1089件中 41 - 50件表示
  • 篠山藩

    篠山藩から見た遠江国遠江国

    第2代藩主・青山忠高は儒学者を登用して藩校・振徳堂を建設し、藩士の教育と文化発展に努めた。第4代藩主・青山忠裕は藩校を増築した。なお、忠裕は奏者番、寺社奉行、京都所司代、大坂城代、老中を歴任した功績から、文政10年(1827年)5月7日に遠江に1万石を加増された。第5代藩主・青山忠良は幕末期の中で寺社奉行や老中を務めたが、阿部正弘追放の企てに失敗し失脚した。篠山藩 フレッシュアイペディアより)

  • 防人

    防人から見た遠江国遠江国

    中国同様、任期は3年で諸国の軍団から派遣され、任期は延長される事がよくあり、食料・武器は自弁であった。大宰府がその指揮に当たり、壱岐・対馬および筑紫の諸国に配備された。当初は遠江以東の東国から徴兵され、その間も税は免除される事はないため、農民にとっては重い負担であり、兵士の士気は低かったと考えられている。徴集された防人は、九州まで係の者が同行して連れて行かれたが、任務が終わって帰郷する際は付き添いも無く、途中で野垂れ死にする者も少なくなかった。757年以降は九州からの徴用となった。防人 フレッシュアイペディアより)

  • 乾正信

    乾正信から見た遠江国遠江国

    甲斐国の生まれ。武田氏滅亡後、同じく浪人となっていた孕石元成らとともに1590年(天正18年)豊臣秀吉の小田原征伐で陣借りして奮戦し、遠江国掛川城主となった山内一豊に、同年10月7日初めて召し抱えられた。このとき遠江榛原郡勝間田麻生村に知行136石を下し置かれた(この時孕石元成も初めて山内一豊に召し抱えられ200石を賜った)。その後、20人の鉄砲衆を従えて御馬廻役に列した。乾正信 フレッシュアイペディアより)

  • 橘遠保

    橘遠保から見た遠江国遠江国

    天慶3年(940年)正月、平将門の乱に際して防戦した功に対する恩賞として、遠江掾に任ぜられる。橘遠保 フレッシュアイペディアより)

  • 加納久周

    加納久周から見た遠江国遠江国

    同年、大番頭を兼務し、遠江守に転任となり、寛政5年(1793年)、若年寄並に異動となる。3年後の寛政8年(1796年)、改革の功により、上野国の新田郡と佐位郡の両群に3,000石を加増され、石高は1万3,000石を知行した。加納久周 フレッシュアイペディアより)

  • 久野宗成

    久野宗成から見た遠江国遠江国

    天正10年(1582年)久野宗朝の次男として生まれる。慶長元年(1596年)父宗朝が徳川秀忠上洛の供をした際、遺恨により三宅弥次兵衛を殺害し、自害したため改易となり、本多忠勝に養われる。久野氏は祖父の久野宗能が再勤することになり、下総国佐倉藩13000石から1000石となったが、宗能は関ヶ原の戦いの戦功で8千500石に加増され、旧領遠江久野城を与えられた。久野宗成 フレッシュアイペディアより)

  • 一言坂の戦い

    一言坂の戦いから見た遠江国遠江国

    一言坂の戦い(ひとことざかのたたかい)は、元亀3年(1572年)10月13日に遠江国二俣城をめぐり、武田信玄と徳川家康の間で行われた戦い。家康の退却戦である。一言坂の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 日坂宿

    日坂宿から見た遠江国遠江国

    その後永禄12年、徳川家康は遠江国に侵入し武田氏との抗争に及ぶが、その際、遠江国の領主朝比奈十左衛門尉らは家康に属し、永禄12年1月28日の徳川家康充行状、(朝比奈文書/家康文書上)により、旧領の代わりに当地以下を新たに充行われている。また同状により当地は、それ以前は今川氏の臣鶴見佐渡守の所領であったこともわかる。天正末年、徳川家康は領国支配を強化するために各地に七ヶ条定書を発するが、当地に対しても天正17年7月7日付定書が書かれている。日坂宿 フレッシュアイペディアより)

  • 農書

    農書から見た遠江国遠江国

    平安初期に斉民要術の伝来が確認されているように、日本においても中国農書の影響はかなり古く、かつ多大なものであった。しかし日本での農書の成立はかなり遅れ、最古の農書とされるのは16世紀後半の戦国時代に成立した『清良記』中の一巻である。江戸時代に入るとまず、17世紀末頃から三河・遠江(百姓伝記)・会津(会津農書)・紀伊(地方の聞書)など、各地域での見聞や著者自身の経験による知識を記した農書が出現するようになった。そして元禄期に成立した宮崎安貞『農業全書』は、中国農書(徐光啓の農政全書)の影響を受けつつも、従来農書の地域的限界を超えた総合的内容により以後の農書に大きな影響を与えた。また木版印刷により日本で最初に公刊された農書となり、江戸時代を通じて広く普及した。農書 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原為憲

    藤原為憲から見た遠江国遠江国

    藤原 為憲(ふじわら の ためのり、生没年不詳)は、平安時代中期の貴族。藤原南家・藤原武智麻呂の子孫。常陸介藤原維幾の子。従五位下・遠江権守。工藤大夫を号す。工藤氏、伊東氏、伊藤氏、吉川氏、鮫島氏、二階堂氏、相良氏の元祖。子孫に工藤茂光、工藤祐経などを輩出。藤原為憲 フレッシュアイペディアより)

1089件中 41 - 50件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード