195件中 61 - 70件表示
  • 浅野忠信

    浅野忠信から見た移民

    忠信の母はナバホ系のアメリカ・インディアンで元農民の血統と思い込んでおり、忠信自身もそれを30年以上信じていたが、番組製作時の調査でそれが間違いと判明。ウィラードの弟ゴードンは「父ジェイコブはオランダ人、母エラベルはノルウェー人で、共に北欧の家系である」と証言した。ただ、ウィラードの出身地(ゴードンの現住地)ウィノナはもともとアメリカ・インディアンであるスー族の一支族ダコタが居住する地域であった。また、オバリング家は、未開拓地を無償で払い下げる法律を作ってヨーロッパからの移民を大量に受け入れていた19世紀後半のアメリカに渡ってきた西部開拓移民であったことも、証言と取材班の調査によって明らかとなった。一家は小麦や大豆を作って生計を立てていたという。浅野忠信 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野忠信

    浅野忠信から見た農家

    忠信の母はナバホ系のアメリカ・インディアンで元農民の血統と思い込んでおり、忠信自身もそれを30年以上信じていたが、番組製作時の調査でそれが間違いと判明。ウィラードの弟ゴードンは「父ジェイコブはオランダ人、母エラベルはノルウェー人で、共に北欧の家系である」と証言した。ただ、ウィラードの出身地(ゴードンの現住地)ウィノナはもともとアメリカ・インディアンであるスー族の一支族ダコタが居住する地域であった。また、オバリング家は、未開拓地を無償で払い下げる法律を作ってヨーロッパからの移民を大量に受け入れていた19世紀後半のアメリカに渡ってきた西部開拓移民であったことも、証言と取材班の調査によって明らかとなった。一家は小麦や大豆を作って生計を立てていたという。浅野忠信 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野忠信

    浅野忠信から見たタレント

    1988年(昭和63年)、父親がタレントのマネージャーを始めたことをきっかけに、やがて父親からテレビドラマ『3年B組金八先生III』(TBS系)のオーディションを勧められて受けたところ、合格し、タレントおよび俳優としてデビューした。当初はテレビにも出演していたが、撮って放映してを繰り返すテレビの機械的なサイクルが肌に合わず、バンド活動のほうに傾倒しはじめていたのもあって、父親やマネージャーと喧嘩になることも多かった。18歳になり、父親に俳優を辞めることを宣言してしまうが、祖母から諌めされ、再びバンド活動と両立して俳優業も続けていくことを決意したという。浅野忠信 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野忠信

    浅野忠信から見たXbox

    マイクロソフト - Xbox 三輪車編(2002年) 村上淳、松岡俊介と共演。浅野忠信 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野忠信

    浅野忠信から見たチンギス・カン

    2007年(平成19年)、ロシアのセルゲイ・ボドロフ監督作品『モンゴル』で、チンギス・ハーン役で主演した。ボドロフは浅野に「内面から発する光のようなもの」を感じ、「この役を演じられるのは浅野しかいない」と抜擢。浅野はCDをひたすら聴いてモンゴル語を憶え、尻の皮がむけるほど乗馬を猛練習して撮影に臨んだ。浅野忠信 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野忠信

    浅野忠信から見たダイズ

    忠信の母はナバホ系のアメリカ・インディアンで元農民の血統と思い込んでおり、忠信自身もそれを30年以上信じていたが、番組製作時の調査でそれが間違いと判明。ウィラードの弟ゴードンは「父ジェイコブはオランダ人、母エラベルはノルウェー人で、共に北欧の家系である」と証言した。ただ、ウィラードの出身地(ゴードンの現住地)ウィノナはもともとアメリカ・インディアンであるスー族の一支族ダコタが居住する地域であった。また、オバリング家は、未開拓地を無償で払い下げる法律を作ってヨーロッパからの移民を大量に受け入れていた19世紀後半のアメリカに渡ってきた西部開拓移民であったことも、証言と取材班の調査によって明らかとなった。一家は小麦や大豆を作って生計を立てていたという。浅野忠信 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野忠信

    浅野忠信から見たダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!

    ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(日本テレビ)「芸能人釣り選手権」に現在まで5度出演浅野忠信 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野忠信

    浅野忠信から見たNTTドコモ

    NTTドコモ(2007年)※DoCoMo2.0で長瀬智也、妻夫木聡、瑛太、吹石一恵、土屋アンナ、蒼井優、北川景子と共演。浅野忠信 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野忠信

    浅野忠信から見た置屋

    広島県生まれの祖母・浅野イチ子(1911年[明治44年]- 2004年[平成16年])は、芸者の置屋を営む父(忠信の曽祖父)を持ち、自身も若い頃は芸者であった。生後まもなく、父に従って満州国大連市に移住したイチ子は、24歳のとき、南満州鉄道(満鉄)の社員(特急「あじあ」食堂車給仕長)で福岡県出身の廣松定(ひろまつ さだむ)と結婚した。当時の満鉄は社員待遇の良さで知られており、イチ子らは何不自由の無い暮らしを送ったが、8年あまりのちに離婚している。ふたりの間に子はいなかった。離婚したとき、イチ子の父はすでに他界し、母は再婚して別家庭を持っていたため、戻るべき家庭は無くなっていた。満州から引き揚げるも故郷・広島は原爆で壊滅していたため、仕事を求めて上京し、横浜市にてアメリカ駐留軍横浜司令部勤務の料理兵・ウィラード・オバリング(1926年- 1992年4月)に彼の友人を通じて紹介され、交際するようになった。このとき、ウィラードは23歳、イチ子は38歳であった。やがてふたりは結婚し、朝鮮戦争のためにウィラードが日本を離れて出動している最中の1950年(昭和25年)9月23日、忠信の母・順子が誕生する。浅野忠信 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野忠信

    浅野忠信から見たいじめ

    富士ゼロックス(2000年)※過激な内容(いじめなどを助長)のため、一部作品は放映中止の措置が取られている。浅野忠信 フレッシュアイペディアより)

195件中 61 - 70件表示