76件中 21 - 30件表示
  • 梅原克彦

    梅原克彦から見た浅野史郎浅野史郎

    1993年(平成5年)に就任した宮城県知事・浅野史郎は、県立高校の一律男女共学化計画を推し進めていた。梅原は、自身の出身校である仙台一高(男子校として設立)の共学化に反対し、記者会見では「県教育史に残る歴史的汚点」、「男子校であることが伝統」と述べていた。梅原克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 勝手連

    勝手連から見た浅野史郎浅野史郎

    1997年と2001年の宮城県知事選で、現職知事だった浅野史郎が政党の推薦や支持を受けない「脱政党」を打ち出した。この際、民主党と社会民主党が勝手連として浅野を支援した(なお、浅野は1993年の知事選では新生党、日本新党、新党さきがけ、社会民主連合から推薦を受けている)。1997年の選挙では、最大与党自民党と当時の最大野党新進党(友党だった公明も)が相乗り推薦した候補をダブルスコアで破り、勝手連の威力を見せつけた。勝手連 フレッシュアイペディアより)

  • 女性のための政治スクール

    女性のための政治スクールから見た浅野史郎浅野史郎

    赤松良子、浅野史郎、阿南惟茂、伊藤滋、猪口邦子、岩国哲人、宇沢弘文、太田房江、大野元裕、岡沢憲芙、緒方貞子、小川和久、小沢一郎、陰山英男、菅直人、木元教子、小池百合子、佐々淳行、潮谷義子、志村尚子、下村満子、朱建栄、住田裕子、相馬雪香、武見敬三、筑紫哲也、土屋正忠、寺島実郎、中田宏、中村敦夫、羽田孜、三木睦子、山田宏、鷲尾悦也など多数女性のための政治スクール フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の政治

    1993年の政治から見た浅野史郎浅野史郎

    11月21日 - 宮城県知事選挙で新生党、日本新党、新党さきがけ、社会民主連合推薦の浅野史郎が当選。1993年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 超人大陸

    超人大陸から見た浅野史郎浅野史郎

    また、2007年4月の東京都知事選挙を前に、候補である黒川紀章、浅野史郎、吉田万三が出演した。超人大陸 フレッシュアイペディアより)

  • 石坂啓

    石坂啓から見た浅野史郎浅野史郎

    また、狛江市の市長選挙では河西信美、2007年東京都知事戦では、浅野史郎を応援するため「アサノと勝とう!女性勝手連」の呼びかけ人となるなどの活動をしたが、両名とも落選している。石坂啓 フレッシュアイペディアより)

  • 漆間巌

    漆間巌から見た浅野史郎浅野史郎

    漆間が警察庁長官だった時期、全国の警察本部で不正経理の発覚が相次いだ。これに対し漆間は「全国で相次ぐ不正経理で予算の不適正執行が判明すれば、正し、返還する行政処分だけではなく、刑事処分も含めた厳正対応が私の責任」と述べたが、その一方で2005年、宮城県の浅野史郎知事(当時)が宮城県警の捜査報償費について会計文書の閲覧と捜査員の聴取を要求し、県警側がこれに応じなかったため予算執行を停止すると、「捜査協力者に知事が会う目的で文書の開示を求めるならば、警察活動への介入そのもの。言語道断だと思う。執行停止によって一線の捜査活動に大変な支障が生じ、治安活動にもブレーキがかかる。知事は治安責任を果たしていないのではないか」と発言。また愛知県警総務部が1971年に作成した裏帳簿に漆間の兄である漆間英治の名が記載されていることが発覚、漆間本人も1996年に架空の出張旅費を申請し裏金を捻出していた疑惑を追及されている。漆間巌 フレッシュアイペディアより)

  • 市川一朗

    市川一朗から見た浅野史郎浅野史郎

    1997年、宮城県知事選挙で現職の浅野史郎が政党の推薦を拒否する。前回の選挙では浅野知事は新生党、日本新党、新党さきがけの推薦を得ていた関係から新進党党首の小沢一郎と会見を持つものの両者の溝は埋まらず、会談は決裂した。小沢は自民党宮城県連会長の三塚博とも協議し、自民、新進、公明三党の推薦を得て、市川を浅野の対立候補として擁立するが、無党派にターゲットを絞った浅野の戦略が奏功したため、市川は落選した。市川一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 北上特定地域総合開発計画

    北上特定地域総合開発計画から見た浅野史郎浅野史郎

    1996年(平成8年)、第2次橋本内閣の建設大臣・亀井静香による細川内ダム建設中止以降、全国各地に拡大した公共事業見直しの波は小泉純一郎首相による「骨太の方針」で全国100基以上の建設・計画中のダムが中止・休止・凍結された。北上川流域ではほとんどの事業が完成または本体建設中であったが、和賀川支流の北本内川に建設予定であった「北本内ダム建設事業」は受益地が上水道事業から撤退したことで事業が完全に中止された。現在盛岡市に建設予定の簗川ダム(簗川)について、ダム建設の是非を巡って激しい論争が続いている。また、鳴瀬川水系では筒砂子ダム(筒砂子川)が当時の浅野史郎宮城県知事によって建設中止がなされた。北上特定地域総合開発計画 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県営ダム

    都道府県営ダムから見た浅野史郎浅野史郎

    ところが平成18年7月豪雨を契機とした田中康夫落選(2006年長野県知事選で)は、後任の村井仁知事による「脱・脱ダム宣言」で浅川ダム(浅川)を始めとした事業の再・再検討が行われ、これに伴い一部の自治体ではダム事業の再評価を始めた。浅野史郎知事時代に凍結を決めた宮城県の筒砂子ダム建設事業の凍結解除、嘉田知事による芹谷・北川第一ダム事業再開などがその例である。これは地球温暖化によって頻発する水害に対し、河川管理者である都道府県知事の責任が重大になったことの表れでもあり、こうしたことがダム事業への再評価の動きにつながっている。だがこうした傾向に「改革派」知事を推した市民団体などは反発を強めており、今後は河川の危機管理と支持者・住民との意見調整が重要と見られている。都道府県営ダム フレッシュアイペディアより)

76件中 21 - 30件表示

「浅野史郎」のニューストピックワード

  • 電子商取引運営会社アリババ・グループ・ホールディング