1089件中 71 - 80件表示
  • 甲斐氏

    甲斐氏から見た遠江国遠江国

    斯波氏の下で越前、遠江などの守護代を務めた一族。佐野氏の一族とされ、出自は下野であると思われるが、判然とはしていない。甲斐氏 フレッシュアイペディアより)

  • 尹良親王

    尹良親王から見た遠江国遠江国

    遠江井伊谷の館で生まれる。まず上野に移ったが、天授5年/康暦元年(1379年)吉野に参候し、親王宣下を受けて二品に叙される。後に兵部卿を経て、元中3年/至徳3年(1386年)8月8日源姓を賜わって臣籍に下り、同時に正二位権中納言に叙任され、左大将・征夷大将軍を兼ねた。元中9年/明徳3年(1392年)南北朝合一後はなお吉野に隠れ留まるも、応永4年(1397年)2月伊勢を発して駿河宇津野(静岡県富士宮市)へ移り、田貫左京亮の家に入った。同5年(1398年)春に宇津野を出て上野へ向かうが、鎌倉の軍勢から攻められたために柏坂(迦葉坂か)でこれを防戦する。武田信長の館に入って逗留した後、8月上野寺尾城(群馬県高崎市)に赴いた。同10年(1403年)頼みとしていた新田義隆(義則か)が底倉で害されると、世良田有親らに従って下野落合城(栃木県上三川町)に移り、次いで桃井満昌・堀田正重など旧功の士100余騎を率い、高崎・安中・碓氷の敵を討って信濃入りし、島崎城(長野県岡谷市)の千野頼憲を頼って再興の機会を窺った。同31年(1424年)8月三河足助へ向かおうとし、諏訪を発して伊那路に差し掛かった折、待ち受けていた賊徒飯田太郎・駒場小次郎が行く手を阻んだため、浪合にて大いにこれと戦う(浪合合戦)。味方は80余騎であったが、結局世良田義秋・羽河景庸・熊谷直近ら以下25人が討たれ、最期を悟った尹良は子の良王君を武士に託した後、大河原の民家に入って自害した。尹良親王 フレッシュアイペディアより)

  • 武田信玄

    武田信玄から見た遠江国遠江国

    甲斐の守護を代々務めた甲斐源氏武田家第18代・武田信虎の嫡男。先代・信虎期には国内統一が達成され、信玄も体制を継承して隣国・信濃に侵攻する。その過程で越後国の上杉謙信(長尾景虎)と五次にわたると言われる川中島の戦いで抗争しつつ信濃をほぼ平定し、甲斐本国に加え信濃、駿河、西上野、遠江、三河と美濃の一部を領し、次代の勝頼期にかけて甲斐武田家の領国を拡大した。晩年、西上作戦の途上に三河で病を発し、信濃で病没した。武田信玄 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河国

    駿河国から見た遠江国遠江国

    西隣の遠江国との境は大井川であった。奈良時代の大井川は、山間を出てから現在より北に折れ、今の栃山川を流れており、その流路が境であった。後世に、大井川の流路変更に従って、駿河国の領域が西に広がった。駿河国 フレッシュアイペディアより)

  • 井伊直政

    井伊直政から見た遠江国遠江国

    徳川氏の家臣(家臣になった当時は外様)。自身が組織した井伊の赤備えは戦国屈指の精鋭部隊として特に有名である。徳川氏きっての政治家・外交官としても名高い。遠江国井伊谷の出身で若手の武将でありながら、『柳営秘鑑』では榊原氏や鳥居氏と並び、「三河岡崎御普代」として記載されている。また、江戸時代に譜代大名の筆頭として、江戸幕府を支えた井伊氏の手本となった人物であり、現在の群馬県高崎市と滋賀県彦根市の発展の基礎を築いた人物でもある。井伊直政 フレッシュアイペディアより)

  • 今川義元

    今川義元から見た遠江国遠江国

    今川 義元(いまがわ よしもと)は、戦国時代の武将、駿河国及び遠江国の守護大名・戦国大名。今川氏第11代当主。婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義兄弟にあたる。別名(初名)、氏元(うじもと)。今川義元 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川秀忠

    徳川秀忠から見た遠江国遠江国

    徳川家康の三男として遠江国浜松に誕生する。母は側室の西郷局。母の実家・西郷氏は、。乳母・大姥局によって養育される。徳川秀忠 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐藩

    土佐藩から見た遠江国遠江国

    土佐藩の領域は戦国時代末期には長宗我部氏が統治していたが、長宗我部盛親は慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいて西軍に与して改易となった。この合戦において徳川氏に味方した遠江掛川城主・山内一豊が、新たに土佐国9万8000石を与えられた。以降、明治時代初頭まで山内氏が治めた。土佐藩 フレッシュアイペディアより)

  • 木寺宮

    木寺宮から見た遠江国遠江国

    木寺宮(きでらのみや)は、鎌倉時代から室町時代中期にかけて存続した宮家。常盤井宮家に次いで、世襲親王家の体裁を備えていた。始祖は後二条天皇の皇子である皇太子邦良(くによし)親王、初代はその嫡男の康仁(やすひと)親王。宮家号の由来は、邦良親王以下の代々の殿宅が洛西の葛野郡木寺(仁和寺付近)にあったことによるという。経済的に衰微した後は、遠江国に移ったともいわれる。木寺宮 フレッシュアイペディアより)

  • 彦根市

    彦根市から見た遠江国遠江国

    井伊氏(当主・井伊直政)が上野国高崎から近江国佐和山に転封となる。同年、井伊共保以来井伊氏の菩提寺で行基開祖とされる遠江国引佐郡の万松山龍潭寺を分寺し、僧・昊天(こうてん)が佐和山麓に建立(弘徳山龍潭寺の創建)。彦根市 フレッシュアイペディアより)

1089件中 71 - 80件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード