214件中 31 - 40件表示
  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た公共事業

    公共事業費の削減のため、業者の選定にあたっての一般競争入札の実施を大幅に導入するという入札改革を行った。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見たジョギング

    私生活ではジョギング愛好家であり、フルマラソンの完走歴もある。自ら「ジョギング日記」と銘打ったブログを公開していたほか、宮城県出身のタレント・生島ヒロシが司会を務めるラジオ番組『生島ヒロシのおはよう一直線』(TBSラジオ)の生放送スタジオに、ジョギングの格好のまま飛び入り出演したこともあった。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た2009年

    東北大学医学部付属病院を受診したところ、「くすぶり型」ATLであると診断され、通院による経過観察を受けていたが、2009年5月には、病態が「急性期」に進行する。治療のため、自身の病気を公表、同年6月に東京大学医科学研究所に入院し、多剤併用の化学療法を受けた。通常の治療では治癒が望めなかったことから骨髄移植を受けることとなり、骨髄バンクを通してドナーを得た。同年10月、国立がんセンターに転院し、担当医・田野崎隆二のもと、「ミニ移植」と呼ばれる骨髄移植を受けた。体調が安定したため2010年2月3日に同院を退院、以後は自宅で療養する。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見たTBSテレビ

    浅野は2007年(平成19年)4月8日に予定された東京都知事選への民主党から出馬を要請され、当初は「そのような意思はない」として固辞していた。しかし、法政大学教授・五十嵐敬喜らによる支援団体、「浅野史郎さんのハートに火をつける会」(浅野の決意後は「都民のハートに火をつける会」に改称)の設立などの動きを受け、同年2月28日には、「真剣に考えていきたい」の意向を表明するに到った。同3月2日には、テレビ番組『みのもんたの朝ズバッ!』(TBSテレビ)で、「覚悟を決めなくちゃいけないだろうなという気はもうかなり強くしている」と発言、同6日に東京都庁舎で記者会見し、立候補することを表明した。同会見では、「石原都政の継承」とし、石原都政の内容については賛同しつつも、その手法について批判するという姿勢をとった(なお、他の道府県知事経験者の都知事選挙立候補の例としては1963年東京都知事選挙の阪本勝前兵庫県知事、2011年東京都知事選挙の東国原英夫前宮崎県知事の例があるが、いずれも落選した)。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た阪本勝

    浅野は2007年(平成19年)4月8日に予定された東京都知事選への民主党から出馬を要請され、当初は「そのような意思はない」として固辞していた。しかし、法政大学教授・五十嵐敬喜らによる支援団体、「浅野史郎さんのハートに火をつける会」(浅野の決意後は「都民のハートに火をつける会」に改称)の設立などの動きを受け、同年2月28日には、「真剣に考えていきたい」の意向を表明するに到った。同3月2日には、テレビ番組『みのもんたの朝ズバッ!』(TBSテレビ)で、「覚悟を決めなくちゃいけないだろうなという気はもうかなり強くしている」と発言、同6日に東京都庁舎で記者会見し、立候補することを表明した。同会見では、「石原都政の継承」とし、石原都政の内容については賛同しつつも、その手法について批判するという姿勢をとった(なお、他の道府県知事経験者の都知事選挙立候補の例としては1963年東京都知事選挙の阪本勝前兵庫県知事、2011年東京都知事選挙の東国原英夫前宮崎県知事の例があるが、いずれも落選した)。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た佐高信

    『誰のための福祉か―走りながら考えた―』(1996年5月15日、岩波書店同時代ライブラリー、ISBN 4002602656)佐高信との対談も収録。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た五十嵐敬喜

    浅野は2007年(平成19年)4月8日に予定された東京都知事選への民主党から出馬を要請され、当初は「そのような意思はない」として固辞していた。しかし、法政大学教授・五十嵐敬喜らによる支援団体、「浅野史郎さんのハートに火をつける会」(浅野の決意後は「都民のハートに火をつける会」に改称)の設立などの動きを受け、同年2月28日には、「真剣に考えていきたい」の意向を表明するに到った。同3月2日には、テレビ番組『みのもんたの朝ズバッ!』(TBSテレビ)で、「覚悟を決めなくちゃいけないだろうなという気はもうかなり強くしている」と発言、同6日に東京都庁舎で記者会見し、立候補することを表明した。同会見では、「石原都政の継承」とし、石原都政の内容については賛同しつつも、その手法について批判するという姿勢をとった(なお、他の道府県知事経験者の都知事選挙立候補の例としては1963年東京都知事選挙の阪本勝前兵庫県知事、2011年東京都知事選挙の東国原英夫前宮崎県知事の例があるが、いずれも落選した)。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た橋本大二郎

    『知事が日本を変える』(浅野史郎・北川正恭・橋本大二郎共著、2002年4月20日、文春新書、ISBN 4166602381)浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た市川一朗

    “脱政党”(既成政党の推薦や支持を受けない)として再選を目指し、自民党・新進党・公明の3党が推薦し、県内の市町村長の多くも支持した市川一朗、及び共産党推薦候補に大差をつけて当選した浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た山口剛彦

    厚生省時代の上司であった山口剛彦が2008年(平成20年)11月18日に殺害された(元厚生事務次官宅連続襲撃事件)ことを受け、『みのもんたの朝ズバッ!』で「テロの可能性を考えると、ひどい。山口さんは一緒に仕事をした。大好きな人だった。」とコメントした。殺害の5日後、犯人の男性が逮捕されたが、いわゆるテロリズムによる犯行ではなかったことが明らかになった。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

214件中 31 - 40件表示