1382件中 41 - 50件表示
  • 浜松

    浜松から見た遠江国遠江国

    古くは、中遠(磐田市)が代表的な町であったが、中世から遠州の代表的な町であり、室町時代後期(戦国時代)には浜松城の城下町、浜松藩として江戸時代には東海道の宿場町として栄えた。廃藩置県となった明治時代には浜松県の県庁所在地であった。浜松 フレッシュアイペディアより)

  • 小島蕉園

    小島蕉園から見た遠江国遠江国

    小島 蕉園(こじま しょうえん)は江戸時代後期の旗本。田安徳川家に仕え、同家領甲斐国田中陣屋代官を務めた後、江戸、川越で医業を営み、晩年一橋徳川家により遠江国波津陣屋代官に抜擢された。亀田鵬斎門下。小島蕉園 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原為憲

    藤原為憲から見た遠江国遠江国

    藤原 為憲(ふじわら の ためのり、生没年不詳)は、平安時代中期の貴族。藤原南家・藤原武智麻呂の子孫。常陸介藤原維幾の子。従五位下・遠江権守。工藤大夫を号し、工藤氏の祖となる。工藤氏からは、伊東氏、伊藤氏、吉川氏、鮫島氏、二階堂氏、相良氏などが派生し、また子孫に工藤茂光、工藤祐経などを輩出した。同時に平将門・平貞盛の従兄弟にもあたる。藤原為憲 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿苑神社

    鹿苑神社から見た遠江国遠江国

    鹿苑神社(ろくおんじんじゃ)は静岡県磐田市の神社。北側は連福寺と接しており、磐田駅の東南東、横須賀街道の南方にある。神紋は「十四菊」である。二宮神社 とともに遠江国の二宮であり、江戸時代末までは高根明神社と称し、高彦根命を祀っていた。鹿苑神社 フレッシュアイペディアより)

  • 九州平定 (日本史)

    九州平定 (日本史)から見た遠江国遠江国

    今川貞世(了俊)は1370年(建徳元年/応安3年)頃、管領細川頼之より渋川義行の後任の九州探題として推挙され、3代将軍足利義満によって正式に任命された。遠江で兵を集め、10月に京都を出発、翌年の5月には安芸に滞留して、毛利元春、吉川経見、熊谷直明、山内通忠ら在地の国人衆と面会した。九州平定 (日本史) フレッシュアイペディアより)

  • 石谷政清

    石谷政清から見た遠江国遠江国

    『寛永諸家系図伝』などに拠れば、遠江国佐野郡西郷石谷(現在の静岡県掛川市)を本貫とする石谷氏は藤原南家為憲流二階堂氏の流れを組むとされる。しかしながら、石谷氏の祖である石谷政清の曾祖父、二階堂行晴以前の系図は明らかではなく、二階堂行秋(因幡守,法名:行欽)?二階堂行晴?西郷行清?二階堂清長?石谷政清とされている。西郷民部少輔と二階堂行秋の妹との子の内、次男である行晴が二階堂行秋の後を継いだとされ、石谷氏を称した政清に至るまで何度も苗字を変更しており、政清自身は当初西郷氏を称していたとされる。この西郷氏については、『掛川市誌』などに拠れば、遠江三十六人衆に数えられ、山科家の地頭代として西郷庄に影響のあった西郷氏と関連性が見受けられるものの、俗説にある三河西郷氏との関連性は不明である。また、土岐石谷氏と混同される事もあるが、政清が石谷氏を称した由来により関連性は否定される。石谷政清 フレッシュアイペディアより)

  • 百済王孝忠

    百済王孝忠から見た遠江国遠江国

    天平8年(736年)従五位下に叙爵。天平10年(738年)に遠江守に任ぜられ、天平13年(741年)に重任している。百済王孝忠 フレッシュアイペディアより)

  • 農書

    農書から見た遠江国遠江国

    平安初期に斉民要術の伝来が確認されているように、日本においても中国農書の影響はかなり古く、かつ多大なものであった。しかし日本での農書の成立はかなり遅れ、最古の農書とされるのは16世紀後半の戦国時代に成立した『清良記』中の一巻である。江戸時代に入るとまず、17世紀末頃から三河・遠江(百姓伝記)・会津(会津農書)・紀伊(地方の聞書)など、各地域での見聞や著者自身の経験による知識を記した農書が出現するようになった。そして元禄期に成立した宮崎安貞『農業全書』は、中国農書(徐光啓の農政全書)の影響を受けつつも、従来農書の地域的限界を超えた総合的内容により以後の農書に大きな影響を与えた。また木版印刷により日本で最初に公刊された農書となり、江戸時代を通じて広く普及した。農書 フレッシュアイペディアより)

  • 太田資宗

    太田資宗から見た遠江国遠江国

    太田 資宗(おおた すけむね)は、江戸時代前期の譜代大名、六人衆。下野山川藩主、三河西尾藩主、遠江浜松藩初代藩主。官位官職は従五位下・備中守。掛川藩太田家初代。太田資宗 フレッシュアイペディアより)

  • 太田資始

    太田資始から見た遠江国遠江国

    太田 資始(おおた すけもと)は、江戸時代後期から幕末にかけての大名、老中。遠江掛川藩第5代藩主。掛川藩太田家9代。太田資始 フレッシュアイペディアより)

1382件中 41 - 50件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード