1382件中 51 - 60件表示
  • たこ満

    たこ満から見た遠州遠江国

    また、身土不二の思想のもと、原材料は地元である静岡県西部(かつての遠江国・遠州)産のものを極力使用している。キャッチフレーズは「清らかな遠州からのおくりもの」であり、商品のネーミングも遠江の伝説や名勝に因む物が多い。さらに、包装紙には遠江の野花をあしらうなど、地元に根ざした企業姿勢が窺える。たこ満 フレッシュアイペディアより)

  • 石谷城 (遠江国)

    石谷城 (遠江国)から見た遠江国遠江国

    石谷城(いしがやじょう)は、遠江国に在る戦国時代の日本の城(砦)跡。現在の掛川市にある掛川城北部4km程度の位置にある、山本神社(掛川市上西郷3918)の境内後方の山頂にあったと言われている砦跡である。正式な名称や城主も伝わっておらず、石谷城(石ヶ谷城)、美人谷(びじがや)城(美人ヶ谷城)、城の壇(しろのだん)、殿垣戸城、などと俗称されている。石谷城 (遠江国) フレッシュアイペディアより)

  • 笠弘興

    笠弘興から見た遠江国遠江国

    木工権助を経て、貞観元年(859年)従五位下に叙爵。貞観3年(861年)土佐守に任ぜられると、尾張権介・遠江守・丹波(権)守と、一時的に民部少輔を挟んで地方官を歴任する。笠弘興 フレッシュアイペディアより)

  • 大岩寺

    大岩寺から見た遠江国遠江国

    伝承によれば奈良時代の僧行基により、岩屋観音が建立されたという。大岩寺は観音堂の塔頭の6坊のひとつで岩屋山の山麓にあった。6坊のうち大岩寺のみが残り、観音堂を奉仕管理していた。時は下り、三河国渥美郡雲谷(うのや)の高野山真言宗船形山普門寺の末寺に置かれるようになった。元和8年(1622年)、遠江国宿芦寺の通山宗達が曹洞宗に改宗させ再興。大岩寺 フレッシュアイペディアより)

  • 橘遠保

    橘遠保から見た遠江国遠江国

    天慶3年(940年)正月、平将門の乱に際して防戦した功に対する恩賞として、遠江掾に任ぜられる。橘遠保 フレッシュアイペディアより)

  • 尼崎藩

    尼崎藩から見た遠江国遠江国

    同元和3年、徳川家譜代の戸田氏鉄が5万石を与えられて近江国膳所藩から尼崎城に転封となった。川辺郡・武庫郡・菟原郡・八部郡の大部分を領有した。氏鉄は寛永12年(1635年)に美濃国大垣藩へ転封となり、青山氏が遠江国掛川藩から入封し、戸田氏の体制を引き継いだ。新しく開墾した4千石を加えて5万4千石としたが、藩主・幸成は分家に6千石を分け与えることを幕府に願い出、これを許可されたため、4万8千石となった。青山氏時代の尼崎藩は比較的裕福だったといわれる。尼崎藩 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江松井氏

    遠江松井氏から見た遠江国遠江国

    遠江松井氏(とおとうみまついし)は日本の氏族・松井氏のうち、遠江国(現・静岡県西部)に発展した松井氏である。このうち源姓の松井氏は室町時代に駿河国(静岡県東部)とともに遠江国を勢力に置いた守護大名・戦国大名の今川氏に属し、主要家臣として活躍した。遠江松井氏 フレッシュアイペディアより)

  • 野中重政

    野中重政から見た遠江国遠江国

    天正7年8月29日(1579年)、家康の命を受けた重政らは遠江国小藪村において築山殿を殺害する。その後、重政は城を出て故郷の遠江国堀口村に隠棲したと伝えられる。野中重政 フレッシュアイペディアより)

  • 蓬莱尚賢

    蓬莱尚賢から見た遠江国遠江国

    室町時代以来伊勢神宮祠官を世襲する荒木田姓蓬莱家に生まれた。谷川士清に垂加神道を学ぶと同時に賀茂真淵に国学の指導を受け、安永以後本居宣長に従い専ら国学を研究し、江戸・遠江国の国学者とも盛んに交流した。内宮林崎文庫の再興を主導した。蓬莱尚賢 フレッシュアイペディアより)

  • 平中興

    平中興から見た遠江国遠江国

    延喜4年(904年)従五位下・遠江守に叙任されると、延喜10年(910年)讃岐守、延喜15年(915年)近江守と地方官を歴任し、同年には治国の功労により従五位上に昇叙されている。延喜19年(919年)左衛門権佐に任ぜられ京官に復すが、延喜22年(922年)美濃権守として再び地方官に転じた。平中興 フレッシュアイペディアより)

1382件中 51 - 60件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード