1382件中 31 - 40件表示
  • 正躬王

    正躬王から見た遠江国遠江国

    承和7年(840年)参議として公卿に列す。承和9年(842年)従四位上に昇叙して左大弁を兼ねる。同年7月に発生した承和の変では右大弁・和気真綱とともに橘逸勢と伴健岑に対して謀反の訊問や、皇太子を廃された恒貞親王の内裏から淳和院への送迎などを務めている。またこの間、山城国の校田使長官や班田使長官、あるいは大和守・遠江守・讃岐守に任ぜられるなど地方官も歴任している。正躬王 フレッシュアイペディアより)

  • 仁木義長

    仁木義長から見た遠江国遠江国

    尊氏が室町幕府を開いて初代将軍となると、義長は京都に上り、備後・遠江・伊勢・伊賀・志摩等の守護や侍所頭人などを歴任した。仁木義長 フレッシュアイペディアより)

  • 相良城

    相良城から見た遠江国遠江国

    相良城(さがらじょう)は、遠江国榛原郡(現在:静岡県牧之原市)にあった日本の城。江戸時代の一時期には相良藩の藩庁が置かれた。相良城 フレッシュアイペディアより)

  • 橘良殖

    橘良殖から見た遠江国遠江国

    仁和3年(887年)従五位下に叙爵。寛平2年(890年)伊賀守に任ぜられると、遠江守・美濃介・播磨介・越前守・近江介/権守・備前守と、宇多朝から醍醐朝にかけてほぼ30年の長きに亘り地方官を歴任する。またこの間、寛平7年(895年)従五位上、延喜14年(914年)従四位下、延喜17年(917年)従四位上と昇進している。橘良殖 フレッシュアイペディアより)

  • 下毛野多具比

    下毛野多具比から見た遠江国遠江国

    下毛野 多具比(しもつけの の たぐひ、生没年不詳)は、奈良時代中期から後期にかけての貴族。本姓は下毛野朝臣。官位は従五位上、遠江守。下毛野多具比 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢老人

    伊勢老人から見た遠江国遠江国

    天応元年(781年)桓武天皇の即位後まもなく主馬頭に転じ、同年9月に正四位下に叙せられるが、翌延暦元年(782年)に発生した氷上川継の乱に連座して京外追放された。その後赦されたらしく、延暦5年(786年)以降に縫殿頭・遠江守・木工頭を歴任した。延暦8年(789年)4月8日卒去。最終官位は木工頭正四位下。伊勢老人 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原氏範

    藤原氏範から見た遠江国遠江国

    藤原 氏範(ふじわら の うじのり、生没年不詳)は、平安時代初期の貴族。藤原北家、参議・藤原道雄の子。官位は従五位上・遠江権守。藤原氏範 フレッシュアイペディアより)

  • 大伴山守

    大伴山守から見た遠江国遠江国

    大伴 山守(おおとも の やまもり、生没年不詳)は、奈良時代の貴族。右大臣・大伴長徳の子とする系図がある。官位は正五位上・遠江守。大伴山守 フレッシュアイペディアより)

  • 石川真守

    石川真守から見た遠江国遠江国

    神護景雲4年(770年)称徳天皇の崩御後まもなく少納言に任ぜられ、宝亀2年(771年)従五位上に叙せられるが、翌宝亀3年(772年)遠江守次いで越中守として地方官に転じる。宝亀7年(776年)中務少輔次いで式部少輔に任ぜられて京官に復し、宝亀11年(780年)正五位下に叙せられている。石川真守 フレッシュアイペディアより)

  • 相良藩

    相良藩から見た遠江国遠江国

    相良藩(さがらはん)は、遠江国榛原郡相良(現在の静岡県牧之原市相良)周辺に存在した藩。藩庁は相良陣屋(一時、相良城)。相良藩 フレッシュアイペディアより)

1382件中 31 - 40件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード