233件中 11 - 20件表示
  • 浜岡原子力発電所

    浜岡原子力発電所から見た東北地方太平洋沖地震

    東海地震の予想震源域にあり、活断層が直下にあるという説まで発表されており、またトラブルが多発していることなどから耐震性の不足が懸念されている(、の節を参照)。また、今までは高さ10m - 15mの砂丘で高さ(斜面遡上高)8mの津波を防ぐ想定になっていたが、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震における福島第一原子力発電所事故の教訓から、同年3月16日に2、3年以内に地上高4m(標高、海抜12m)ほどの防波壁を作る計画が発表された。翌4月に海抜15mへの変更が決定されたが、7月22日に発表された新策定では、地上高は海抜18mへとさらに引き上げられ、完成予定も2012年12月と大幅な前倒しとなった。浜岡原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 浜岡原子力発電所

    浜岡原子力発電所から見た柏崎刈羽原子力発電所

    元東芝で原子力発電の格納容器の耐力研究をしていた後藤政志は、格納容器の耐力には限界があり、2007年の新潟中越沖地震で柏崎刈羽原子力発電所に993Galの震動があったことを聞き、原子力は止めるべきだと思ったと語っている浜岡原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 浜岡原子力発電所

    浜岡原子力発電所から見た産業技術総合研究所

    産業技術総合研究所活断層研究センター研究員の藤原治と北海道大学教授の平川一臣の2007年の発表によれば、2005年から2007年にかけて浜岡原子力発電所東2km地点計8か所でボーリング調査を実施し堆積物を調査したところ、8000年以上前から100 - 200年周期で東海地震が起きていることを確認し、それと同時に、従来想定される東海地震とは別タイプの大規模地震が約4800年前、3800 - 4000年前、2400年前の計3回発生していることを確認したという。さらに、2400年前以降もう一度大規模地震が発生したとみられることから、藤原は「1000年前後に1度、より大きな地殻変動を起こす地震があることが分かった」としている。浜岡原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 浜岡原子力発電所

    浜岡原子力発電所から見た太平洋セメント

    4号機の建設時に使用されたアルカリ骨材反応試験にて不正行為が行われていたことが、2004年7月27日、当事者が原子力安全・保安院に申告したことにより明らかとなった。内部告発を行った者は『安倍川開発』の社員であったが、生コンプラントに骨材を納入していた『小笠開発』(『太平洋セメント』の子会社)に出向し、製造管理部門に勤務しており、『小笠開発』社長との共謀であった。告発者は4号機の建設が完了した後に発生した阪神・淡路大震災を光景を見て「自分のやってきたことに心が苦しんでいた」「安全性が問われる原発でも不正が行われていることだけはどうしても多くの人に知らせなくてはならないと決断した」とJanJanでのインタビュー記事で答えている。浜岡原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 浜岡原子力発電所

    浜岡原子力発電所から見た東芝

    東芝で原子力発電の格納容器の耐力研究をしていた後藤政志は、格納容器の耐力には限界があり、2007年の新潟中越沖地震で柏崎刈羽原子力発電所に993Galの震動があったことを聞き、原子力は止めるべきだと思ったと語っている浜岡原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 浜岡原子力発電所

    浜岡原子力発電所から見た鹿島建設

    また、本発電所については、日本建築学会の学術講演梗概集にて中部電力、中電不動産などによる地震動の解析、実際の地震記録をシミュレーションで再現する研究などが複数回発表されている。2005年には、「原子力発電所耐震設計技術指針 JEAG4601-1987」で提示されている多質点並列地盤モデルを用い、4号機のプラント全体を連成させたシミュレーション結果が提示されており、地盤定数の算出に遺伝的アルゴリズムを採用するなど、時代の進歩に応じた技法が取り入れられ、実際発電所各階で観測した最大応答加速度と良い対応を示したという。また、同誌で発表などから、中部電力がプラントや建屋、地盤をどのような質点系としてモデル化しているのかや、建屋重量など実際のプラントのスペックについても読み取ることが出来る。2008年10月には、次世代軽水炉の開発プロジェクトに協力し、構内で免震試験装置の設置工事を開始した。また、検討を試みた1、2号機ばかりではなく、ABWRプラントにおいても免震化設計の研究記事を、鹿島建設と共同で発表している。浜岡原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 浜岡原子力発電所

    浜岡原子力発電所から見た熊谷組

    1号機用取水トンネル掘削に使用されたシールドマシンは熊谷組のもので、後にカッターが浜岡原子力館の屋外に展示されている。浜岡原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 浜岡原子力発電所

    浜岡原子力発電所から見た中部電力

    浜岡原子力発電所(はまおかげんしりょくはつでんしょ)は、静岡県御前崎市にある中部電力唯一の原子力発電所である。1号機から5号機まで5つの発電設備があるが、1号機と2号機は2009年1月に運転を終了した。敷地面積は160万m²(東西1.5km、南北1km)で、PR施設である浜岡原子力館が併設されている。浜岡原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 浜岡原子力発電所

    浜岡原子力発電所から見た東宝

    東宝が製作した怪獣映画、「ゴジラ(1984年版)」の作中においてゴジラに襲撃されて破壊される「井浜原子力発電所」は、映画制作当時(1980年代中期)の浜岡原子力発電所がモデルとされており、1号機と2号機の建屋に加え、当時建設中の3号機をもほぼそのまま再現した、現地取材に基づく精密なミニチュアセットが製作されている。浜岡原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 浜岡原子力発電所

    浜岡原子力発電所から見た川崎重工業

    一方、地元を代表する製造業であるスズキの鈴木修会長兼社長は「国の最高決定権者として正しかったのではないか。自分がもしそういう立場だったら、同じようなことをしたと思う」と首相の決定を支持している。また愛知県や岐阜県に航空機部品などの生産工場がある川崎重工業会長である大橋忠晴・神戸商工会議所会頭も、「一国の首相として、当然だと思う」と支持する考えを示した。浜岡原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

233件中 11 - 20件表示

「浜岡原発」のニューストピックワード