134件中 61 - 70件表示
  • 小林公夫

    小林公夫から見た浜田幸一浜田幸一

    東京都出身。横浜市立大学卒。1980年(昭和55年)主婦の友社に入社。広告企画や雑誌編集に携わる。雑誌編集者時代には、政治家浜田幸一、オリコン代表小池聰行、尾崎豊、吉川晃司、チェッカーズ、とんねるず、山田邦子、松本伊代らの連載を担当した。1990年1月、特別功労賞(社長賞)受賞後、翌年退社。退社後は、日本家庭教師センター学院医学部専門家庭教師や駿台予備学校論文科講師を経て、1992年Wセミナー専任講師。1995年より主任講師、1997年より2007年まで同社顧問を務めた。又、医学部受験予備校メディカルアカデミー代表(1991年?2007年)として、多くの医学生、医師を育てた。小林公夫 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部文男

    阿部文男から見た浜田幸一浜田幸一

    北海道議会議員辞職後、1969年の衆議院議員総選挙に立候補し、旧北海道第3区にて初当選を果たした(当選同期に小沢一郎・羽田孜・梶山静六・奥田敬和・渡部恒三・綿貫民輔・塩崎潤・森喜朗・村田敬次郎・松永光・江藤隆美・中山正暉・浜田幸一など)。その後、当選7回を数える。北海道第3区では長年にわたり、阿部と佐藤孝行がトップ当選をめぐり激しい争いを演じた。阿部文男 フレッシュアイペディアより)

  • 議事進行係

    議事進行係から見た浜田幸一浜田幸一

    浜田幸一(1972年10月27日?)議事進行係 フレッシュアイペディアより)

  • 住栄作

    住栄作から見た浜田幸一浜田幸一

    1978年、第1次大平内閣で総理府総務副長官に就任。1980年、建設政務次官に就任。1981年、小川新一郎の紹介により、利根川河川敷と、埼玉県羽生市の牧草地をラジコン専用飛行場として認可。1983年、第2次中曽根内閣で法務大臣に就任。ロッキード事件以降、法務大臣は前任の秦野章を始めとして田中角栄に近い者が就任することが多かったが、住は田中とは関係が深くなく、法務大臣就任の際にはロッキード事件に関して、「大変、残念であってはならないこと」と述べた。1984年、自由民主党本部放火襲撃事件の際、酔っ払った状態で現場に姿を現し、浜田幸一に対し「マッチポンプな真似しやがって」と述べ、浜田に殴打されるという事件があった(後に自身の発言を謝罪した)。1986年、特派大使としてコロンビア大統領就任式に参列。住栄作 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田和幸

    浜田和幸から見た浜田幸一浜田幸一

    ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日系) - 大竹まことからは「ホワイトハマコーさん」と呼ばれていた。浜田和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党青年局

    自由民主党青年局から見た浜田幸一浜田幸一

    浜田幸一とその息子の浜田靖一は、親子で青年局長に就任した唯一の例である。自由民主党青年局 フレッシュアイペディアより)

  • 井上敦

    井上敦から見た浜田幸一浜田幸一

    和歌山県生まれ。三重県南牟婁郡鵜殿村出身。和歌山県立新宮高等学校卒業後、同県新宮市議会議員を経て、1979年の第35回衆議院議員総選挙で旧和歌山県第2区から出馬し初当選。当選1回。議員在職中の1980年4月25日、衆議院建設委員会にて浜田幸一元代議士の土地転がし問題を暴露した。井上敦 フレッシュアイペディアより)

  • 竹中労

    竹中労から見た浜田幸一浜田幸一

    1975年8月、新宿コマ劇場にてのイベント「のんすとっぷ24時間」で台湾・沖縄・韓国の人々から戦争告発発言があったのに呼応し、浜田幸一や中山正暉に「バッジのおじさん、恥ずかしくないか」と野次を飛ばしたところ、浜田が怒って「全然恥ずかしくないな。軍閥と自民党は関係ない!」「バッジをつけているのが恥ずかしいなんて言ったやつ、出てこいよ、おまえ」と反駁。竹中は「おまえ呼ばわりされる覚えはないのだ」と応じ、「おい、ハマコー、やるかァ!」と浜田に迫ったため、司会者に制止されて事なきを得た。竹中労 フレッシュアイペディアより)

  • 皇民党事件

    皇民党事件から見た浜田幸一浜田幸一

    「ほめ殺し」とは、右翼団体が行う街頭宣伝活動の一形態で、攻撃対象を徹底的に皮肉を込めて誉め称える、嫌がらせの街宣活動を行い圧力を加える。なお、この事件を取材したジャーナリストの岩瀬達哉によると、ほめ殺しなる言葉を定着させた人物は、浜田幸一だとされている。岩瀬が竹下の生い立ちや、同事件の取材をまとめた「われ、万死に値す」の文中で、浜田が、竹下の意を受け、工作資金8億円を持参し日本皇民党を訪問するものの、一顧だにされず、激昂した浜田が発した言葉が、『お前らのやってることは、ほめ殺しじゃないか』だったとのことである。皇民党事件 フレッシュアイペディアより)

  • 中山利生

    中山利生から見た浜田幸一浜田幸一

    衆議院議員を務めた中山栄一の息子として茨城県龍ケ崎市に生まれる。龍ヶ崎中学・日本大学法学部を卒業。父の秘書を経て、1969年の第32回衆議院議員総選挙に自民党公認で出馬し当選(当選同期に小沢一郎・羽田孜・梶山静六・渡部恒三・奥田敬和・綿貫民輔・塩崎潤・森喜朗・村田敬次郎・松永光・江藤隆美・中山正暉・浜田幸一など)。以降9期当選。法務政務次官・自治政務次官を経て宮澤内閣時に防衛庁長官を務めた。1993年12月に自民党副幹事長に就任し、1998年11月に勲一等旭日大綬章を受章。2003年に政界を引退。2004年9月30日死去。享年79。死後正三位に叙された。中山利生 フレッシュアイペディアより)

134件中 61 - 70件表示

「浜田幸一」のニューストピックワード