274件中 91 - 100件表示
  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た日本大学

    それから日本大学農獣医学部拓植学科(現:生物資源科学部国際地域開発学科)に入学したが、翌1946年(昭和21年)まで芸者遊びや喧嘩に明け暮れる日々を送った。しかし、本人曰く「合格した確かな記憶が無く、籍があったかどうかも不確かだった。学歴詐称を疑われる恐れもあったので、大学の同窓会の誘いも丁重にお断りしていた」と言う。ただ、大学生時代に応援団の活動はしていた。東京の高田馬場に下宿していた当時、いつも連れ立っていた同郷の先輩に早稲田大学の学生が居たことから、早大に自然と出入りするようにもなり、早大の応援団に交じって東京六大学の応援活動をしていた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た習志野市立習志野高等学校

    野球も好きであり、兄も野球の投手をしていたことで、その相手として捕手役を務めたことがその始まりであった。高校野球を見るのも好きで、千葉県大会で観た習志野高校時代の掛布雅之のバッティングが印象に残ったことで、知り合いの巨人のスカウトに掛布を推薦したことがあった。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た世界

    1996年(平成8年)開催予定だった世界都市博覧会については、中止反対の立場だった。理由には「参加予定だった世界各国の信頼を傷付けかねない」「尽力してきた関係者、ボランティアとして参加予定だった皆さんに申し開きが付かない」「会場跡地を、災害に備えて備蓄施設に再利用出来るはずとその活用法に期待していた」と言うことを挙げていた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た科捜研の女

    新・科捜研の女 第5シリーズ 第1話(2004年 テレビ朝日) - 笹山 役浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見たアメリカ合衆国議会

    当然そんな大金を浜田が用意できるわけはなく、当時浜田が不動産関係で世話になっていた小佐野賢治が代わりに用立てて支払った。ところが、その金が実はロッキードから小佐野に流れた金であるとのアメリカ合衆国議会での証言が、アメリカ合衆国で行われ大騒ぎになった。浜田も言うとおり、ロッキード事件とは直接関係はなかった。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見たたかじんのそこまで言って委員会

    たかじんのそこまで言って委員会(読売テレビ)浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た大草原の小さな家

    この時、浜田を予算委員長に推薦した金丸信の妻・悦子は「バカ!あんたなんか死んじゃえばいいんだ」と号泣した。浜田は、自分の首と議事録削除阻止を狙っていたが、結局予算委員長を辞任した。NHKはこの模様を時間の関係上途中で打ち切って「大草原の小さな家」を再放送したことに対し、NHKには苦情の電話が殺到した。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た児玉誉士夫

    自ら「尊敬する人物」と公言してはばからないのが熱海の暴力団、稲川会初代会長の稲川聖城であった。上記の事件で懲役1年の実刑判決を受け、刑務所へ服役、出所してみると所属していたヤクザ組織は稲川組に吸収されていた。1950年代半ば、所属する組の親分が死んだため稲川に相談したところ、別の道を考えたほうがよいと言われ、政治に関心があると答えると、児玉誉士夫に紹介してくれた。後年『新潮45』の企画にてビートたけしと対談した稲川は、「あれでいいところもあるから監督(たけしのこと。「芸人ビートたけし」としては五寸の挨拶は許されないため、「映画監督北野武」として処遇)も面倒みてください」と浜田を気遣っていた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た東京大学

    「自分を育ててくれた両親を、誰よりも大事にする青年になってください。」- 平成22年、東京大学学園祭で行った講演での発言。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た再チャレンジ

    児玉邸に2、3年住み込み下働きを務め、その後約10年間小佐野の経営する国際興業で不動産取引の勉強をした。児玉とかつて所属していた組に援助され、富津町議会議員から千葉県議会議員になった。公費では運転手は付かないため、そのあいだ浜田は移動用の車と運転手の面倒をみてもらった。この運転手が後のバーニングプロダクション社長・周防郁雄である。1969年(昭和44年)に衆議院議員選挙に挑戦して初当選した。国会議員になってからは児玉と小佐野賢治に加え笹川良一や町井久之が後援者に加わったとされる。に「あいつはヤクザじゃないか」と罵られた時、「自分は確かに、かつて一時期そういう時代もあった。それを否定しない。その過去を責められたら素直に認める。しかし、それをもって私の存在自体を否定したり、また再びチャレンジ(=再チャレンジ)できないような社会をつくってはいけない」と述べている。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

274件中 91 - 100件表示