鎮護大使者」とはタヌキである。明治時代の初期、境内には多くのタヌキが住み着き、寺では手を焼いていた。ある夜、当時の住職の夢にタヌキが現れ、「自分たちを保護してくれるならば、伝法院を火災から守ってやろう」と住職に告げたため、この堂を建てて鎮守とすることにしたという。切妻造の拝殿の奥に建つ本殿は大正2年(1913年)の建立。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た祭礼

    三社祭(5月17・18日頃) - 浅草神社(三社権現)の祭礼であり、東京を代表する祭りとして有名。豪壮な神輿渡御と、「びんざさら舞」で知られる。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

163件中 51 - 60件表示

「浅草寺」のニューストピックワード