153件中 51 - 60件表示
  • サントリー角瓶

    サントリー角瓶から見た浅野忠信浅野忠信

    2000年以降のCMには俳優の浅野忠信、アーティストの矢沢永吉や布袋寅泰、CHEMISTRYを起用し、新しい角瓶の楽しみ方を、比較的若い世代へアピールしている。1991年に「サントリークレスト12年」のCMソングとして使用されていた石川さゆり(SAYURI名義)の「ウイスキーが、お好きでしょ」が使用された。2007年秋、小雪がCMに出演(2009年からはおぎやはぎも出演)。また、CMソングの「ウイスキーが、お好きでしょ」は2009年度はゴスペラーズが、2010年度は竹内まりやが歌っている。サントリー角瓶 フレッシュアイペディアより)

  • 柳俊太郎

    柳俊太郎から見た浅野忠信浅野忠信

    2011年 - ファッション・シューティングで浅野忠信と出会ったことをきっかけにANOREに所属。柳俊太郎 フレッシュアイペディアより)

  • CHARA'S CLIPS 1991-1997

    CHARA'S CLIPS 1991-1997から見た浅野忠信浅野忠信

    当時の夫・浅野忠信が出演。CHARA'S CLIPS 1991-1997 フレッシュアイペディアより)

  • CHARA'S CLIPS 1997-2001

    CHARA'S CLIPS 1997-2001から見た浅野忠信浅野忠信

    監督は当時の夫であった浅野忠信が担当。CHARA'S CLIPS 1997-2001 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡信貴

    山岡信貴から見た浅野忠信浅野忠信

    「トーリ」浅野忠信監督作品山岡信貴 フレッシュアイペディアより)

  • レンチ (バンド)

    レンチ (バンド)から見た浅野忠信浅野忠信

    1999年、メジャー・レーベルVICTOR / HAPPY HOUSEと契約し、サード・アルバム『BLUE BLOOD BLUE』を発表。以降、ベスト盤を含めて8枚のアルバムをリリースした。ボーカルのSHIGEは、AYASHIGE名義でテクノ、トランス作品を発表し始めるが、このような四つ打ち的なビートはレンチの作品にも徐々に取り入れられていく。森脇美喜夫が「サイケ・ヘヴィ」(『Doll』169.p48)と評した24分のインストを含む『Clinic of Satanic』(2001年)を経て、『Overflow』(2003年)ではプログラミング音を本格的に導入したデジタル・ロックサウンドが試みられた。ハードコアとエレクトロ・ロック、ダンスミュージックの融合がバンドの方向性となるが、「クリック聞いてやるのはイヤ」(『Indies Issue』vol.7 p27)だったドラムの名越が脱退、元ココバットのMUROCHINの加入までバンドの存続が危ぶまれた。2007年以降は cutting edgeからアルバム『nitro』、2008年に浅野忠信、石野卓球、セイジ(ギターウルフ)、HIFANAらとのコラボレーションアルバム『drub』をリリースしている。レンチ (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • YAMP KOLT (a.k.a mai fujinoya)

    YAMP KOLT (a.k.a mai fujinoya)から見た浅野忠信浅野忠信

    ピース・ピル(w/浅野忠信、岩井田道元、茶谷雅之、市村隼人)YAMP KOLT (a.k.a mai fujinoya) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の映画

    2005年の映画から見た浅野忠信浅野忠信

    男優主演賞 - 浅野忠信(『誰がために』、『乱歩地獄』)2005年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 柘植伊佐夫

    柘植伊佐夫から見た浅野忠信浅野忠信

    2001年『殺し屋1』(浅野忠信のヘアメイクデザイン)柘植伊佐夫 フレッシュアイペディアより)

  • Strange Fruits

    Strange Fruitsから見た浅野忠信浅野忠信

    作詞: Chara/浅野忠信 作曲: Chara 編曲: 名越由貴夫Strange Fruits フレッシュアイペディアより)

153件中 51 - 60件表示