124件中 61 - 70件表示
  • 田中六助

    田中六助から見た浜田幸一浜田幸一

    1979年(昭和54年)11月第二次大平内閣が成立すると、内閣官房長官を伊東正義と交代し自民党筆頭副幹事長となる。1980年(昭和55年)3月、ロッキード裁判の過程で、浜田幸一のラスベガス賭博事件が明るみに出ると、田中は「川筋者」の本領を発揮し、浜田と膝詰談判の末、引導を渡し、「首切り六さん」「落としの六さん」の異名を奉られた。田中六助 フレッシュアイペディアより)

  • タレント政治家

    タレント政治家から見た浜田幸一浜田幸一

    非常に稀であるが、浜田幸一(元衆議院議員)・小沢遼子(元埼玉県議会議員・元浦和市議会議員)のようにタレント政治家とは逆に政治家からタレント・文化人に転じる人物もいる。タレントから政治家となり引退後大学教授となった人物に野末陳平(元参議院議員)がいる。タレント政治家 フレッシュアイペディアより)

  • 住栄作

    住栄作から見た浜田幸一浜田幸一

    1978年、第1次大平内閣で総理府総務副長官に就任。1980年、建設政務次官に就任。1981年、小川新一郎の紹介により、利根川河川敷と、埼玉県羽生市の牧草地をラジコン専用飛行場として認可。1983年、第2次中曽根内閣で法務大臣に就任。ロッキード事件以降、法務大臣は前任の秦野章を始めとして田中角栄に近い者が就任することが多かったが、住は田中とは関係が深くなく、法務大臣就任の際にはロッキード事件に関して、「大変、残念であってはならないこと」と述べた。1984年、自由民主党本部放火襲撃事件の際、酔っ払った状態で現場に姿を現し、浜田幸一に対し「マッチポンプな真似しやがって」と暴言を吐き、浜田に殴打された(後に自身の発言を謝罪した)。1986年、特派大使としてコロンビア大統領就任式に参列。住栄作 フレッシュアイペディアより)

  • 玉置和郎

    玉置和郎から見た浜田幸一浜田幸一

    1983年の第37回衆議院議員総選挙で衆議院旧和歌山2区から前年死去した早川の後継者として出馬し当選。衆院転身直後に佐藤隆、桜井新、浜田幸一、鈴木宗男ら、宗政研系の議員を従えて、「玉置グループ」として派閥を立ち上げようとするも頓挫、その後は中曽根康弘 - 金丸信ラインに接近し、党内工作に奔走する。中曽根も玉置を重用し、金丸も玉置に絶対の信頼を置いていた。玉置和郎 フレッシュアイペディアより)

  • 森山眞弓

    森山眞弓から見た浜田幸一浜田幸一

    女性初のエリート官僚であった彼女と対面した際に、夫となる森山欽司は緊張したせいか「君は飯は炊けるのか」と尋ねている。また、浜田幸一が政治の世界で、唯一頭が上がらない女性と言われている。事実、森山の前では借りてきた猫のようにおとなしい。森山眞弓 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部文男

    阿部文男から見た浜田幸一浜田幸一

    北海道議会議員辞職後、1969年の衆議院議員総選挙に立候補し、旧北海道第3区にて初当選を果たした(当選同期に小沢一郎・羽田孜・梶山静六・奥田敬和・渡部恒三・綿貫民輔・塩崎潤・森喜朗・村田敬次郎・松永光・江藤隆美・中山正暉・浜田幸一など)。その後、当選7回を数える。北海道第3区では長年にわたり、阿部と佐藤孝行がトップ当選をめぐり激しい争いを演じた。阿部文男 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤守良

    佐藤守良から見た浜田幸一浜田幸一

    運輸大臣を務めた永野護の秘書を長く送り、1960年の第29回衆議院議員総選挙に無所属で立候補するが落選。1969年の第32回衆議院議員総選挙で自由民主党公認を得て、再び広島3区から立候補し初当選(当選同期に小沢一郎・羽田孜・梶山静六・奥田敬和・渡部恒三・綿貫民輔・塩崎潤・森喜朗・村田敬次郎・松永光・江藤隆美・中山正暉・浜田幸一など)。佐藤守良 フレッシュアイペディアより)

  • 山下徳夫

    山下徳夫から見た浜田幸一浜田幸一

    佐賀県出身。福岡中学校(現・福岡県立福岡高等学校)卒業後、1944年、専修大学法学部卒業。佐賀県議会議長を経て、1969年、旧佐賀県全県区から第32回衆議院議員総選挙に立候補し、初当選(当選同期に小沢一郎・羽田孜・梶山静六・奥田敬和・渡部恒三・綿貫民輔・塩崎潤・森喜朗・村田敬次郎・江藤隆美・中山正暉・松永光・浜田幸一など)。連続当選10回。自民党内では最小派閥の三木→河本派に所属。山下徳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 日中国交正常化

    日中国交正常化から見た浜田幸一浜田幸一

    なお、当時の自民党内では中華民国(台湾)を支持する勢力が圧倒的であり(石原慎太郎や浜田幸一なども親台湾派であった)、様々な権益が絡んでいたこともあり、国交正常化交渉にあたった外務官僚も省内ですら隠密行動を余儀なくされていた。また当然のことながら、中華人民共和国、中華民国の両政府はともに、他国による中国の二重承認を認めないため、日中国交正常化交渉を進めることは中華民国と断交することも意味していた。日中国交正常化 フレッシュアイペディアより)

  • 江藤隆美

    江藤隆美から見た浜田幸一浜田幸一

    1969年の第32回衆議院議員総選挙に立候補し、初当選(当選同期に小沢一郎・羽田孜・梶山静六・奥田敬和・渡部恒三・綿貫民輔・塩崎潤・森喜朗・村田敬次郎・松永光・浜田幸一など)。この選挙で初当選した衆議院議員は「四十四年組」と呼称された。1973年には中川一郎が主催する青嵐会の結成に、石原慎太郎らと共に参加した。1983年、自民党国会対策委員長に就任した。江藤隆美 フレッシュアイペディアより)

124件中 61 - 70件表示