82件中 41 - 50件表示
  • 御前崎港

    御前崎港から見た浜岡原子力発電所浜岡原子力発電所

    貨物港として自動車や木材などを取り扱うほか、市内にある中部電力浜岡原子力発電所の核燃料や核廃棄物などを取り扱う、中部電力専用埠頭を備えている。御前崎港 フレッシュアイペディアより)

  • セラフィールド

    セラフィールドから見た浜岡原発浜岡原子力発電所

    日本の原子力政策との関わりも深い。20世紀後半頃からは、再処理する受け入れ使用済み核燃料の全収容量の4分の1近くが日本の原子力発電所からのものに想定されていた。2010年からは中部電力との独占契約状態にあった。中部電力の管理下にある浜岡原発(静岡県)が2011年以降は運転を停止していることに伴い、存続の危機が指摘されていた。セラフィールド フレッシュアイペディアより)

  • 原子力撤廃

    原子力撤廃から見た浜岡原子力発電所浜岡原子力発電所

    民主党の支持母体の一つである全国電力関連産業労働組合総連合(電力総連)は、「原子力発電は、議会制民主主義において国会で決めた国民の選択。もしも国民が脱原発を望んでいるなら、社民党や共産党が伸びるはず」として脱原発に反論した。しかし民主党自体は、事故当時の首相菅直人が浜岡原子力発電所を停止させ、後には脱原発を訴え続けているほか、鳩山由紀夫(鳩山友紀夫)元首相も野田佳彦首相(当時)の大飯原子力発電所再稼働決定について、市民による首相官邸前脱原発運動に突如現われ、反対の意向を述べている。この頃には民主党から離脱した小沢一郎グループが国民の生活が第一(現自由党)を立党、政策に脱原発を盛り込むなど、党内からは続々と反対派が現われた。原子力撤廃 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の原子力政策

    日本の原子力政策から見た浜岡原発浜岡原子力発電所

    菅直人内閣総理大臣は海江田万里経済産業大臣を通じて、中部電力に対して、東海地震の発生予想率を根拠に、静岡県の浜岡原発の運転を、安全対策が立てられるまで、全て停止するように求め、5月9日、中部電力は政府の要請に従って、浜岡原発を停止させた(中部電力は7月、1000億円を計上して、津波対策として高さ18メートルの防潮堤の設置、標高25メートルの高台にガスタービン発電機の設置のほか、防水構造扉の二重化や水密閉扉への取り換えを決定した)。日本の原子力政策 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の原子力政策

    日本の原子力政策から見た浜岡原子力発電所浜岡原子力発電所

    この改良標準化の成果はBWRでは浜岡原子力発電所3号機、PWRでは敦賀原子力発電所2号機などで反映されている。この標準化によりGE社が設計したMarkI原子炉格納容器も見直され、被曝量低減、作業性確保を目的として従来のフラスコ型から卵型に拡張されたMarkI改良標準型が開発された。日本の原子力政策 フレッシュアイペディアより)

  • 石井孝明 (ジャーナリスト)

    石井孝明 (ジャーナリスト)から見た浜岡原発浜岡原子力発電所

    「政治に翻弄される浜岡原発, 現地報告」『日本原子力学会誌』、2012年11月号石井孝明 (ジャーナリスト) フレッシュアイペディアより)

  • 静岡空港

    静岡空港から見た浜岡原子力発電所浜岡原子力発電所

    原子力防災センター。中部電力浜岡原子力発電所(御前崎市)で事故が発生した場合の現地対策拠点であるが2017年11月時点では静岡空港に災害即応組織などはおかれていない。静岡空港 フレッシュアイペディアより)

  • 改良型沸騰水型軽水炉

    改良型沸騰水型軽水炉から見た浜岡原子力発電所浜岡原子力発電所

    2009年9月末時点の改良型沸騰水型軽水炉の設置状況は、東京電力柏崎刈羽原子力発電所6・7号機、中部電力浜岡原子力発電所5号機、北陸電力志賀原子力発電所2号機の4基となっている。改良型沸騰水型軽水炉 フレッシュアイペディアより)

  • 浜岡原発訴訟

    浜岡原発訴訟から見た浜岡原子力発電所浜岡原子力発電所

    浜岡原発訴訟(はまおかげんぱつそしょう)とは、静岡県御前崎市(旧小笠郡浜岡町)に設置されている浜岡原子力発電所1ないし4号機に対し、静岡県又はその近隣都道府県に居住する住民らが、人格権に基づいて、運転差止めを求めた事案である。浜岡原発訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所のトラブル

    福島第一原子力発電所のトラブルから見た浜岡原子力発電所浜岡原子力発電所

    8月13日、本発電所、福島第二原子力発電所の建設時に使われたコンクリート用の砂利を納入した骨材製造会社の元従業員による告白で、アルカリ骨材反応性試験の成績書を捏造し、品質保証をすり抜けていた事実が報道された(報道時には主として浜岡原子力発電所4号機の建設での同様の問題が報じられた)。原子力安全・保安院は東京電力に対して事実関係の調査とコンクリートの健全性にかかわる調査を指示、同年10月22日に報告書が提出された。その後、11月11日、12日に渡り、保安院によって全プラントの目視調査、圧縮強度測定が実施された。アルカリシリカ反応性試験に係る規準が整備されたのは1986年で、それ以降に竣工した建物は雑固体廃棄物減容処理建屋で、骨材を納入した5社の内東洋機工が捏造を行っていた。事情聴取の他、第3者機関が保有する成績書と納入業者が保有する成績書を照合し、健全性が確認されたとしている。規準整備以前に建設された建物については以前より自主的にコア採取、促進膨張試験等を定期的に実施しており、8月に臨時試験、9月に目視検査を行った結果、設計基準強度を上回っていることを確認した、としている。保安院は11月に自ら実施した調査を踏まえ、東京電力の報告を妥当と評価した。再発防止策としては、試験成績書原本を第3者機関から直接受領し、サンプルすり替え対策として発送時に第3者機関の職員による立会い確認をすることとした。福島第一原子力発電所のトラブル フレッシュアイペディアより)

82件中 41 - 50件表示

「浜岡原発」のニューストピックワード