136件中 31 - 40件表示
  • 浜崎 あゆみ

    浜崎あゆみから見たベストヒット歌謡祭

    2000年4月より初めてのコンサートツアーに挑むも、左耳の疾患(内耳性突発難聴)により一部の公演を延期した。シングル「SEASONS」で136万枚を超える大ヒットとなり、アルバムも3枚のミリオンセラーを記録した。同年11月、全日本有線放送大賞でグランプリを受賞した。以降、2001年と2002年のALL JAPANリクエストアワード、2003年のベストヒット歌謡祭でもグランプリを受賞し、4連覇を達成している。2000年12月13日発売の19thシングル「M」では、CREAとして初めて作曲を手掛け、ミリオンセラーを達成した。同年12月31日に、初のカウントダウンライブを開催する。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎 あゆみ

    浜崎あゆみから見た福岡市

    浜崎 あゆみ(はまさき あゆみ、1978年10月2日 - )は、日本の女性歌手、元女優、モデル。本名は濱崎 歩(読み同じ)。愛称はあゆ、ayu。公式の英語表記はayumi hamasaki。ロゴマークのAは本人のイニシャルを組み合わせたもの。福岡県福岡市出身。エイベックス・マネジメント所属。レコード会社はAvex trax。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎 あゆみ

    浜崎あゆみから見た芸能プロダクション

    小学生の頃にSOSモデルエージェンシー福岡にスカウトされ、当時は「浜崎くるみ」の芸名で福岡中央銀行のポスターや地元商業広告に登場。その後、東京の大手芸能プロダクションサンミュージック(現:サンミュージックプロダクション)を紹介され、所属(都営地下鉄浅草線浅草駅のホームに掲示されているタレント養成所の広告には、加藤晴彦とともにこの頃の写真が掲載されていた)。1993年4月、テレビドラマ『ツインズ教師』で女優としてデビュー。1994年、芸名を「浜?あゆみ」(『崎』の異体字である『?』)に改名し、テレビドラマや映画などに出演していた。『アイドルオンステージ』などの音楽バラエティ番組で歌を披露することはあったが、アイドル色が強い活動であった。アイドル活動中に松浦勝人と知り合い、1996年末にサンミュージックとの契約が切れた後に本格的に歌手を目指すことになり、ボイストレーニングのためニューヨークへ渡った。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎 あゆみ

    浜崎あゆみから見たKCO

    2001年3月28日、自身初のベストアルバム『A BEST』を発売。宇多田ヒカルのアルバムとの同日発売で注目を集めた。夏には東京、大阪、名古屋、福岡の4大ドームツアーを行った。9月27日発売の24thシングル「Dearest」で日本レコード大賞受賞(以降2002年、2003年で史上初の3連覇を果たす)。前年に続いて史上初二年連続CD総売り上げ200億円を突破した。また9月にはTOKIOの長瀬智也との交際が明らかになった。12月12日には『songnation』に参加し、小室哲哉の作曲、自身の作詞のもとglobeのKEIKOとのコラボシングル「a song is born」を発売した。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎 あゆみ

    浜崎あゆみから見たUSBメモリ

    2008年4月8日にデビュー10周年記念を迎え、それを記念してシングル・コレクション・アルバム『A COMPLETE 〜ALL SINGLES〜』発売等、10周年記念の活動を行った。2009年3月25日発売の10thアルバム『NEXT LEVEL』では、日本人アーティストとしては初となるUSBメモリ形態を発売した。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎 あゆみ

    浜崎あゆみから見たミリオンセラー

    1999年1月1日発売の1stアルバム『A Song for ××』でオリコンチャート1位を初獲得、約150万枚を売り上げた。同年4月14日発売の7thシングル「LOVE 〜Destiny〜 / LOVE 〜since1999〜」でシングル初のオリコンチャート1位を獲得する。同年8月11日発売の10thシングル「A」が初のミリオンセラーとなった。同年12月31日、『第50回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たす。この頃から女子高生を中心とした若者のカリスマ的存在になる。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎 あゆみ

    浜崎あゆみから見た貧血

    2008年12月24日、過労による貧血で高所から落下。右手に全治3週間の重傷になり出演予定だった音楽番組の出演を急遽辞退。その後の自身のカウントダウンライブや初のトップバッターで登場するNHK紅白歌合戦の出演も危ぶまれたが、緊急手術後、医者の条件付出演を行った。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎 あゆみ

    浜崎あゆみから見たサングラス

    1998年、多くの化粧品会社、製菓メーカーなどとタイアップし、テレビ・雑誌などのメディアによる「浜崎あゆみ」への注目度が上がった。2000年頃にはCDの売り上げ枚数がミリオンを達成することが多々あり、また多くのCMや雑誌に出演し、総合司会を務めるテレビ番組を持っていた。マスコミなどでは「女子高生のカリスマ」と呼ばれ、彼女のファッションや奇抜な行動は女子中高生を中心に多大なる影響を及ぼし、ファッションリーダーとしてネイルアート、大きなサングラス、豹柄などの流行を生み出し社会現象となった(後にベストジーニストやネイルクイーンでは殿堂入りも果たしている)。2001年秋にはアルバムの発売が延期されたとの情報で所属レコード会社エイベックスの株価が下落するなど、エイベックスの看板歌手としての側面も注目されるようになった。また、同社の経営体質の弱点として「あゆ依存」という言葉も生まれた。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎 あゆみ

    浜崎あゆみから見た日本レコード協会

    2002年4月24日発売の26thシングル「Free & Easy」は雑誌『Free & Easy』とのコラボレーション企画であり、同時に雑誌の別刊『浜崎共和国』を発売する。7月24日発売の27thシングル「H」が、日本のシングルCDの売り上げが全体的に低迷しはじめた2002年において唯一、オリコン・日本レコード協会のでのシングルミリオンセラーを記録した。9月26日発売の28thシングル「Voyage」に合わせて短編映画『月に沈む』が公開。10月12日、初のレギュラー及び総合司会を務める番組『ayu ready?』がスタートした。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎 あゆみ

    浜崎あゆみから見た上海

    『タイム』誌アジア版2002年3月25日号の表紙を飾り、2007年から初の日本国外での公演(台北、香港、上海)を含むライブツアーが本格的に行われ、東アジア地域への進出も果たしている。歌手デビュー前にボイストレーニングのために渡米しているが、デビュー当時は英語は不得意だとコメントしており、ほとんどの歌詞は日本語であった。しかし、2002年以降は英語詞を含めた楽曲も多く発表している。2006年12月にCNNの日本特集『Japan now』期間中に放送された対談番組『Talk Asia』では、短時間ではあったが英語を披露している。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

136件中 31 - 40件表示

「浜崎あゆみ」のニューストピックワード