76件中 11 - 20件表示
  • 大河原雅子

    大河原雅子から見た浅野史郎浅野史郎

    2007年の東京都知事選では、浅野史郎の出馬が噂された早い段階で、浅野への強い支持姿勢を打ち出した。大河原雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 公立志津川病院

    公立志津川病院から見た浅野史郎浅野史郎

    1993年(平成5年)頃からの厚生省の方針で他の多くの病院と同様に医療費、診療報酬を抑制する必要が出て、1999年(平成11年)に産婦人科が閉鎖され、2001年(平成13年)6月で泌尿器科はいったん閉鎖された。同年時点で法定医師数16人に対して現員6人という状況に陥った。こうした状況に対して当時宮城県議会で質問を受けた浅野史郎宮城県知事は「命に関わることであり、一刻も猶予がならないことは理解している。医師の確保に全力を尽くしたい」と答弁を行っている。公立志津川病院 フレッシュアイペディアより)

  • 村尾信尚

    村尾信尚から見た浅野史郎浅野史郎

    選挙戦では一部の三重県議等からの支援はあったものの、既存の政治団体等からの大きな支援はなく、ボランティアを中心に選挙戦を展開した。従来から親交のあった財部誠一・榊原英資・神津カンナ・福岡政行・堂本暁子・浅野史郎・松島みどり等が応援に入り、独自の選挙戦を展開した。村尾信尚 フレッシュアイペディアより)

  • 東京・生活者ネットワーク

    東京・生活者ネットワークから見た浅野史郎浅野史郎

    1999年東京都知事選挙では(青島から後継指名受ける)民主党都連初代会長鳩山邦夫を全面的に支援、生活者ネット前代表で前々年まで北多摩第2区選出都議を連続3期12年務めた池田敦子が副知事候補だった。同選挙で初当選した石原慎太郎が再選を目指す2003年東京都知事選挙では樋口恵子、2007年東京都知事選挙では浅野史郎と民主党系候補を支援。東京・生活者ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 地方の時代

    地方の時代から見た浅野史郎浅野史郎

    1990年代には、バブル崩壊後の景気対策として国の要請もあり、地方においてかなりの量の公共事業行われた。しかしながら、その内容より事業量の確保が重視された面があり、その反動から、中央の論理では地方、もっと広く言えば世の中は良くならないのではないかとの反省が芽生え、地方からの異議申し立て的な動きがみられるようになった。「地域らしさ」を示すための自治体の独自施策として、のちに梶原・岐阜県知事が「善政競争」と呼んだ各種の動きも始まった。1998年には月尾嘉男・東京大学教授の呼びかけで、寺田典城・秋田県知事、増田寛也・岩手県知事、浅野史郎・宮城県知事、梶原拓・岐阜県知事、北川正恭・三重県知事、橋本大二郎・高知県知事が集まって「地域から変わる日本」の活動が始まり、「改革派知事」と呼ばれるようになった。片山善博・鳥取県知事も「改革派」グループに入る。全国知事会もそれまでは親睦団体的な色彩が強かったが、2003年には梶原知事の呼びかけで、「闘う知事会」のスローガンのもと、国に対して積極的に主張した。地方の時代 フレッシュアイペディアより)

  • 山口剛彦

    山口剛彦から見た浅野史郎浅野史郎

    1984年(昭和59年)、厚生省年金局年金課長だった山口は、「年金の神様」との異名を持ちながらも癌と闘病中の年金局長山口新一郎、同年6月からは山口新一郎の後任局長の吉原健二(後に厚生事務次官)の下で仕え、1985年(昭和60年)には吉原と共に「年金制度大改正」を手がけた。それ以降、山口は「年金制度のスペシャリスト」と省内で呼ばれるようになった。また、この制度大改正により、当時の40歳世代以下から、前世代の70%程度に将来的な年金支給額が減額されることとなったのをはじめ、その後の年金支給年齢の引き上げなどの年金財政の健全化のための制度改正の端緒となったとされている。。課長時代の部下の課長補佐に浅野史郎(前宮城県知事)らがいて、浅野は山口課長の下で2年あまり仕えていた。山口剛彦 フレッシュアイペディアより)

  • Save the 下北沢

    Save the 下北沢から見た浅野史郎浅野史郎

    石原慎太郎都知事に何度も「大規模再開発の見直し」を求める意見書・要望書を出したものの、計画が見直されることはなかった。そのため、『浅野さんが都知事になれば、シモキタの計画の見直しが行なわれる可能性が出てくる』として、改革派・市民派の知事と知られていた 浅野史郎元宮城県知事を都知事選に出馬依頼する「浅野史郎さんのハートに火をつける会」発足につながった経緯がある。Save the 下北沢 フレッシュアイペディアより)

  • 石川大我

    石川大我から見た浅野史郎浅野史郎

    2007年(平成19年)4月東京都知事選挙において、浅野史郎の応援演説を渋谷にて行なった。石川大我 フレッシュアイペディアより)

  • 南東北

    南東北から見た浅野史郎浅野史郎

    政治的には、(1)佐藤栄佐久・前福島県知事が道州制反対論者であり、「どこかの市にバキュームのように吸い寄せられる国土づくりを止めるべきだ」などと発言していたことや、(2)浅野史郎・前宮城県知事が、山形県知事選で高橋和雄前知事の対立候補の応援演説をしたことなどから、南東北では県同士の政治連合は形成されなかった。ただし、仙台経済圏の中枢部において「南とうほくSUNプラン」という名称の市町村同士の政治連合があり、また、仙台・山形の都市圏連合、三県都の共同プロジェクトなど、県単位以下での枠組みはある。南東北 フレッシュアイペディアより)

  • 庄司捷彦

    庄司捷彦から見た浅野史郎浅野史郎

    宮城県出身の弁護士。仙台弁護士会所属。自由法曹団所属。1943年石巻生まれ。宮城県仙台第一高等学校、中央大学法学部卒業。1974年に弁護士登録。80年に石巻市に庄司法律事務所開設。祖父作五郎も弁護士。父は水産講習所助教授の庄司東助。布施辰治の研究をしており、韓国に渡り現地の弁護士団と交流を深めたり、東北地方の地方新聞河北新報に布施辰治の連載を掲載するなど活動している。日本共産党員で、石巻市長選、宮城県知事選に立候補した経歴がある。知事選では浅野史郎と戦った。詩人会議に所属し、詩を出版している。ペンネームはみちのく赤鬼人。原発の危険から住民の生命と財産を守る会会長。国民救援会宮城県本部会長。庄司捷彦 フレッシュアイペディアより)

76件中 11 - 20件表示

「浅野史郎」のニューストピックワード

  • 電子商取引運営会社アリババ・グループ・ホールディング