79件中 11 - 20件表示
  • 前田和男

    前田和男から見た浅野史郎浅野史郎

    東京生まれ。芝中学校・高等学校卒。東京大学農学部農業経済学科卒。日本読書新聞勤務をへて、企画会社「同文社」を経営。2001年千葉県知事選、2002年参議院千葉補選で若井康彦、2003年総選挙大阪選挙区で辻恵と、立候補者の選挙参謀を務め、2007年都知事選では浅野史郎の勝手連として活動する。路上観察学会事務局。資生堂化粧文化研究会会員。前田和男 フレッシュアイペディアより)

  • 地方の時代

    地方の時代から見た浅野史郎浅野史郎

    1990年代には、バブル崩壊後の景気対策として国の要請もあり、地方においてかなりの量の公共事業が行われた。しかしながら、その内容より事業量の確保が重視された面があり、その反動から、中央の論理では地方、もっと広く言えば世の中は良くならないのではないかとの反省が芽生え、地方からの異議申し立て的な動きがみられるようになった。「地域らしさ」を示すための自治体の独自施策として、のちに梶原・岐阜県知事が「善政競争」と呼んだ各種の動きも始まった。1998年には月尾嘉男・東京大学教授の呼びかけで、寺田典城・秋田県知事、増田寛也・岩手県知事、浅野史郎・宮城県知事、梶原拓・岐阜県知事、北川正恭・三重県知事、橋本大二郎・高知県知事が集まって「地域から変わる日本」の活動が始まり、「改革派知事」と呼ばれるようになった。堂本暁子・千葉県知事、片山善博・鳥取県知事も「改革派」グループに入る。全国知事会もそれまでは親睦団体的な色彩が強かったが、2003年には梶原知事の呼びかけで、「闘う知事会」のスローガンのもと、国に対して積極的に主張した。地方の時代 フレッシュアイペディアより)

  • 山口剛彦

    山口剛彦から見た浅野史郎浅野史郎

    1984年(昭和59年)、厚生省年金局年金課長だった山口は、「年金の神様」との異名を持ちながらも癌と闘病中の年金局長山口新一郎、同年6月からは山口新一郎の後任局長の吉原健二(後に厚生事務次官)の下で仕え、1985年(昭和60年)には吉原と共に「年金制度大改正」を手がけた。それ以降、山口は「年金制度のスペシャリスト」と省内で呼ばれるようになった。また、この制度大改正により、当時の40歳世代以下から、前世代の70%程度に将来的な年金支給額が減額されることとなったのをはじめ、その後の年金支給年齢の引き上げなどの年金財政の健全化のための制度改正の端緒となったとされている。。課長時代の部下の課長補佐に浅野史郎(前宮城県知事)らがいて、浅野は山口課長の下で2年あまり仕えていた。山口剛彦 フレッシュアイペディアより)

  • 南東北

    南東北から見た浅野史郎浅野史郎

    政治的には、(1)佐藤栄佐久・前福島県知事が道州制反対論者であり、「どこかの市にバキュームのように吸い寄せられる国土づくりを止めるべきだ」などと発言していたことや、(2)浅野史郎・前宮城県知事が、山形県知事選で高橋和雄前知事の対立候補の応援演説をしたことなどから、南東北では県同士の政治連合は形成されなかった。ただし、仙台経済圏の中枢部において「南とうほくSUNプラン」という名称の市町村同士の政治連合があり、また、仙台・山形の都市圏連合、三県都の共同プロジェクトなど、県単位以下での枠組みはある。南東北 フレッシュアイペディアより)

  • 前葉泰幸

    前葉泰幸から見た浅野史郎浅野史郎

    宮城県総務部長を務めていた2005年、宮城県知事選挙に浅野史郎の後継指名を受けて無所属で出馬したが、自由民主党の推薦を受けた元宮城県議会議員の村井嘉浩に約5万票差で敗れ、次点で落選した。その後、デクシア銀行東京支店副支店長、地方公共団体金融機構審査室長を歴任。前葉泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • みやぎ産業交流センター

    みやぎ産業交流センターから見た浅野史郎浅野史郎

    当施設の完成当時宮城県知事だった浅野史郎(在任期間:1993年(平成5年)11月21日?2005年(平成17年)11月20日)は、自身の政治団体やエッセイ・出演番組に「夢」と名付けており、「夢」は浅野の記号であった。浅野はさらに、「みやぎの福祉・夢プラン」や「みやぎ夢大使」など、宮城県の政策にも「夢」と名付けるようになり、それは宮城県の施設にも及ぶようになった。みやぎ産業交流センター フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の政治

    1993年の政治から見た浅野史郎浅野史郎

    11月21日 - 宮城県知事選挙で新生党、日本新党、新党さきがけ、社会民主連合推薦の浅野史郎が当選。1993年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 都民のハートに火をつける会

    都民のハートに火をつける会から見た浅野史郎浅野史郎

    都民のハートに火をつける会(とみんのはーとにひをつけるかい)は、2007年(平成19年)度の東京都知事選で浅野史郎を勝手連として支援した団体である。都民のハートに火をつける会 フレッシュアイペディアより)

  • ベスト・ファーザー イエローリボン賞

    ベスト・ファーザー イエローリボン賞から見た浅野史郎浅野史郎

    政治部門:浅野史郎、経済部門:井植敏、学術・文化部門:野村万作、芸能部門:藤井フミヤ、芸能部門:岩城滉一、スポーツ部門:貴乃花光司ベスト・ファーザー イエローリボン賞 フレッシュアイペディアより)

  • アサノと勝とう!女性勝手連

    アサノと勝とう!女性勝手連から見た浅野史郎浅野史郎

    アサノと勝とう!女性勝手連は、2007年東京都知事選挙において、都知事候補の浅野史郎を応援するために活動した勝手連である。アサノと勝とう!女性勝手連 フレッシュアイペディアより)

79件中 11 - 20件表示