124件中 71 - 80件表示
  • 山崎平八郎

    山崎平八郎から見た浜田幸一浜田幸一

    大学卒業後、農林省に入省。九州農政局長を退官後の1969年、前年死去した叔父・巌の後継者として衆議院議員選挙に福岡3区から自民党公認で出馬し初当選(当選同期に小沢一郎・羽田孜・梶山静六・渡部恒三・奥田敬和・綿貫民輔・塩崎潤・森喜朗・村田敬次郎・松永光・江藤隆美・中山正暉・浜田幸一など)。その後連続当選6回。党内では福田派に属し、文部科学政務次官や農林水産政務次官、第2次中曽根内閣の国土庁長官などを歴任した。山崎平八郎 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県第12区

    千葉県第12区から見た浜田幸一浜田幸一

    千葉県内でも自民党が強固な地盤を保っている地区で、また父幸一時代からの支持基盤にも支えられ浜田が議席を守っている(第42回のみコスタリカ方式で中村が出馬、浜田は比例単独で当選)。千葉県第12区 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た浜田幸一浜田幸一

    新人議員の頃から激情的傾向が強く、国会内でよく野次を飛ばしていた。一時期浜田幸一・松田九郎と共に「自民党の三大野次将軍」とも呼ばれていた。鈴木は浜田・松田とは非常に仲が良かった。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸信

    金丸信から見た浜田幸一浜田幸一

    しかし記者会見は行われ、宮澤喜一政権に大きな衝撃を与えることになった。佐川問題に於ける竹下派内の対応は裁判で徹底的に戦う事を主張した小沢一郎に対し、竹下側近の梶山静六は略式起訴での決着を主張するなど二分する形となった。小沢戦略なら論理は一貫しているが長期的な体力が必要で党のイメージダウンも長く続くことになり、梶山戦略は短期で決着がつくように見えた。しかし、結果的に両者とも世論の動きを読みきれていなかった。信じられないことだが金丸本人は上申書を提出するまで弁護士を立てていなかった。後に担当することになる弁護士は金丸辞任会見をテレビで他人事のように見ていたと語っている。当初の対応を小沢、生原秘書、佐藤守良に任せた結果時効がかかっていた時期を見誤った。浜田幸一の著書によると、梶山が短期決着で入れ知恵をしたかのごとく記述されているが客観的ではない。結局、対応に小沢、梶山の二股をかけたことにより両者の対立は決定的なものになり、派閥は分裂へと進んでゆく。金丸信 フレッシュアイペディアより)

  • えなりかずき

    えなりかずきから見た浜田幸一浜田幸一

    年金や医療問題に詳しく、『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』にマニフェスト提出者としてたびたび出演している。2009年1月28日放送の『水曜ノンフィクション』には「芸能界の年金博士」として出演。一緒に出演していた社会保険労務士の北村庄吾は「私より詳しい」と発言した。また、浜田幸一には「自民党から選挙に出馬しないか?」と、番組中に声をかけられている。えなりかずき フレッシュアイペディアより)

  • 林義郎

    林義郎から見た浜田幸一浜田幸一

    1969年(昭和44年)に通産省を退官して、同年末の第32回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で周東英雄の後継者として旧山口1区から立候補して当選する(当選同期に小沢一郎・羽田孜・梶山静六・奥田敬和・渡部恒三・綿貫民輔・塩崎潤・森喜朗・村田敬次郎・松永光・江藤隆美・中山正暉・浜田幸一など)。以後連続11回当選。自民党では佐藤派→田中派に所属。経済企画政務次官、大蔵政務次官、自民党経理局長などを経て1982年(昭和57年)第1次中曽根内閣の厚生大臣として入閣する。林は、国際金融政策を中心に自民党内有数の政策通として知られていた。一方で、通産官僚出身ということもあって、田中派内の竹下登、金丸信ら党人派の実力者とは一線を画した。宮澤喜一が派閥横断的に組織した政策集団「平河会」では事務局長を務め、宮澤の良き理解者となる。田中派分裂に際しては、竹下、金丸らとは行動を共にせず、二階堂グループに参加している。林義郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中山利生

    中山利生から見た浜田幸一浜田幸一

    衆議院議員だった中山栄一の子息として茨城県龍ケ崎市に生まれる。龍ヶ崎中学・日本大学法学部を卒業。父の秘書を経て、1969年の第32回衆議院議員総選挙に自民党公認で出馬し当選(当選同期に小沢一郎・羽田孜・梶山静六・渡部恒三・奥田敬和・綿貫民輔・塩崎潤・森喜朗・村田敬次郎・松永光・江藤隆美・中山正暉・浜田幸一など)。以降9期当選。法務政務次官・自治政務次官を経て宮澤内閣時に防衛庁長官を務めた。1993年12月に自民党副幹事長に就任し、1998年11月に勲一等旭日大綬章を受章。2003年に政界を引退。2004年9月30日死去。享年69。死後正三位に叙された。中山利生 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田敬和

    奥田敬和から見た浜田幸一浜田幸一

    1969年、坂田が脳溢血で倒れ、さらに衆議院議員の井村重雄も健康上の理由で次期総選挙に不出馬を宣言、石川1区選出の自民党衆議院議員が不在となった。そのため坂田の後継者として同年12月の第32回衆議院議員総選挙に自民党公認で立候補し、3位当選を果たす(当選同期に小沢一郎・羽田孜・梶山静六・渡部恒三・綿貫民輔・塩崎潤・村田敬次郎・松永光・江藤隆美・中山正暉・浜田幸一など)。奥田敬和 フレッシュアイペディアより)

  • 山口敏夫

    山口敏夫から見た浜田幸一浜田幸一

    1967年、第31回衆議院議員総選挙に父・六郎次の後継者として旧埼玉県第2区から無所属で出馬し、初当選を果たした(当選同期に山下元利・増岡博之・加藤六月・塩川正十郎・中尾栄一・藤波孝生・武藤嘉文・坂本三十次・塩谷一夫・水野清など)。当時26歳で最年少であり、話題になった。当選後、自由民主党の佐藤栄作総裁から追加公認を受け、自民党に入党。1972年、厚生政務次官に就任した。その一方、当時自民党内で台頭していた党内右派の藤尾正行、石原慎太郎、浜田幸一、中山正暉ら青嵐会に対抗する形で当選同期の河野洋平、1期上の西岡武夫ら党内左派に属する若手グループ、政治工学研究所を結成した。山口敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 交友クラブ

    交友クラブから見た浜田幸一浜田幸一

    この派閥に所属していた主な議員として赤城宗徳、荒舩清十郎、藤枝泉介、浜田幸一、綿貫民輔等がいる。交友クラブ フレッシュアイペディアより)

124件中 71 - 80件表示