1382件中 91 - 100件表示
  • 新羅の入寇

    新羅の入寇から見た遠江国遠江国

    弘仁11年(820年)2月13日、遠江・駿河両国に移配した新羅人在留民700人が党をなして反乱を起こし、人民を殺害して奥舎を焼いた。新羅の入寇 フレッシュアイペディアより)

  • 水野氏

    水野氏から見た遠江国遠江国

    水野勝成の弟・水野忠胤を祖とする家。関ヶ原の戦いの論功行賞により三河国内に1万石を与えられ成立する。しかし、慶長14年(1609年)の遠江浜松藩主・松平忠頼を招いた茶会において忠胤家臣と忠頼家臣が口論を起こし仲裁に入った忠頼を忠胤家臣が殺害してしまい、忠胤は切腹を命じられ廃藩となった。水野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 一宮 (周智郡森町)

    一宮 (周智郡森町)から見た遠江国遠江国

    森町の西部、天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線遠江一宮駅周辺に所在。敷地川上流域にあたる。東で中川・谷中・円谷・草ヶ谷・森・橘、西で袋井市川会・山田・磐田市大当所・敷地・家田・岩室・大平・虫生、南で袋井市萱間と隣接する。遠江国一宮である小国神社が鎮座する。1955年に一宮村が森町に編入された際に旧一宮村の2大字(町村制前にあった6村から編成)が大字一宮に統合されたため、周辺の大字に比べて面積が広い。一宮 (周智郡森町) フレッシュアイペディアより)

  • 奥山朝忠

    奥山朝忠から見た遠江国遠江国

    奥山 朝忠(おくやま ともただ)は、戦国時代から江戸時代にかけての武将。遠江国引佐郡奥山郷の人。井伊氏庶流の実力者。六左衛門とも。徳川四天王・井伊直政の従兄弟にあたる。奥山朝忠 フレッシュアイペディアより)

  • 大井川

    大井川から見た遠江国遠江国

    特に中流部は大蛇行地帯であり、「鵜山の七曲り」と呼ばれる蛇行地帯も形成されている。また、大井川は国境としても利用され、古くは駿河国と遠江国の境界線とされていた。奈良時代頃までの大井川の本流は現在より北に蛇行しており、現在の栃山川の流路を流れていた。後に大井川の流路変更に従って、駿河国の領域は少し広がることになった。大井川 フレッシュアイペディアより)

  • 与板藩

    与板藩から見た遠江国遠江国

    与板侯・牧野氏が小諸城主に栄転となると、しばらく天領となったが、与板には井伊氏(徳川四天王の一人、井伊直政の長男、直勝の末裔)が、精神病を理由に、遠江掛川藩主を改易されていたが、家名再興が許されて、入封。長岡藩の支藩ではなくなった。与板藩 フレッシュアイペディアより)

  • 木寺宮

    木寺宮から見た遠江国遠江国

    木寺宮(きでらのみや)は、鎌倉時代から室町時代中期にかけて存続した宮家。常盤井宮家に次いで、世襲親王家の体裁を備えていた。始祖は後二条天皇の皇子である皇太子邦良親王、初代はその嫡男の康仁親王。称号の由来は、邦良親王以下の代々の殿宅が洛西の葛野郡木寺(仁和寺付近)にあったことによるという。経済的に衰微した後は、遠江国に移ったともいわれる。木寺宮 フレッシュアイペディアより)

  • 東京式アクセント

    東京式アクセントから見た遠江国遠江国

    栃木県足利市周辺、群馬県(館林市周辺を除く)、埼玉県(東端部を除く)、千葉県(中部を除く)、東京都(本土及び伊豆諸島御蔵島以北)、神奈川県、山梨県(一部除く)、静岡県の駿河(一部除く)・伊豆・遠江東部、長野県(北信地方及び最南端部を除く)、新潟県糸魚川市(旧青海町除く)、岐阜県東濃南東部、愛知県三河西部東京式アクセント フレッシュアイペディアより)

  • 中部地方

    中部地方から見た遠江国遠江国

    中京経済圏:愛知県 - 岐阜県 - 三重県(伊賀・紀東地域除く) - 長野県南部 - 静岡県西遠中部地方 フレッシュアイペディアより)

  • 小原鎮実

    小原鎮実から見た遠江国遠江国

    小原 鎮実(おはら しずざね、生年不詳 - 永禄11年(1568年))は、戦国時代の武将。今川氏の家臣。官途は肥前守を称す。三河国吉田城、遠江国宇津山城、駿河国花沢城の城代。。また、大原 資良(おおはら すけよし)と同一人物ともされる。小原鎮実 フレッシュアイペディアより)

1382件中 91 - 100件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード