1089件中 91 - 100件表示
  • 今川貞世

    今川貞世から見た遠江国遠江国

    今川 貞世(いまがわ さだよ)は、鎌倉時代後期から南北朝・室町時代の武将、守護大名。室町幕府の九州探題、遠江、駿河半国守護。九州探題赴任中は備後、安芸、筑前、筑後、豊前、肥前、肥後、日向、大隅、薩摩の守護も兼ねた。歌人としても名高い。法名は了俊(りょうしゅん)で、今川了俊と呼ばれる事も多い。没年は異説あり。今川貞世 フレッシュアイペディアより)

  • 尼崎藩

    尼崎藩から見た遠江国遠江国

    同元和3年、徳川家譜代の戸田氏鉄が5万石を与えられて近江国膳所藩から尼崎城に転封となった。川辺郡・武庫郡・菟原郡・八部郡の大部分を領有した。氏鉄は寛永12年(1635年)に美濃国大垣藩へ転封となり、青山氏が遠江国掛川藩から入封し、戸田氏の体制を引き継いだ。新しく開墾した4千石を加えて5万4千石としたが、藩主・幸成は分家に6千石を分け与えることを幕府に願い出、これを許可されたため、4万8千石となった。青山氏時代の尼崎藩は比較的裕福だったといわれる。尼崎藩 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県

    千葉県から見た遠江国遠江国

    これらの藩のうち、菊間藩(旧駿河沼津藩)、鶴舞藩(旧遠江浜松藩)、桜井藩(旧駿河小島藩)、小久保藩(旧遠江相良藩)、柴山藩(旧遠江掛川藩)、長尾藩(旧駿河田中藩)、花房藩(旧遠江横須賀藩)は、徳川宗家の静岡入封に合わせて駿河・遠江両国から移転してきた藩である。また、加知山藩は知藩事任命に当たって勝山藩から改称したもの。千葉県 フレッシュアイペディアより)

  • 富士川の戦い

    富士川の戦いから見た遠江国遠江国

    石橋山の戦いで敗れた源頼朝は安房国で再挙し、進軍しながら東国武士がこれに参集して大軍に膨れ上がり、鎌倉に入る。一方、甲斐国で挙兵した武田信義らは駿河国目代を討ち取った。その両者が駿河国で合流し、都から派遣された平維盛率いる追討軍と戦い勝利し、頼朝は南坂東で、武田信義ら甲斐源氏は甲斐・駿河・遠江での割拠を確立させた。富士川の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 宗良親王

    宗良親王から見た遠江国遠江国

    父後醍醐の鎌倉幕府倒幕が成功し、建武の新政が開始されると再び天台座主となるが、建武の新政が崩壊し、南北朝の対立が本格化すると還俗して宗良を名乗り、大和国吉野(奈良県)の南朝方として活躍をするようになる。1338年(暦応元年/延元3年)には、義良親王とともに北畠親房に奉じられて伊勢国大湊(三重県伊勢市)より陸奥国府(福島県伊達郡霊山町)へ渡ろうとするが、座礁により遠江国(静岡県西部)に漂着し、井伊谷の豪族井伊道政のもとに身を寄せる。宗良親王 フレッシュアイペディアより)

  • 西尾藩

    西尾藩から見た遠江国遠江国

    寛永15年(1638年)4月24日、下野山川藩から太田資宗が3万5000石で入る。資宗は西尾城と城下町の改築に尽力したが、完成直前の寛永21年(1644年)2月28日に遠江浜松藩に移封された。このため、西尾藩は再び廃藩となって天領となる。西尾藩 フレッシュアイペディアより)

  • 東海道

    東海道から見た遠江国遠江国

    遠江国(静岡県の西部)東海道 フレッシュアイペディアより)

  • 菊川市

    菊川市から見た遠江国遠江国

    飛鳥時代の律令制の下で、遠江国が置かれると、それに属した。菊川市 フレッシュアイペディアより)

  • 井伊氏

    井伊氏から見た遠江国遠江国

    井伊氏は藤原北家の後裔(系譜上では藤原良門の息子である藤原利世の子孫とされる)を称すも、三国姓(継体天皇の後裔)ともされ明確ではない。中世に約500年間、遠江国井伊谷(現、静岡県浜松市北区引佐町井伊谷)の庄を本貫として治めたとされる。井伊氏 フレッシュアイペディアより)

  • 与板藩

    与板藩から見た遠江国遠江国

    その後天領を経て、1705年(宝永2年)彦根藩井伊氏の嫡流筋にあたる井伊直矩は、義父で遠江国掛川藩主であった直朝が精神疾患を理由に改易となった後、家名存続が許され2万石で再び立藩し近江彦根藩の支藩として廃藩置県まで存続した。掛川時代は城主大名であったが無城大名に降格し、参勤交代を行わない江戸定府となった。1804年(文化元年)6代直朗は若年寄(就任:1781年 - 1812年)としての功績により城主格となり、参勤交代が認められた。それを機に与板城の建設が行われ、1823年(文政6年)、7代井伊直暉の時に完成した。幕末には井伊氏が勤皇を是としていたことから、尊皇攘夷の動きが高まる中で「勤皇の与板藩」として知られるようになった。なお、最後の藩主直安は養子であって、大老・井伊直弼の四男である。東京都世田谷区の豪徳寺にある裃着用の直弼の肖像画は、実子である直安が後年記憶を頼りに描いたものである。与板藩 フレッシュアイペディアより)

1089件中 91 - 100件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード