1089件中 61 - 70件表示
  • 東京新聞

    東京新聞から見た遠江国遠江国

    関東各都県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県)と静岡県(西部を除く)を主要配布対象地域とする。東京新聞 フレッシュアイペディアより)

  • たこまん

    たこまんから見た遠州遠江国

    遠州ワーズ(現在は販売していない)たこまん フレッシュアイペディアより)

  • 榊原忠次

    榊原忠次から見た遠江国遠江国

    榊原忠次 / 大須賀忠次(さかきばら ただつぐ / おおすか ただつぐ)は、江戸時代前期の譜代大名、大政参与。はじめ大須賀家を継ぎ、後に榊原氏を継いだ。遠江横須賀藩主、上野館林藩主、陸奥白河藩主、播磨姫路藩主。榊原家3代当主。従四位下式部大輔、侍従。榊原忠次 フレッシュアイペディアより)

  • 井上正棠

    井上正棠から見た遠江国遠江国

    井上 正棠(いのうえ まさき、宝暦3年(1753年)- 寛政12年7月4日(1800年8月23日))は、江戸時代の大名。常陸下妻藩の第5代藩主。遠江浜松藩主・井上正経の四男。子は正広(長男)、正建(次男)。官位は従五位下、遠江守、石見守。井上正棠 フレッシュアイペディアより)

  • 西園寺実氏

    西園寺実氏から見た遠江国遠江国

    叙爵後、遠江介、近江介などの国司を務める。承元2年(1208年)左近衛中将に任命。承元5年(1211年)に従三位・参議に叙任される。建保6年(1218年)、権中納言・左衛門督に任ぜられる。承久4年・貞応元年(1222年)には従二位・右近衛大将に叙任された。西園寺実氏 フレッシュアイペディアより)

  • 九州平定 (日本史)

    九州平定 (日本史)から見た遠江国遠江国

    今川貞世(了俊)は1370年(建徳元年/応安3年)頃、管領細川頼之より渋川義行の後任の九州探題として推挙され、3代将軍足利義満によって正式に任命された。遠江で兵を集め、10月に京都を出発、翌年の5月には安芸に滞留して、毛利元春、吉川経見、熊谷直明、山内通忠ら在地の国人衆と面会した。九州平定 (日本史) フレッシュアイペディアより)

  • 安田義定

    安田義定から見た遠江国遠江国

    甲斐源氏の一族は富士川合戦での戦功により頼朝から信義を駿河国守護に任じられ、義定も遠江国守護になったという。『吾妻鏡』に見られる「守護」補任記事について、『吾妻鏡』以外の記録史料を総合すると甲斐源氏の一族は頼朝の傘下ではなく独自の勢力であったと考えられており、富士川合戦においては敗走する平家方を追討した信義・義定らが駿遠地方を占拠し、『吾妻鏡』の守護補任記事は甲斐源氏の戦功を頼朝が後日容認したものであると考えられている。安田義定 フレッシュアイペディアより)

  • 市原郡

    市原郡から見た遠江国遠江国

    1868年(明治元年)、徳川宗家(旧将軍家)の駿府(静岡)入封に換えて遠江浜松藩主であった井上正直が当郡を中心に6万石の領地を与えられ、石川村の台地上に陣屋を置いた。台地上に整備された城下町が鶴舞と名づけられたことから、この藩は鶴舞藩と呼ばれる。また、駿河沼津藩主であった水野忠敬が菊間村に陣屋を置き菊間藩(5万石)が成立した。市原郡 フレッシュアイペディアより)

  • 堀越氏

    堀越氏から見た遠江国遠江国

    堀越氏(ほりこしし)は、清和源氏義国流、足利氏の一門今川氏の一派で、今川貞世(了俊)の末裔である。当初は遠江守護職であったため、駿河今川氏に対して遠江今川氏とも呼ばれる。堀越氏 フレッシュアイペディアより)

  • 太田資美

    太田資美から見た遠江国遠江国

    太田 資美(おおた すけよし、嘉永7年2月24日(1854年3月22日) - 大正2年(1913年)12月28日)は、江戸時代の大名。遠江国掛川藩第7代藩主。上総国松尾藩藩主。掛川藩太田家11代。太田資美 フレッシュアイペディアより)

1089件中 61 - 70件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード

  • スパニッシュイタリアン酒場

  • 年齢的に最後のチャンスだと思って決断した。

  • 春野町美しい茶園でつながるプロジェクト推進協議会