1382件中 61 - 70件表示
  • 小野朝直

    小野朝直から見た遠江国遠江国

    小野 朝直(おの ともなお)は、戦国時代の武将。遠江国引佐郡井伊谷の人。小野朝直 フレッシュアイペディアより)

  • 甲相駿三国同盟

    甲相駿三国同盟から見た遠江国遠江国

    その一方で今川氏は遠江、三河へ進出し、尾張の織田氏とも対立、天文17年(1548年)の小豆坂の戦いなど大規模な軍の衝突も起きていた。甲相駿三国同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 橘入居

    橘入居から見た遠江国遠江国

    延暦2年(783年)従五位下・近江介に叙任される。延暦4年(785年)中衛少将と京官を兼ねるが、延暦7年(788年)遠江守として再び地方官に転じる。橘入居 フレッシュアイペディアより)

  • 篠山藩

    篠山藩から見た遠江国遠江国

    第2代藩主・青山忠高は儒学者を登用して藩校・振徳堂を建設し、藩士の教育と文化発展に努めた。第4代藩主・青山忠裕は藩校を増築した。なお、忠裕は奏者番、寺社奉行、京都所司代、大坂城代、老中を歴任した功績から、文政10年(1827年)5月7日に遠江に1万石を加増された。第5代藩主・青山忠良は幕末期の中で寺社奉行や老中を務めたが、阿部正弘追放の企てに失敗し失脚した。篠山藩 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐氏

    甲斐氏から見た遠江国遠江国

    斯波氏の下で越前、遠江などの守護代を務めた一族。佐野氏の一族とされ、出自は下野であると思われるが、判然とはしていない。甲斐氏 フレッシュアイペディアより)

  • 奥山朝利

    奥山朝利から見た遠江国遠江国

    奥山 朝利(おくやま ともとし)は、戦国時代の武将。遠江国引佐郡井伊谷の人。井伊家分家の実力者。名は親秀とも。奥山朝利 フレッシュアイペディアより)

  • 三河稲垣氏

    三河稲垣氏から見た遠江国遠江国

    はじめ駿河・遠江の戦国大名今川氏に味方して松平清康軍を相手に奮戦した。『藩翰譜』には重賢の戦死の事実だけが記載されるに留まる。三河稲垣氏 フレッシュアイペディアより)

  • 西郷正勝

    西郷正勝から見た遠江国遠江国

    三河国の支配力を強める今川氏に従っていたが、主家からの期待は少なくなかった模様。娘を遠江国の戸塚忠春に嫁がせているのは、今川氏の下命があったものと考えられる。一方で嫡子・孫六郎には、今川義元の一字・元を許されている。西郷正勝 フレッシュアイペディアより)

  • 久野宗成

    久野宗成から見た遠江国遠江国

    天正10年(1582年)久野宗朝の次男として生まれる。慶長元年(1596年)父宗朝が徳川秀忠上洛の供をした際、遺恨により三宅弥次兵衛を殺害し、自害したため改易となり、本多忠勝に養われる。久野氏は祖父の久野宗能が再勤することになり、下総国佐倉藩13000石から1000石となったが、宗能は関ヶ原の戦いの戦功で8千500石に加増され、旧領遠江久野城を与えられた。久野宗成 フレッシュアイペディアより)

  • 本多忠義

    本多忠義から見た遠江国遠江国

    本多 忠義(ほんだ ただよし)は、江戸時代前期の大名。播磨姫路新田藩3代藩主、遠江掛川藩主、越後村上藩主、陸奥白河藩初代藩主。本多忠義 フレッシュアイペディアより)

1382件中 61 - 70件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード