1382件中 71 - 80件表示
  • 松平忠頼

    松平忠頼から見た遠江国遠江国

    松平 忠頼(まつだいら ただより)は、安土桃山時代から江戸時代の武将、大名。武蔵松山藩の藩主、美濃金山藩主、のちに遠江浜松藩主。松平忠頼 フレッシュアイペディアより)

  • 今川貞世

    今川貞世から見た遠江国遠江国

    今川 貞世(いまがわ さだよ)は、鎌倉時代後期から南北朝・室町時代の武将、守護大名。室町幕府の九州探題、遠江、駿河半国守護。九州探題赴任中は備後、安芸、筑前、筑後、豊前、肥前、肥後、日向、大隅、薩摩の守護も兼ねた。歌人としても名高い。法名は了俊(りょうしゅん)で、今川了俊と呼ばれる事も多い。没年は異説あり。今川貞世 フレッシュアイペディアより)

  • 今橋合戦

    今橋合戦から見た遠江国遠江国

    永正3年(1506年)に駿河・遠江の戦国大名今川氏の軍勢が東三河の国人領主牧野古白を今橋城に攻めたものが知られている。この戦いで今川方が勝利し古白は戦死した。今川氏はこれに続く西三河の松平長親を征討する際にも、この戦いで得た今橋城を拠点として利用した。今橋合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 松下重綱

    松下重綱から見た遠江国遠江国

    松下 重綱(まつした しげつな)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。遠江久野藩の第2代藩主、常陸小張藩主、下野烏山藩主。のちに陸奥二本松藩の初代藩主となる。松下重綱 フレッシュアイペディアより)

  • 尹良親王

    尹良親王から見た遠江国遠江国

    遠江井伊谷の館で生まれる。初め上野に移ったが、天授5年/康暦元年(1379年)吉野に参候し、親王宣下を蒙って二品に叙される。後に兵部卿を経て、元中3年/至徳3年(1386年)8月8日源姓を賜って臣籍に下り、同時に正二位権中納言に叙任され、左近衛大将・征夷大将軍を兼ねた。元中9年/明徳3年(1392年)南北朝合一後もなお吉野に隠れ留まる。応永4年(1397年)2月伊勢を発して駿河宇津野(静岡県富士宮市)へ移り、田貫左京亮の家に入った。同5年(1398年)春に宇津野を出て上野へ向かうが、鎌倉の軍勢から攻められたために柏坂(迦葉坂か)でこれを防戦。武田信長の館に入って数日逗留した後、8月上野寺尾城(群馬県高崎市)に赴いた。同10年(1403年)頼みとしていた新田義隆(義則か)が底倉で害されると、世良田有親らを伴って下野落合城(栃木県上三川町)に没落。次いで桃井満昌・堀田正重など旧功の士100余騎を率い、高崎・安中・碓氷の敵を討って信濃入りし、島崎城(長野県岡谷市)の千野頼憲を頼って再興の機会を窺った。同31年(1424年)8月三河足助へ向かおうとし、諏訪を発して伊那路に差し掛かった折、待ち受けていた飯田太郎・駒場小次郎ら200余騎が阻んだため、浪合にてこれと奮戦した(浪合の合戦)。味方は80余騎であったが、結局世良田義秋・羽河景庸・熊谷直近ら以下25人が討たれ、最期を悟った尹良は子の良王君を従士に託した後、大河原の民家に入って自害した。尹良親王 フレッシュアイペディアより)

  • 日坂宿

    日坂宿から見た遠江国遠江国

    その後永禄12年、徳川家康は遠江国に侵入し武田氏との抗争に及ぶが、その際、遠江国の領主朝比奈十左衛門尉らは家康に属し、永禄12年1月28日の徳川家康充行状、(朝比奈文書/家康文書上)により、旧領の代わりに当地以下を新たに充行われている。また同状により当地は、それ以前は今川氏の臣鶴見佐渡守の所領であったこともわかる。天正末年、徳川家康は領国支配を強化するために各地に七ヶ条定書を発するが、当地に対しても天正17年7月7日付定書が書かれている。日坂宿 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原古人

    菅原古人から見た遠江国遠江国

    菅原 古人(すがわら の ふるひと、生年不詳 - 延暦4年(785年)?)は、奈良時代から平安時代初期にかけての貴族。氏姓は土師宿禰のち菅原宿禰、菅原朝臣。阿波守・土師宇庭の子。官位は従五位下・遠江介。菅原古人 フレッシュアイペディアより)

  • 富士川の戦い

    富士川の戦いから見た遠江国遠江国

    石橋山の戦いで敗れた源頼朝は安房国で再挙し、進軍しながら東国武士がこれに参集して大軍に膨れ上がり、鎌倉に入る。一方、甲斐国で挙兵した武田信義らは駿河国目代を討ち取った。その両者が駿河国で合流し、都から派遣された平維盛率いる追討軍と戦い勝利し、頼朝は南坂東で、武田信義ら甲斐源氏は甲斐・駿河・遠江での割拠を確立させた。富士川の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 清原惟岳

    清原惟岳から見た遠江国遠江国

    清和朝に入り、民部大丞を経て、貞観2年(860年)従五位下に叙爵し、翌貞観3年(861年)勘解由次官に任ぜられる。その後、貞観4年(862年)加賀介、貞観12年(870年)遠江守と地方官を歴任する。貞観18年(876年)の清和天皇の譲位にあたっては、固関のために美濃国へ派遣されている。清原惟岳 フレッシュアイペディアより)

  • 防人

    防人から見た遠江国遠江国

    当初は遠江以東の東国から徴兵され、その間も税は免除される事はないため、農民にとっては重い負担であり、兵士の士気は低かったと考えられている。徴集された防人は、九州まで係の者が同行して連れて行かれたが、任務が終わって帰郷する際は付き添いも無く、途中で野垂れ死にする者も少なくなかった。2005年には中原遺跡から甲斐国(山梨県)出身の防人の存在を示す木簡が出土しており、2007年には「相模型杯」と同型の食器用土器が出土し、相模出身の防人がこの地域に派遣されていたことをうかがわせる。防人 フレッシュアイペディアより)

1382件中 71 - 80件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード