79件中 21 - 30件表示
  • 庄司捷彦

    庄司捷彦から見た浅野史郎浅野史郎

    日本共産党員で、石巻市長選、宮城県知事選に立候補した経歴がある。知事選では浅野史郎と戦った。庄司捷彦 フレッシュアイペディアより)

  • 北川正恭

    北川正恭から見た浅野史郎浅野史郎

    1995年(平成7年)に三重県知事選挙で当選した後、岩手県の増田寛也、宮城県の浅野史郎、高知県の橋本大二郎、鳥取県の片山善博らとともに「改革派知事」として注目された。その改革内容については賛否両論ある。北川正恭 フレッシュアイペディアより)

  • 北沢杏子

    北沢杏子から見た浅野史郎浅野史郎

    政治活動においては、1989年に環境保護やフェミニズムを訴えるちきゅうクラブのメンバーとして第15回参議院議員通常選挙に立候補。2007年には浅野史郎さんのハートに火をつける会および都民のハートに火をつける会を通じて都知事選挙への浅野史郎候補の擁立・支援に関わった。「世田谷・九条の会」呼びかけ人を務めている。北沢杏子 フレッシュアイペディアより)

  • 東京マラソン2007

    東京マラソン2007から見た浅野史郎浅野史郎

    浅野史郎元宮城県知事はジョギング愛好家であり、今回の東京マラソンに参加申し込みをしたが、抽選に漏れてしまった。「テレビで都庁前から出発していく3万人のランナーの姿を見ていたら、やっぱりうらやましかった」と、自らのWEBサイト『夢らいん ジョギング日記』で感想を公開している。一方、鈴木宗男衆議院議員は抽選の結果、当選して一般ランナーとして出場し、59歳ながら見事4時間7分40秒で完走した。その後、ランナー姿のまま車で空港に直行し、その日の18時には北海道で行われた会合に参加した。東京マラソン2007 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐敬喜

    五十嵐敬喜から見た浅野史郎浅野史郎

    2007年(平成19年)の東京都知事選挙に際しては、前宮城県知事・浅野史郎の立候補を促す支援団体、「浅野史郎さんのハートに火をつける会」を、上原公子、細川佳代子らとともに設立した。浅野の立候補後には団体を「都民のハートに火をつける会」に改称、浅野の選挙活動を支援した。同選挙の結果、浅野は落選であった。五十嵐敬喜 フレッシュアイペディアより)

  • 市川一朗

    市川一朗から見た浅野史郎浅野史郎

    1997年、宮城県知事選挙で現職の浅野史郎が政党の推薦を拒否する。前回の選挙では浅野は新生党、日本新党、新党さきがけの推薦を得ていた関係から新進党党首の小沢一郎と会見を持つものの両者の溝は埋まらず、会談は決裂した。小沢は自民党宮城県連会長の三塚博とも協議し、自民、新進、公明三党の推薦を得て、市川を浅野の対立候補として擁立するが、無党派にターゲットを絞った浅野の戦略が奏功し、市川は落選した。市川一朗 フレッシュアイペディアより)

  • ハードル 真実と勇気の間で

    ハードル 真実と勇気の間でから見た浅野史郎浅野史郎

    光の祖母で、学校の近くで文房具店を営む。幼い頃に駄菓子屋でおはじきを万引きしたことがあり、その時の店主(声 - 浅野史郎・当時宮城県知事)の言動から、常に叱られる子供の気持ちを第一に考えるという人格者となっていた。レオを万引きは絶対にしない人間だと信頼しているが、その割に彼を犯人と決め付けた学校側に抗議した様子はない。白内障を患っており、手術を受けている。その2年後が舞台である第2章以降は登場しなくなるが、存命してはいるようだ。アニメでは追加されたエピソードにて再登場している。ハードル 真実と勇気の間で フレッシュアイペディアより)

  • 三井マリ子

    三井マリ子から見た浅野史郎浅野史郎

    2007年、東京都都知事選において「アサノと勝とう! 女性勝手連」の一員に名を連ね、浅野史郎の支援活動の「呼びかけ人」となった(アサノと勝とう! 女性勝手連)。また、「すてっぷ」館長(非常勤)の雇止めの取消しを求めて大阪地裁に提訴する。その裁判が行われる際、傍聴席を上回る数の傍聴者が詰めかけたため、開廷時間となっても審議が行えなかった。これに対し、裁判長が傍聴者のくじ引きを提案したが、傍聴希望者側が大法廷への移動を要求し、裁判長を罵倒するなどしたため、裁判長が退廷した。三井はこれに対し、傍聴希望者の不作法を非難するのではなく、「裁判長が自らの権利を侵害した」と主張している。支援者団体は2007年9月の判決以前、「新聞投稿キャンペーン」を行い、また、裁判所へ公正な裁判を求めるハガキ(文面指定 1)を送ることを呼びかけたが 2、結局、訴えは棄却された(館長雇止め バックラッシュ裁判)。控訴審の大阪高裁は2010年3月、一審判決を破棄。「三井の行動に反対する宗教右翼等の勢力から受けた組織的な攻撃に市が屈した」「説明せずに常勤化に動いたのは人格権の侵害」と認定し、市に150万円の賠償を命令した。三井マリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 漆間巌

    漆間巌から見た浅野史郎浅野史郎

    漆間が警察庁長官だった時期、全国の警察本部で不正経理の発覚が相次いだ。これに対し漆間は「全国で相次ぐ不正経理で予算の不適正執行が判明すれば、正し、返還する行政処分だけではなく、刑事処分も含めた厳正対応が私の責任」と述べたが、その一方で2005年、宮城県の浅野史郎知事(当時)が宮城県警の捜査報償費について会計文書の閲覧と捜査員の聴取を要求し、県警側がこれに応じなかったため予算執行を停止すると、「捜査協力者に知事が会う目的で文書の開示を求めるならば、警察活動への介入そのもの。言語道断だと思う。執行停止によって一線の捜査活動に大変な支障が生じ、治安活動にもブレーキがかかる。知事は治安責任を果たしていないのではないか」と発言。また愛知県警総務部が1971年に作成した裏帳簿に漆間の兄である漆間英治の名が記載されていることが発覚、漆間本人も1996年に架空の出張旅費を申請し裏金を捻出していた疑惑を追及されている。漆間巌 フレッシュアイペディアより)

  • 新進党

    新進党から見た浅野史郎浅野史郎

    10月26日 - 宮城県知事選で自民党・公明とともに推薦した市川一朗が現職の浅野史郎に敗北し落選。新進党 フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示