1382件中 21 - 30件表示
  • おんな城主 直虎

    おんな城主 直虎から見た遠江国遠江国

    戦国時代、後に徳川四天王の一人に数えられ彦根藩の藩祖となった井伊直政を育てた遠州井伊谷の女領主・井伊直虎を主人公とした物語である。主演は柴咲コウ。おんな城主 直虎 フレッシュアイペディアより)

  • 敬満神社

    敬満神社から見た遠江国遠江国

    祭神は『日本文徳天皇実録』では「敬満神霊」と見えるが、伴信友が『蕃神考』で主張して以来、その素性を秦氏遠祖の功満王に比定する説が知られる。この功満王は、『新撰姓氏録』によると秦の始皇帝三世孫の孝武王の子、かつ融通王(弓月君)の父とされる伝承上の人物で、仲哀天皇8年に渡来したという(ただし『日本三代実録』では出自・渡来時期の異伝を載せる)。功満王説では「敬満」が「功満」に比定され、また『続日本後紀』に遠江国蓁原郡の人として見える「秦黒成」の存在から、当地一帯に居住した渡来系氏族の秦氏がその氏神を祀ったものと想定されている。敬満神社 フレッシュアイペディアより)

  • 天野氏

    天野氏から見た遠江国遠江国

    天野氏(あまのし、あまのうじ)は日本の氏族、藤原南家工藤氏の一族(藤原北家の一族足立遠元を祖とするとも)で、伊豆国田方郡天野郷(現・伊豆の国市天野)に居住した地名を取って天野と称した。天野氏は後に遠江守護となった今川氏と結び、国人勢力として遠江にて共に力を拡大した。遠江国のほか、天野氏の支流が駿河国・相模国・三河国・尾張国・甲斐国・安芸国・能登国等に繁延している。天野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県

    静岡県から見た遠江国遠江国

    直線距離にて、県域の東西が155km、南北に118kmと広大な県域を保つ(⇒)。旧令制国の伊豆国のほとんど、駿河国、遠江国の凡そ3国に相当する県である。地域によって住民の意識に違いが見られ、地域によって方言も異なり、文化面に於いても地域により差異が大きい。県を代表するシンボルとして富士山や伊豆半島、駿河湾、御前崎といったものが挙げられ、県旗もそれらに基づいてデザインされている。静岡県 フレッシュアイペディアより)

  • 関東ローカル

    関東ローカルから見た遠州遠江国

    新聞については関東地方のほか山梨県・静岡県のほぼ全域(一部は西部地域のみ名古屋本支社編集分を販売)・長野県も販売エリアとなっている(新潟県は北陸・東北エリアの範疇が多いとされる)。関東ローカル フレッシュアイペディアより)

  • 徳川家康

    徳川家康から見た遠江国遠江国

    幼少期を織田氏ついで今川氏の下で人質として過ごす。永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いでの今川義元の討死を期に今川氏から独立して織田信長と同盟を結び、三河国・遠江国に版図を広げる。徳川家康 フレッシュアイペディアより)

  • 松井信薫

    松井信薫から見た遠江国遠江国

    松井 信薫(まつい のぶしげ、? - 享禄元年(1528年)2月)は戦国時代の武将。通称は左衛門尉・兵庫亮・山城守など。松井貞宗の子で、遠江松井氏の嫡流を継ぐ。今川氏の譜代の家臣。遠州二俣城主。松井信薫 フレッシュアイペディアより)

  • 井上正棠

    井上正棠から見た遠江国遠江国

    井上 正棠(いのうえ まさき、宝暦3年(1753年)- 寛政12年7月4日(1800年8月23日))は、江戸時代後期の大名。常陸下妻藩の第5代藩主。遠江浜松藩主・井上正経の四男。子は正広(長男)、正建(次男)。官位は従五位下、遠江守、石見守。井上正棠 フレッシュアイペディアより)

  • 井上正民

    井上正民から見た遠江国遠江国

    井上 正民(いのうえ まさたみ、文化4年(1807年)- 文政11年3月4日(1828年4月17日))は、江戸時代後期の大名。常陸下妻藩の第9代藩主。遠江浜松藩藩主・井上正甫の次男。子は娘(井上正健正室)。官位は従五位下、遠江守。井上正民 フレッシュアイペディアより)

  • 井上正信

    井上正信から見た遠江国遠江国

    井上 正信(いのうえ まさのぶ、天保11年(1840年)- 安政3年9月4日(1856年10月2日))は、常陸下妻藩の第12代藩主。遠江浜松藩主・井上正春の六男。官位は従五位下、遠江守。井上正信 フレッシュアイペディアより)

1382件中 21 - 30件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード