134件中 91 - 100件表示
  • 日本改造計画

    日本改造計画から見た浜田幸一浜田幸一

    本書発売を契機に、政治家本出版ブームが起こり、浜田幸一『日本をダメにした九人の政治家』(1993年12月)、橋本龍太郎『VISION OF JAPAN』(1993年12月)、武村正義『小さくともキラリと光る国・日本』(1994年1月)、渡辺美智雄・柿澤弘治・伊吹文明『新保守革命』(1994年4月)などが相次いで発刊された。政界再編の流れの中で、国民の政治への関心が高まるなか、いずれもベストセラーとなった。日本改造計画 フレッシュアイペディアより)

  • 小佐野賢治

    小佐野賢治から見た浜田幸一浜田幸一

    ラスベガスなどでは小額しか使わず、ギャンブルにはのめりこむことがなかったといわれる。一方で浜田幸一など同行の友人には小佐野自身の金を与えて遊ばせたという。ちなみに浜田は一度当時の金額で4.5億円負けた。小佐野賢治 フレッシュアイペディアより)

  • 川上紀一

    川上紀一から見た浜田幸一浜田幸一

    しかし1981年1月、知事選出馬前の5,000万円の献金及び念書の存在が発覚し、同年2月16日、千葉県知事を辞任に追い込まれた(川上五千万円念書事件)。知事辞任後の1983年、第37回衆議院議員総選挙に故郷のある旧千葉県第3区からの出馬を表明する。しかし、旧千葉3区は定数5議席のうち4議席を自民党が占めており、残る1議席も獲得すべく、ラスベガス賭博事件で一時逼塞を余儀なくされていた浜田幸一が5人目の公認を得たため、川上は自民党の公認を受けられず、無所属で出馬。最下位当選の中村正三郎に5,000票差にまで迫ったものの、得票数7位で落選した(ただし自民党も分裂選挙のあおりで現職の池田淳が落選し、5議席独占には失敗した)。落選後は73歳になるまで、大東文化大学で教鞭を執っていた。川上紀一 フレッシュアイペディアより)

  • 小野満

    小野満から見た浜田幸一浜田幸一

    親しかった著名人はほかに、江利チエミ、田岡一雄、 浜田幸一、周防郁雄、山口洋子ら。小野満 フレッシュアイペディアより)

  • 青年団

    青年団から見た浜田幸一浜田幸一

    浜田幸一(元衆議院議員、タレント)青年団 フレッシュアイペディアより)

  • 嘘つき解散

    嘘つき解散から見た浜田幸一浜田幸一

    政治改革法案を巡って意見が対立した自民党総務会では、若手議員が議事妨害を企みピケを張る中、「人柱」役を買って出て総務会メンバーを中に入れようとした浜田幸一が実力を行使してピケ破りを図り、躓いて「この人殺しが」と叫ぶシーンがよくテレビで放映された。因みに踏んづけたのは岡田克也であると思われる。嘘つき解散 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤の乱

    加藤の乱から見た浜田幸一浜田幸一

    乱の後、加藤は宮澤への恨み節を隠さなかったという。浜田幸一によると、加藤は事前に宮澤から「乱」の了解を得ていたか、煽られていたのだという。ゆえに、その後の宮澤の行動をみると疑問符をつけざるを得ない。 後に、舞台裏の話として、宮崎哲弥も宮台真司とのM2対談で宮澤黒幕説を述べている。加藤の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 山口敏夫

    山口敏夫から見た浜田幸一浜田幸一

    1967年、第31回衆議院議員総選挙に父・六郎次の後継者として旧埼玉県第2区から無所属で出馬し、初当選した(当選同期に山下元利・増岡博之・加藤六月・塩川正十郎・中尾栄一・藤波孝生・武藤嘉文・坂本三十次・塩谷一夫・水野清など)。当時26歳で最年少であり、話題になった。当選後、自由民主党の佐藤栄作総裁から追加公認を受け、自民党に入党。1972年、厚生政務次官に就任した。その一方、当時自民党内で台頭していた党内右派の藤尾正行、石原慎太郎、浜田幸一、中山正暉ら青嵐会に対抗する形で当選同期の河野洋平、1期上の西岡武夫ら党内左派に属する若手グループ、政治工学研究所を結成した。山口敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 三木内閣

    三木内閣から見た浜田幸一浜田幸一

    江藤隆美 /浜田幸一:1975年(昭和50年)12月26日 -三木内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 福田赳夫内閣

    福田赳夫内閣から見た浜田幸一浜田幸一

    防衛政務次官 - 浜田幸一(新任)福田赳夫内閣 フレッシュアイペディアより)

134件中 91 - 100件表示