213件中 21 - 30件表示
  • 1991年のテレビ (日本)

    1991年のテレビ (日本)から見た浅野ゆう子浅野ゆう子

    『第42回NHK紅白歌合戦』放送。紅組は浅野ゆう子、白組は堺正章がそれぞれ司会を務め、開会宣言は大相撲力士の若花田(のちの若乃花)勝・貴花田光司(現・貴乃花親方)兄弟が務めた。この年、白組で出場したとんねるずはそれぞれ全身紅・白に塗りパンツ1枚で「情けねえ」を熱唱し、日本中を驚愕させた。平均視聴率51.5%(2部、関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、前年より変わらず。1991年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 浅野ゆうこ

    浅野ゆうこから見た浅野ゆう子浅野ゆう子

    浅野ゆうこ フレッシュアイペディアより)

  • はたち〜1983年に生まれて〜

    はたち〜1983年に生まれて〜から見た浅野ゆう子浅野ゆう子

    瀧山みなみ…浅野ゆう子(特別出演)はたち〜1983年に生まれて〜 フレッシュアイペディアより)

  • 笑う三人姉妹

    笑う三人姉妹から見た浅野ゆう子浅野ゆう子

    松岡かもめ (浅野ゆう子笑う三人姉妹 フレッシュアイペディアより)

  • ワンレングス

    ワンレングスから見た浅野ゆう子浅野ゆう子

    ミドル・ショートスタイルのワンレングスも1990年代初頭に流行した。女優の山口智子などもこの時代にはこのショートスタイルだった。ロングでは田中美奈子、田中美佐子に「W浅野」の二人(浅野ゆう子、浅野温子)など、多数の女優の髪形の主流を占めた。ワンレングス フレッシュアイペディアより)

  • 遅塚勝一

    遅塚勝一から見た浅野ゆう子浅野ゆう子

    おかめ納豆 (タカノフーズ、出演浅野ゆう子遅塚勝一 フレッシュアイペディアより)

  • 年下の男の子 (小説)

    年下の男の子 (小説)から見た浅野ゆう子浅野ゆう子

    『月刊J-novel』(実業之日本社)にて2006年12月号から2007年12月号まで連載された。単行本の帯では女優の浅野ゆう子がコメントを寄せた(参照)。年下の男の子 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 夜霧の街

    夜霧の街から見た浅野ゆう子浅野ゆう子

    カップリング曲の「青春が終る日」は、のちに浅野ゆう子や小林麻美がカヴァーした。夜霧の街 フレッシュアイペディアより)

  • 春の予感 -I've been mellow-

    春の予感 -I've been mellow-から見た浅野ゆう子浅野ゆう子

    「春の予感 -I've been mellow-」のシングル発売から約半年後、B面曲の「もどかしい夢」を含めて尾崎がセルフカバーをして発表している。また、「もどかしい夢」は1979年に浅野ゆう子がカバーした。春の予感 -I've been mellow- フレッシュアイペディアより)

  • 文化放送土曜深夜1時枠

    文化放送土曜深夜1時枠から見た浅野ゆう子浅野ゆう子

    ※1975年10月7日?深夜1時30分までの前半枠は1980年9月まで、深夜1時30分?の後半枠は1985年3月まで音楽番組やアイ・ジョージ・浅野ゆう子などを起用した番組やラジオショーなど試行錯誤の番組が放送されていた。文化放送土曜深夜1時枠 フレッシュアイペディアより)

213件中 21 - 30件表示

「浅野ゆう子」のニューストピックワード