1382件中 81 - 90件表示
  • 粟田奈勢麻呂

    粟田奈勢麻呂から見た遠江国遠江国

    粟田 奈勢麻呂(あわた の なせまろ、生年不詳 - 神護景雲元年8月29日(767年9月26日))は、奈良時代の貴族。名は奈世麻呂とも記される。姓は朝臣。官位は従四位下・遠江守。粟田奈勢麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原忠次

    榊原忠次から見た遠江国遠江国

    榊原 忠次(さかきばら ただつぐ)または大須賀 忠次(おおすか ただつぐ)は、江戸時代前期の譜代大名、大政参与。はじめ大須賀家を継ぎ、後に榊原氏を継いだ。遠江横須賀藩主、上野館林藩主、陸奥白河藩主、播磨姫路藩主。榊原家3代当主。従四位下式部大輔、侍従。榊原忠次 フレッシュアイペディアより)

  • 池田春野

    池田春野から見た遠江国遠江国

    嵯峨朝では大蔵大輔・遠江守・越中守・宮内大輔を務め、弘仁3年(812年)正五位下に昇叙される。淳和朝では図書頭・掃部頭を歴任し、天長4年(827年)正五位上に叙せられ、天長6年(829年)従四位下に至った。池田春野 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県の地域

    静岡県の地域から見た遠江国遠江国

    遠江国(遠州)から榛原郡(はいばらぐん)を除いた部分に相当する。旧浜松市を中心とした地域で、自動車やオートバイ、楽器の世界のトップメーカーが集積し、県内一の工業地域になっている。浜名湖周辺が観光スポット。(⇒三遠南信)静岡県の地域 フレッシュアイペディアより)

  • 旧見付学校

    旧見付学校から見た遠江国遠江国

    見附は遠江国の国府が置かれた場所であり、近世には見附宿が東海道の宿場町として発展した。寺子屋で初等教育が行われ、中にはより高度な教育を行う私塾に進学する者もいた。この地域の代表的な私塾としては、淡海國玉神社の神官を務めていた大久保忠尚による私塾が挙げられる。旧見付学校 フレッシュアイペディアより)

  • 小野朝之

    小野朝之から見た遠江国遠江国

    小野 朝之(おの ともゆき)は、戦国時代の武将。遠江国引佐郡井伊谷の人。小野朝之 フレッシュアイペディアより)

  • 花倉の乱

    花倉の乱から見た遠江国遠江国

    足利氏の氏族である今川家では、文明8年(1476年)に遠江で今川義忠が戦死した後にも、家督を巡り一門衆と有力被官との争いで家中が分裂する騒動が起こっており、これは幕府申次衆の伊勢盛時(北条早雲、後北条氏の祖)の仲介で長享元年(1487年)に今川氏親への家督相続が行われた。花倉の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河方言

    駿河方言から見た遠州遠江国

    駿河方言のなかでも東部は関東・伊豆的、西部は遠州的であり、東西で隣接地域と連続的に遷移する要素が多く、駿河のみで見いだされる要素はない。特に富士川を境にして差異が大きく、富士川以東の方言は伊豆方言に近い。いっぽうで、静岡市周辺などでは過去形の「…け」など、日本全国を見渡しても非常に珍しい古い語法が残っているものもある。駿河方言 フレッシュアイペディアより)

  • 磐田文庫

    磐田文庫から見た遠江国遠江国

    磐田文庫(いわたぶんこ)は、元治元年(1864年)に遠江国見附(現・静岡県磐田市見付)に設立された文庫(私設図書館)。磐田文庫は隣接する旧見付学校とともに、「旧見付学校附磐田文庫」として国の史跡に指定されている。磐田文庫 フレッシュアイペディアより)

  • 加納久周

    加納久周から見た遠江国遠江国

    同年、大番頭を兼務し、遠江守に転任となり、寛政5年(1793年)、若年寄並に異動となる。3年後の寛政8年(1796年)、改革の功により、上野国の新田郡と佐位郡の両群に3,000石を加増され、石高は1万3,000石を知行した。加納久周 フレッシュアイペディアより)

1382件中 81 - 90件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード