79件中 41 - 50件表示
  • 黒川紀章

    黒川紀章から見た浅野史郎浅野史郎

    選挙翌日のフジテレビのインタビューでは、浅野史郎が敗因や感想を述べ総括をしていたのとは対照的に、都政の具体的な話題に熱弁をふるい、次の都知事選に触れた。黒川紀章 フレッシュアイペディアより)

  • 桜金造

    桜金造から見た浅野史郎浅野史郎

    2007年3月16日、2007年東京都知事選挙へ出馬。報道陣に「15日夜の(都知事選立候補予定の)公開討論会で、自分と似た意見の候補がいなかった」と出馬理由を語った。選挙戦では福祉政策を中心に訴えたが、結果は6万9,526票で石原慎太郎、浅野史郎、吉田万三、黒川紀章、ドクター・中松に次いで6位だった。桜金造 フレッシュアイペディアより)

  • 朝ズバッ!

    朝ズバッ!から見た浅野史郎浅野史郎

    浅野史郎(金曜コメンテーター、2007年春に立候補した東京都知事選挙期間中は出演を自粛。2009年春に病気療養のため降板)朝ズバッ! フレッシュアイペディアより)

  • ネガティブ・キャンペーン

    ネガティブ・キャンペーンから見た浅野史郎浅野史郎

    2007年(平成19年)に実施された統一地方選挙で行われた東京都知事選挙で、民主党・社民党推薦の浅野史郎候補に対し、現職の石原慎太郎陣営が「さぁ、どっち!!Mr.フリーズ VS Mr.再起動」というビラを配布。名指しこそしていないが、浅野候補に不利な材料を並べ「やっぱりこの人しかいない 東京再起動。」と石原を支持する内容のものだった。ネガティブ・キャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県仙台第三高等学校

    宮城県仙台第三高等学校から見た浅野史郎浅野史郎

    2009年度より共学化されたが、校章・校歌はそのまま使用されている。他のナンバースクールの仙台一高、第一女子高ほど積極的に共学化反対運動は行われなかった。共学化を推進したのは、当時の宮城県知事で仙台二高OBの浅野史郎だった。宮城県仙台第三高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 新社会党

    新社会党から見た浅野史郎浅野史郎

    これまでの選挙では主に社民党候補を推薦しているが、東京都知事選挙で民主党系無所属の浅野史郎を支援したり、廿日市市長選挙で自由民主党と共同で現職やその後継候補を推薦したりしている。国政選挙でも「よりまし」として愛媛などのように民主党系候補を支援することもあった。第24回参議院議員通常選挙では、日本共産党の候補も推薦している。新社会党 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県仙台第二高等学校

    宮城県仙台第二高等学校から見た浅野史郎浅野史郎

    創立以来の男子校であったが、仙台二高卒業生の浅野史郎が宮城県知事に就任して県内の男女別学校を次々男女共学化していったため、2007年(平成19年)に仙台二高も共学化された。宮城県仙台第二高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ニチエンプロダクション

    ニチエンプロダクションから見た浅野史郎浅野史郎

    浅野史郎(元宮城県知事、現慶應義塾大学教授) - 『真相報道バンキシャ!』『ウェークアップ!ぷらす』などに出演。ニチエンプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • 高須克弥

    高須克弥から見た浅野史郎浅野史郎

    2017年5月17・18日の厚生労働委員会において、民進党の大西健介衆議院議員が、エステ業界で「大量の陳腐な」テレビ広告を流している悪徳ビジネスがあるなどとした上で、「皆さんよくご存じのイエス○○(まるまる)クリニックみたいに」と発言した。これについて、高須は名誉を棄損されたとし、大西議員と党首の蓮舫代表を相手取り、1000万円の損害賠償をするつもりであると即座に表明。高須は5月18日のブログで「高須クリニックはエステで集客しない。誇大広告のチラシもまかない。きちんと落とし前をつけてもらう」と発信し、産経新聞の取材に対して「謝罪を求めたかったが、裁判では金額しかないというので、1千万円を求める。大西氏は党を代表して質問した。党首もOKしているはずだ。民進党が攻撃だけで好き勝手言っていて、自民党が応戦一方で反撃しないから、国会での発言が言いたい放題なことに前から怒っていた。庶民でも怒れる、対応ができるのだと伝えたい」と述べている。大西議員は、「(提訴)内容を聞いていないので詳しく言えない。質問では高須の名前を出しておらず、(提訴は)誤解に基づいている。法律上、名前と連絡先しか連呼できないCMがあるのは現実だ」とコメントしている。なお、憲法第51条の議員特権により、国会議員の国会内での議論においての発言は、国会外では責任を問われないため、裁判所が高須氏の訴状を受け付けるかどうかは不明である。同月19日に「yes!高須クリニック」の商標登録を申請。「イエス○○クリニック」が高須クリニックだけに当てはまるものではないとの反論を防止するためと見られている。またこの訴訟を2017年7月25日に情報ライブ ミヤネ屋が取り上げた際に、番組コメンテイターの浅野史郎が「名誉毀損と言うのは、事実と違うことを提示して、名誉毀損することだが、国会で言ったかどうかは別として、普通の修羅場で言ったとしても、これは真実を言ったんですよ。あるとすれば『この正直者』と怒るようなもの」などと発言したことに対して謝罪を要求。番組は翌日の放送で謝罪し、和解が成立した。高須克弥 フレッシュアイペディアより)

  • 1948年

    1948年から見た浅野史郎浅野史郎

    2月8日 - 浅野史郎、前宮城県知事(1993年 - 2005年)1948年 フレッシュアイペディアより)

79件中 41 - 50件表示