214件中 41 - 50件表示
  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た客員教授

    12月1日 - 東北大学大学院法学研究科附属法政実務教育研究センター客員教授(2007年3月まで)浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た河内山哲朗

    『民に聞け―地方からこの国を変えてみせる』(浅野史郎・河内山哲朗共著、1999年4月21日、光文社、ISBN 4334972160)浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た障害者自立支援法

    2004年(平成16年)には「みやぎ知的障害者施設解体宣言」を発表、県内にある知的障害者入所施設の解体と、知的障害者が地域の中で生活できるための条件を整備すること(ノーマライゼーション)を方針とした。宣言では、「適切な支援措置さえあれば、重度の障害を持った人たちであっても地域での生活を送ることができること、そして、それが知的障害者の生活を豊かなものにする」と説明していた。また、この政策と同じ趣旨の障害者自立支援法には、「多少の不備を理由に反対するようなことがあってはならない」と賛意を表明した。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た週刊こどもニュース

    知事在職中の1999年(平成11年)、NHKのテレビ番組『週刊こどもニュース』に出演した浅野は、同番組の子役出演者から「カラ出張」について質問されて「公金支出の不適切な処理」と返答したが、子供たちが理解できていない様子を見て、「(要は)嘘ついちゃったんだよ」と話して納得させた。同番組で司会を務めていた池上彰は自身の著書で、放送後の年末に「今年一番印象に残ったことは?」と問われた浅野が、「週刊こどもニュースの質問」と答えたという後日談を明かし、同番組での同様の質問に対して「忙しいから答えられない」と返答した当時の青島幸男東京都知事と比較して、「子供の声に真剣に耳を傾けたのは立派だった」とした。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た外務省

    1978年(昭和53年) - 外務省在アメリカ合衆国日本大使館一等書記官浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た厚生労働省

    また、2009年(平成21年)、長く障害者行政に携わってきた村木厚子・厚生労働省雇用均等・児童家庭局長が逮捕されたことを受け、「無実の村木厚子さんの解放を求めます」との声明を発表した。後に村木は無罪判決となった。浅野は厚生省、村木は労働省に所属していたが、ともに障害福祉行政に関わり旧知の仲である。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た国民体育大会

    2001年(平成13年)、第56回国民体育大会「新世紀・みやぎ国体」と共に、第1回全国障害者スポーツ大会「翔く・新世紀みやぎ大会」を宮城県で開催した。両大会開催月には、街角バリアフリー音楽祭の「とっておきの音楽祭」が初開催され、1280万円の補助金を出している。この音楽祭には思い入れがあるらしく、知事退官後の2006年(平成18年)にエグゼクティブプロデューサーとして同音楽祭の模様を収めた映画を制作した。現在は、スペシャルオリンピックス日本理事となり、一方で同映画の全国上映を推める会の会長として活動している。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た東京都知事

    知事在職中の1999年(平成11年)、NHKのテレビ番組『週刊こどもニュース』に出演した浅野は、同番組の子役出演者から「カラ出張」について質問されて「公金支出の不適切な処理」と返答したが、子供たちが理解できていない様子を見て、「(要は)嘘ついちゃったんだよ」と話して納得させた。同番組で司会を務めていた池上彰は自身の著書で、放送後の年末に「今年一番印象に残ったことは?」と問われた浅野が、「週刊こどもニュースの質問」と答えたという後日談を明かし、同番組での同様の質問に対して「忙しいから答えられない」と返答した当時の青島幸男東京都知事と比較して、「子供の声に真剣に耳を傾けたのは立派だった」とした。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た東北大学

    12月1日 - 東北大学大学院法学研究科附属法政実務教育研究センター客員教授(2007年3月まで)浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た法政大学

    浅野は2007年(平成19年)4月8日に予定された東京都知事選への民主党から出馬を要請され、当初は「そのような意思はない」として固辞していた。しかし、法政大学教授・五十嵐敬喜らによる支援団体、「浅野史郎さんのハートに火をつける会」(浅野の決意後は「都民のハートに火をつける会」に改称)の設立などの動きを受け、同年2月28日には、「真剣に考えていきたい」の意向を表明するに到った。同3月2日には、テレビ番組『みのもんたの朝ズバッ!』(TBSテレビ)で、「覚悟を決めなくちゃいけないだろうなという気はもうかなり強くしている」と発言、同6日に東京都庁舎で記者会見し、立候補することを表明した。同会見では、「石原都政の継承」とし、石原都政の内容については賛同しつつも、その手法について批判するという姿勢をとった(なお、他の道府県知事経験者の都知事選挙立候補の例としては1963年東京都知事選挙の阪本勝前兵庫県知事、2011年東京都知事選挙の東国原英夫前宮崎県知事の例があるが、いずれも落選した)。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

214件中 41 - 50件表示