214件中 51 - 60件表示
  • 浅野史郎

    浅野史郎から見たコミュニティ放送

    シローと夢トーク(ラジオ3制作。宮城県内コミュニティFM全6局で放送。放送時刻は各局で異なる)浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見たコメ

    自身がマスコミ等の面前で積極的に活動し、同県を宣伝。同県産のコメをPRするテレビCMでは菅原文太と共演し、話題になった。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た無党派

    東京大学卒業後にはキャリア官僚として厚生省(当時)に入省、同省において障害福祉課長を務めた。1993年、ゼネコン汚職事件に係わって当時の宮城県知事・本間俊太郎が辞職、その後の知事選挙に新生党・日本新党・さきがけ・社民連の推薦を受け立候補し初当選、同県知事に就任した。その後、1997年、2001年にそれぞれ再選、3期に渡って同県知事を務めた。同職中には構造改革を標榜する「改革派知事」、表立っては特定政党の推薦を受けない「無党派知事」として知名度を高めた。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た知的障害者

    浅野は官僚時代より、知的障害者を施設ではなく地域で受け入れていくという「施設解体」に取り組んでおり、宮城県知事としても施設収容中心の福祉行政からの方向転換を目指した。1996年(平成8年)には、官僚時代からの知己であり、長崎県で福祉施設理事長をしていた田島良昭を県福祉事業団の副理事長として招請、政策を推進した。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た2011年東京都知事選挙

    浅野は2007年(平成19年)4月8日に予定された東京都知事選への民主党から出馬を要請され、当初は「そのような意思はない」として固辞していた。しかし、法政大学教授・五十嵐敬喜らによる支援団体、「浅野史郎さんのハートに火をつける会」(浅野の決意後は「都民のハートに火をつける会」に改称)の設立などの動きを受け、同年2月28日には、「真剣に考えていきたい」の意向を表明するに到った。同3月2日には、テレビ番組『みのもんたの朝ズバッ!』(TBSテレビ)で、「覚悟を決めなくちゃいけないだろうなという気はもうかなり強くしている」と発言、同6日に東京都庁舎で記者会見し、立候補することを表明した。同会見では、「石原都政の継承」とし、石原都政の内容については賛同しつつも、その手法について批判するという姿勢をとった(なお、他の道府県知事経験者の都知事選挙立候補の例としては1963年東京都知事選挙の阪本勝前兵庫県知事、2011年東京都知事選挙の東国原英夫前宮崎県知事の例があるが、いずれも落選した)。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た築地市場

    その他、築地市場の移転反対などを掲げた。また、「日の丸・君が代」については、テレビ番組『NEWS23』での候補者討論においては「日本人として国旗日の丸・国歌君が代に敬意を払うのは当然であり、強制ではない方法での徹底を図る」と発言していた。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た公明

    “脱政党”(既成政党の推薦や支持を受けない)として再選を目指し、自民党・新進党・公明の3党が推薦し、県内の市町村長の多くも支持した市川一朗、及び共産党推薦候補に大差をつけて当選した浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た仙台市

    岩手県大船渡市生まれ、宮城県仙台市出身。神奈川県横浜市在住。仙台第二高等学校3学年に在学中には、「受験生への密着リポート」として、数ヵ月にわたって地元テレビ局の取材を受けた。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た全国市民オンブズマン連絡会議

    在職中の実績として特に評価されているのが情報公開で、全国市民オンブズマン連絡会議が作成した「全国情報公開度ランキング」において、宮城県は2004年度(平成16年度)は47都道府県中岩手県と同ポイントの全国1位タイ、2005年度(平成17年度)は鳥取県に次ぐ2位の高評価を受けた。浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野史郎

    浅野史郎から見た日本共産党

    新生党・日本新党・さきがけ・社民連の推薦を受け立候補し、自民党・社会党・民社党が推薦した前副知事、及び共産党推薦候補ら3候補を破って初当選した浅野史郎 フレッシュアイペディアより)

214件中 51 - 60件表示