1089件中 21 - 30件表示
  • 鈴木重好

    鈴木重好から見た遠江国遠江国

    元亀3年(1572年)、武田氏による遠州侵攻では別働隊の山県昌景が信州から南下。三河八名郡に在った居城・柿本城を攻められると譲り渡して、叔父・出雲守が守備する遠州井伊谷の小屋山城へ退く。だが、ここも山県勢の進路であった為に陥落させられると、浜松城に退いた。鈴木重好 フレッシュアイペディアより)

  • 三河稲垣氏

    三河稲垣氏から見た遠江国遠江国

    はじめ駿河・遠江の戦国大名今川氏に味方して松平清康軍を相手に奮戦した。藩翰譜には重賢の戦死の事実だけが記載されるに留まる。三河稲垣氏 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江松井氏

    遠江松井氏から見た遠江国遠江国

    遠江松井氏(とおとうみまついし)は日本の氏族・松井氏のうち、遠江国(現・静岡県西部)に発展した松井氏である。このうち源姓の松井氏は室町時代に駿河国(静岡県東部)とともに遠江国を勢力に置いた守護大名・戦国大名の今川氏に属し、主要家臣として活躍した。遠江松井氏 フレッシュアイペディアより)

  • 高力忠房

    高力忠房から見た遠江国遠江国

    高力 忠房(こうりき ただふさ)は、江戸時代前期の大名。武蔵国岩槻藩2代藩主、遠江国浜松藩主、肥前国島原藩初代藩主。島原藩高力家2代。高力正長の長男で高力清長の孫。高力忠房 フレッシュアイペディアより)

  • 岩槻藩

    岩槻藩から見た遠州遠江国

    豊臣政権時代の天正18年(1590年)の小田原の役で北条氏が滅亡した後、関東に新たに入部した徳川家康も岩槻を関東支配拠点のひとつと見なし、譜代中の譜代の家臣で家康三河時代の三奉行の一人である高力清長に2万石を与えて入部させている。これが、岩槻藩の立藩である。清長の嫡男・高力正長は父親に先立って死去し、清長は慶長3年(1608年)に死去した。その後を嫡孫の高力忠房が継いだが、忠房は元和5年(1619年)9月に遠州浜松藩へ移され、ここに岩槻藩は廃藩となり、幕府直轄領となった。岩槻藩 フレッシュアイペディアより)

  • 松平定吉

    松平定吉から見た遠江国遠江国

    松平 定吉(まつだいら さだよし、1585年(天正13年) - 1603年12月13日(慶長8年11月11日))は安土桃山時代の武将。遠江国掛川藩の世嗣。松平定吉 フレッシュアイペディアより)

  • 井上正民

    井上正民から見た遠江国遠江国

    井上 正民(いのうえ まさたみ、文化4年(1807年)- 文政11年3月4日(1828年4月17日))は、江戸時代の大名。常陸下妻藩の第9代藩主。遠江浜松藩藩主・井上正甫の次男。子は娘(井上正健正室)。官位は従五位下、遠江守。井上正民 フレッシュアイペディアより)

  • 井上正信

    井上正信から見た遠江国遠江国

    井上 正信(いのうえ まさのぶ、天保11年(1840年)- 安政3年9月4日(1856年10月2日))は、江戸時代の大名。常陸下妻藩の第12代藩主。遠江浜松藩主・井上正春の六男。官位は従五位下、遠江守。井上正信 フレッシュアイペディアより)

  • 一宮 (周智郡森町)

    一宮 (周智郡森町)から見た遠江国遠江国

    森町の西部、天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線遠江一宮駅周辺に所在。敷地川上流域にあたる。東で中川・谷中・円谷・草ヶ谷・森・橘、西で袋井市川会・山田・磐田市大当所・敷地・家田・岩室・大平・虫生、南で袋井市萱間と隣接する。遠江国一宮である小国神社が鎮座する。1955年に一宮村が森町に編入された際に旧一宮村の2大字(町村制前にあった6村から編成)が大字一宮に統合されたため、周辺の大字に比べて面積が広い。一宮 (周智郡森町) フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県の地域

    静岡県の地域から見た遠江国遠江国

    遠江国(遠州)から榛原郡(はいばらぐん)を除いた部分に相当する。旧浜松市を中心とした地域で、自動車やオートバイ、楽器の世界のトップメーカーが集積し、県内一の工業地域になっている。浜名湖周辺が観光スポット。(⇒三遠南信)静岡県の地域 フレッシュアイペディアより)

1089件中 21 - 30件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード