1089件中 51 - 60件表示
  • 相良城

    相良城から見た遠江国遠江国

    相良城(さがらじょう)は、遠江国榛原郡(現在:静岡県牧之原市)にあった城。江戸時代の一時期には相良藩の藩庁が置かれた。相良城 フレッシュアイペディアより)

  • 奥平貞昌

    奥平貞昌から見た遠江国遠江国

    今川氏に仕えて三河国東部に勢力を伸ばした。永正2年(1505年)、今川氏親により遠江国浜松荘(現在の静岡県浜松市付近)の一部を所領として宛がわれた。奥平貞昌 フレッシュアイペディアより)

  • 東京式アクセント

    東京式アクセントから見た遠江国遠江国

    栃木県足利市周辺、群馬県(館林市周辺を除く)、埼玉県(東端部を除く)、千葉県(中部を除く)、東京都(本土及び伊豆諸島御蔵島以北)、神奈川県、山梨県(一部除く)、静岡県の駿河(一部除く)・伊豆・遠江東部、長野県(北信地方及び最南端部を除く)、新潟県糸魚川市(旧青海町除く)、岐阜県東濃南東部、愛知県の知多半島と三河西部東京式アクセント フレッシュアイペディアより)

  • 相良藩

    相良藩から見た遠江国遠江国

    相良藩(さがらはん)は、遠江国榛原郡相良(現在の静岡県牧之原市相良)周辺に存在した藩。藩庁は相良陣屋(一時、相良城)。相良藩 フレッシュアイペディアより)

  • 浜松

    浜松から見た遠江国遠江国

    古くは、中遠(磐田市)が代表的な町であったが、中世から遠州の代表的な町であり、室町時代後期(戦国時代)には浜松城の城下町、浜松藩として江戸時代には東海道の宿場町として栄えた。廃藩置県となった明治時代には浜松県の県庁所在地であった。浜松 フレッシュアイペディアより)

  • 花倉の乱

    花倉の乱から見た遠江国遠江国

    足利氏の氏族である今川家では、文明8年(1476年)に遠江で今川義忠が戦死した後にも、家督を巡り一門衆と有力被官の争いで家中が分裂する騒動が起こっており、これは幕府申次衆の伊勢盛時(北条早雲、後北条氏の祖)の仲介で長享元年(1487年)に今川氏親への家督相続が行われた。花倉の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 井上正就

    井上正就から見た遠江国遠江国

    井上 正就(いのうえ まさなり、天正5年(1577年) - 寛永5年8月10日(1628年9月7日))は、江戸時代の大名(譜代大名)・老中。遠江横須賀藩初代藩主。浜松藩井上家初代。井上正就 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県の歴史

    熊本県の歴史から見た遠江国遠江国

    『吾妻鏡』・『平家物語』・『源平盛衰記』また『歴代鎮西要略』では、この「鎮西反乱」は勃興と同年伊豆で挙兵した源頼朝に呼応したものとされるが、実態は異なり地方勢力の反乱であった。それどころか、寿永2年(1183年)に安徳天皇を奉じて九州に落ち延びた平家に従った菊池隆直を、鎌倉幕府は平家に組した「張本の輩」と断じた。ただし、菊池氏は鎌倉時代も御家人として存続した点から「鎮西反乱」が源氏方にも考慮された可能性は否定できない。また、当時既に球磨地方の多良木荘に拠った相良氏も平家方として活動したが、幕府成立後に謝意を示して許されたとされる。しかし、これは逆に罰を受けて氏族本拠の遠江国相良荘を追放された結果との説もある。熊本県の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 西郷氏

    西郷氏から見た遠江国遠江国

    また、三河には戦国時代の後期に同国最東部の八名郡の中でも、遠江国との国境辺りを領し、月ヶ谷城(愛知県豊橋市嵩山(すせ)町)、そして、五本松城、西川城(いずれも同市西郷校区)を居城とした西郷氏があり、守護代西郷氏の同族とされている。西郷氏 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿苑神社

    鹿苑神社から見た遠江国遠江国

    鹿苑神社(ろくおんじんじゃ)は静岡県磐田市の神社。北側は連福寺と接しており、磐田駅の東南東、横須賀街道の南方にある。二宮神社 とともに遠江国の二宮であり、江戸時代末までは高根明神社と称し、高彦根命を祀っていた。鹿苑神社 フレッシュアイペディアより)

1089件中 51 - 60件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード