124件中 11 - 20件表示
  • 梶山静六

    梶山静六から見た浜田幸一浜田幸一

    県議会議長就任後、茨城県を訪れた田中角栄から直接国政進出を打診され、1969年12月、自由民主党公認で第32回衆議院議員総選挙に出馬し初当選(当選同期に綿貫民輔・塩崎潤・森喜朗・村田敬次郎・松永光・江藤隆美・中山正暉・浜田幸一など)。当初は総裁派閥の佐藤栄作派に属した。梶山静六 フレッシュアイペディアより)

  • 阿川佐和子

    阿川佐和子から見た浜田幸一浜田幸一

    過去のお見合い相手の何人かは国会議員となっており、『ビートたけしのTVタックル』で再会することもしばしばであるという。同番組では、時に司会者のビートたけしや大竹まこと、さらには浜田幸一、三宅久之らパネリストを手玉にとっており、彼らも驚く爆弾発言が飛び出すこともある。話題が恋人との付き合い方になった際、たけしが「週2回はがんばらないとね」と発言すると阿川は「たった週2回ですか?」と切り返し、笑いを誘った。なお、番組に於ける阿川の位置づけは「悪党党副総裁」である。阿川佐和子 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年の政治

    1980年の政治から見た浜田幸一浜田幸一

    3月6日 - 浜田幸一自民党衆議院議員ラスベガス事件表面化。1980年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 大宏池会構想

    大宏池会構想から見た浜田幸一浜田幸一

    派閥は継承したものの、宏池会が割れた原因を作った加藤の行動に宮澤が不満を抱き、加藤の乱の際、反加藤である旨を表明する要因になったといわれている(浜田幸一は、「加藤の乱は宮澤がけしかけた」との説を述べている)。大宏池会構想 フレッシュアイペディアより)

  • 大岡立

    大岡立から見た浜田幸一浜田幸一

    1989年 週刊朝日・山藤章二の似顔絵塾「浜田幸一」で作品賞大岡立 フレッシュアイペディアより)

  • 井上敦

    井上敦から見た浜田幸一浜田幸一

    和歌山県出身。和歌山県立新宮高等学校卒業後、同県新宮市議会議員を経て、1979年の第35回衆議院議員総選挙で旧和歌山県第2区から出馬し初当選。当選1回。議員在職中の1980年4月25日、衆議院建設委員会にて浜田幸一元代議士の土地転がし問題を暴露した。井上敦 フレッシュアイペディアより)

  • 浦田勝

    浦田勝から見た浜田幸一浜田幸一

    1987年(昭和62年)-皇民党事件では、ほめ殺しの中止を依頼した議員の一人として小渕恵三、魚住汎英、浜田幸一、森喜朗らとともに名前が挙がった。浦田勝 フレッシュアイペディアより)

  • 正森成二

    正森成二から見た浜田幸一浜田幸一

    1988年(昭和63年)、正森が予算委員会で過激派問題について質疑中、突如予算委員長の浜田幸一が質問に介入し、1ヶ月間委員会審議が空転し、浜田を辞任させた。また政府委員(官僚)は共産党のなかでも特に正森との答弁・質疑には神経を注いだといわれている。正森成二 フレッシュアイペディアより)

  • 小林政子

    小林政子から見た浜田幸一浜田幸一

    1969年の衆院選で旧東京10区(足立・葛飾・江戸川区)から出馬し初当選。この選挙では小林のほか、同じく共産党から不破哲三前議長や山原健二郎ら、自民党では森喜朗元首相や浜田幸一など、後に党・政界を牽引する人士が初当選を飾ったことから、「花の昭和44年組」とも称される。以後5期連続で当選し、1983年に地盤を佐藤祐弘に譲り引退を表明。小林政子 フレッシュアイペディアより)

  • ネゴシックス

    ネゴシックスから見た浜田幸一浜田幸一

    火曜コーナー「あなたの知っているようで知らない世界」ピン芸人特集に出演。タモリに「ハマコーの孫」と言われる。ネゴシックス フレッシュアイペディアより)

124件中 11 - 20件表示