124件中 91 - 100件表示
  • アサヒドーカメラ

    アサヒドーカメラから見た浜田幸一浜田幸一

    「店員は無愛想だがカメラは安い」などの強烈なキャッチコピーで知られる同店のテレビCMは、美宝堂のCMとともに中京圏を代表するローカルCMとして広く知られている。CMの放送エリアは中京圏に限られているが、当時は無名だった柴田理恵と久本雅美の2人を起用したバージョンや、元衆議院議員の浜田幸一を起用したバージョンは、全国ネットのワイドショーや雑誌などで採り上げられたこともある。その他、若い女性がマンションかホテルの一室と思しき場所で「パパ」にアサヒドーカメラの販売品を買ってとねだる一連のシリーズ作CM「ミカとパパの物語」は、愛知県下のある婦人団体から「男性にこびて買ってもらうのが女性と決め付けたCM」と猛烈な抗議を受け、会社の幹部が彼女たちから直々に即時放送中止の抗議文を手渡されたという逸話もある。アサヒドーカメラ フレッシュアイペディアより)

  • 高尾 (パチンコメーカー)

    高尾 (パチンコメーカー)から見た浜田幸一浜田幸一

    2003年 - ジャイアント馬場のCRアッポー!、CR恋姫、CR男!浜幸日本一高尾 (パチンコメーカー) フレッシュアイペディアより)

  • 1928年

    1928年から見た浜田幸一浜田幸一

    9月5日 - 浜田幸一、元政治家・タレント(+ 2012年)1928年 フレッシュアイペディアより)

  • 松永光

    松永光から見た浜田幸一浜田幸一

    長崎県南高来郡南串山村(現雲仙市)生まれ。1947年に東京都立九段中学校を卒業し、中央大学法学部法律学科に進学。その後、早稲田大学第二法学部法律学科に編入し、1951年に卒業した。同年、司法試験に合格し、1954年に福岡地方検察庁検事に任官。しかし翌1955年に退官し、弁護士開業。そのかたわら養父・松永東の秘書を務め、東の死後、1969年の第32回衆議院議員総選挙に旧埼玉県第1区から自由民主党公認で出馬し、初当選を果たした(当選同期に小沢一郎・羽田孜・奥田敬和・渡部恒三・綿貫民輔・村田敬次郎・江藤隆美・浜田幸一らがいる)。以後、10期連続当選。当選後は中曽根派に所属し、渡辺美智雄が継承した後も渡辺派に所属。引退するまで、中曽根派・渡辺派の系譜である志帥会に所属していた。松永光 フレッシュアイペディアより)

  • 8月10日

    8月10日から見た浜田幸一浜田幸一

    2010年(平成22年) - 浜田幸一(元・自民党所属、衆議院議員)が背任容疑で千葉県警に逮捕される。8月10日 フレッシュアイペディアより)

  • 東京湾アクアライン

    東京湾アクアラインから見た浜田幸一浜田幸一

    浜田幸一 : ビートたけしのTVタックルで「ハマコー道路」などと揶揄される。本人も自分が推進役の1人であったことを認めている。東京湾アクアライン フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤栄作

    佐藤栄作から見た浜田幸一浜田幸一

    1970年(昭和45年)の自民党総裁4選については、自民党内部に政権の長期化を懸念し、勇退による福田赳夫への禅譲論の声もあった。しかし、次期総裁を狙いつつ佐藤派内の掌握のため時間を稼ぎたい田中と、旧岸派分裂時に“福田嫌い”から袂を分かった自民党副総裁・川島正次郎の思惑などが合致し、川島・橋本登美三郎らは、総理引退を考えていた佐藤に4選すべきだと持ちかけ、強力に佐藤4選運動を展開した。そして、佐藤は「沖縄返還の筋道をつける」事を大義名分に、三木武夫を破り現在まで唯一・最多の自民党総裁4選を果たした。4選直後の党大会において浜田幸一が「昨日まで我々は佐藤政権を支持してきた、しかし今日からは違う」と発言したことが語り草になっている。佐藤栄作 フレッシュアイペディアより)

  • 河村たかし

    河村たかしから見た浜田幸一浜田幸一

    民主党代表選挙に出馬すると明言しながらいつも推薦人20人を確保できないことから、ビートたけしのTVタックルでは浜田幸一に「代表選に出ると言っておきながら推薦人20人確保できないのはお前だけだ」と苦言を呈された。河村たかし フレッシュアイペディアより)

  • 麻雀倶楽部永田町・総裁戦

    麻雀倶楽部永田町・総裁戦から見た浜田幸一浜田幸一

    総裁候補の中で唯一派閥に属していない。浜田幸一がモデル。麻雀倶楽部永田町・総裁戦 フレッシュアイペディアより)

  • 山中貞則

    山中貞則から見た浜田幸一浜田幸一

    鹿児島県囎唹郡末吉村深川(現曽於市)出身。ニックネームは「ヤマサダ」「ヤマテイ」。浜田幸一や一部の官僚からは「テイソク」と呼ばれていた(有職読み)。沖縄開発庁長官(初代)、防衛庁長官(31代)、自由民主党政務調査会長(23代)、通商産業大臣(43代)などを歴任した。称号は沖縄県名誉県民、竹富町名誉町民。山中貞則 フレッシュアイペディアより)

124件中 91 - 100件表示