前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1089件中 1 - 10件表示
  • 広域関東圏

    広域関東圏から見た遠江国遠江国

    ここで述べている範囲を「関東甲信越」と呼ぶ場合、静岡県(特に旧伊豆国・旧駿河国を概要で記述すると煩雑になるため、あえて概要では触れない。旧遠江国の状況は駿河・伊豆の状況とともに静岡県の項目内で掲載)もその範囲に含んだ上で、静岡県を意味する地名が省略されるというケースや、単純に「(関東)1都10県」と表記するケースもみられる。広域関東圏 フレッシュアイペディアより)

  • 三方ヶ原の戦い

    三方ヶ原の戦いから見た遠江国遠江国

    三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、元亀3年12月22日(1573年1月25日)に、遠江国敷知郡の三方ヶ原(現在の静岡県浜松市北区三方原町近辺)で起こった、武田信玄軍2万7,000人と徳川家康軍1万1,000人(うち織田信長からの援軍3,000人)との間で行われた戦い。三方ヶ原の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 今川氏

    今川氏から見た遠江国遠江国

    遠江今川家:1.の分家で、遠江に所領を与えられた今川貞世(了俊)を祖とする一族。瀬名氏を参照。今川氏 フレッシュアイペディアより)

  • 松尾藩

    松尾藩から見た遠江国遠江国

    松尾藩(まつおはん)は、明治維新期の短期間、上総国に存在した藩。1868年に遠江掛川藩の太田家が5万3000余石で移封され、1871年の廃藩置県まで存続した。藩庁ははじめ上総国武射郡柴山(現在の千葉県山武郡芝山町)に置かれ「柴山藩(しばやまはん)」と称したが、のちに武射郡松尾(山武市松尾町)に松尾城を築いて移転した。松尾藩 フレッシュアイペディアより)

  • 清水次郎長 (1971年のテレビドラマ)

    清水次郎長 (1971年のテレビドラマ)から見た遠江国遠江国

    遠州森の出である自称・次郎長一の子分の渡世人。気のいい粗忽者。一度は鬼瓦一家に草鞋を脱いだが、その無法ぶりに愛想を尽かして次郎長に加担。一家の仲間入りを果たす。隻眼だが眼帯はしていない。出会った頃から鬼吉とよく連んでおり、お互いに張り合う仲であることからか、勇み足が多い。よく偽物を仕立てられる。故郷に母親(演・浦辺粂子)と弟妹が一人ずついる。第47話で讃岐・琴平大権現への代参の旅に赴き、その帰途の船の中で旅姿のお竜とばったり出会う。お竜との再会を懐かしみつつ思いの丈をぶちまけ、ついには夫婦約束をしたが、その後、手持ちの金を騙し取られた末に斬られ、一度は七五郎の家まで辿り着くが、抜け出した先で止めを刺されて絶命した(第48話)。第49話は回想シーンで出演。清水次郎長 (1971年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 山内一豊

    山内一豊から見た遠江国遠江国

    天正18年(1590年)の小田原征伐にも参戦し、山中城攻めに参加している。まもなく遠江国掛川に5万1000石の所領を与えられた。掛川では城の修築と城下町づくりを行い、更に洪水の多かった大井川の堤防の建設や流路の変更を川向いを領する駿府城主・中村一氏とともに行っている。また朝鮮の役には他の秀次の宿老格であった諸大名と同じく出兵を免れたが、軍船の建造や伏見城の普請などを担当して人夫を供出している。文禄4年(1595年)には秀次が謀反の疑いで処刑され、一豊と同じく秀次付き重臣であった渡瀬繁詮はこの事件に関わって秀次を弁護したために切腹させられた。しかし一豊は他の宿老の田中・中村・堀尾らとともに無関係の立場を貫き、連座を免れた。このときに秀次の所領から8000石を加増されている。山内一豊 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原信興

    小笠原信興から見た遠江国遠江国

    小笠原 信興(おがさわら のぶおき)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。遠江高天神城主。「長忠」の名で知られるが、これは軍記物においてのみ見られる呼称で、初名は氏助で後に信興と改名している。小笠原信興 フレッシュアイペディアより)

  • 館林城

    館林城から見た遠江国遠江国

    正保元年(1644年)、遠江浜松から老中松平乗寿が6万石で館林城に入り、その跡を乗久が継いで寛文元年(1661年)に下総佐倉に転封した。館林城 フレッシュアイペディアより)

  • 館林藩

    館林藩から見た遠州遠江国

    翌年2月28日、遠州浜松藩から松平乗寿が6万石で入り、再び館林藩を立藩した。承応3年(1654年)1月26日、乗寿は死去して子の松平乗久が後を継ぐ。このとき、乗久は弟の松平乗政に5000石を分与したため、5万5000石となった。そして寛文元年(1661年)閏8月3日、乗久は下総国佐倉藩へ移され、代わって第4代将軍・徳川家綱の弟・徳川綱吉が25万石で入った。綱吉は延宝8年(1680年)、兄が嗣子無くして死去したため、その後を継いで第5代将軍となった。このため、館林藩の家督は綱吉の子・徳川徳松が将軍世子の身分のまま同藩を継いだが、徳松は天和3年(1683年)閏5月28日、わずか4歳で夭折したため、館林藩は再び廃藩、所領は天領となり、館林城は破却された。館林藩 フレッシュアイペディアより)

  • 馬込勘解由

    馬込勘解由から見た遠江国遠江国

    由緒書によれば、初代馬込平左衛門は遠江国敷知郡馬込村(静岡県浜松市中区馬込町)の伊東家に生まれ、幼少より時の領主徳川家康に仕え、兵站を担っていた。天正18年(1590年)家康に連れ立って江戸城に赴き、当初後の呉服橋御門内にあたる宝田村に居住し、伝馬役・名主役を務めた。その後江戸城下の整備が進み、慶長11年(1606年)大伝馬町・小伝馬町・中伝馬町が成立、宝田村は大伝馬町・南伝馬町へ移転となり、平左衛門は大伝馬町二丁目に移住し、同町の名主を務めた。以前より出身地に因み馬込と渾名されていたが、元和元年(1615年)、家康が大阪の陣を終え、東海道を帰城の折、平左衛門は浜松宿馬込橋で人足500人と共に迎えに上がった所、歓心を得て、正式に馬込の苗字を賜ったという。馬込勘解由 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1089件中 1 - 10件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード