274件中 101 - 110件表示
  • 浜田幸一

    浜田幸一から見たバーニングプロダクション

    児玉邸に2、3年住み込み下働きを務め、その後約10年間小佐野の経営する国際興業で不動産取引の勉強をした。児玉とかつて所属していた組に援助され、富津町議会議員から千葉県議会議員になった。公費では運転手は付かないため、そのあいだ浜田は移動用の車と運転手の面倒をみてもらった。この運転手が後のバーニングプロダクション社長・周防郁雄である。1969年(昭和44年)に衆議院議員選挙に挑戦して初当選した。国会議員になってからは児玉と小佐野賢治に加え笹川良一や町井久之が後援者に加わったとされる。に「あいつはヤクザじゃないか」と罵られた時、「自分は確かに、かつて一時期そういう時代もあった。それを否定しない。その過去を責められたら素直に認める。しかし、それをもって私の存在自体を否定したり、また再びチャレンジ(=再チャレンジ)できないような社会をつくってはいけない」と述べている。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た国際興業

    児玉邸に2、3年住み込み下働きを務め、その後約10年間小佐野の経営する国際興業で不動産取引の勉強をした。児玉とかつて所属していた組に援助され、富津町議会議員から千葉県議会議員になった。公費では運転手は付かないため、そのあいだ浜田は移動用の車と運転手の面倒をみてもらった。この運転手が後のバーニングプロダクション社長・周防郁雄である。1969年(昭和44年)に衆議院議員選挙に挑戦して初当選した。国会議員になってからは児玉と小佐野賢治に加え笹川良一や町井久之が後援者に加わったとされる。に「あいつはヤクザじゃないか」と罵られた時、「自分は確かに、かつて一時期そういう時代もあった。それを否定しない。その過去を責められたら素直に認める。しかし、それをもって私の存在自体を否定したり、また再びチャレンジ(=再チャレンジ)できないような社会をつくってはいけない」と述べている。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た日本クラウン

    浜博也「男の浪漫」(1994年、日本クラウン) - 台詞、作詞浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た徳間ジャパンコミュニケーションズ

    浅野のぼる「感謝」(2003年、徳間ジャパンコミュニケーションズ) - 作詞浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見たNHK総合テレビジョン

    浜田本人は、この国会中継の審議の模様はNHK総合テレビで生放送されており、中継放送の終了時間を逆算したうえでの、自分の意見と共産党の意見は違うと印象づけるための確信的発言であると述べている。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見たサッポロビール

    サッポロビール サッポロ生黒ラベル(2002年)浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た南満州鉄道

    1945年(昭和20年)には朝鮮出身の同級生とともに学校推薦で9月1日付で南満州鉄道に入ることが決まったものの、出発直前に終戦となって立ち消え、動員先の第2海軍航空廠で玉音放送を聴いた。ちょうどこの頃に兄が戦病死。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た京葉銀行

    実弟の浜田正雄は京葉銀行の頭取を務めた。息子の浜田靖一は後継者として衆議院議員となり、麻生内閣では防衛大臣に就任した。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た自由民主党 (日本)

    自由民主党の衆議院議員として通算7回の当選に及び、衆議院予算委員長、自由民主党広報委員長、自由民主党副幹事長などを歴任したが、国務大臣の任命経験が得られないまま、1993年(平成5年)に政界を引退した。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た富津市

    千葉県君津郡青堀町(現・富津市)出身。実家は大地主で、父・甚三郎は町助役を務めるほどの名士だったにもかかわらず、大政翼賛会の役員でもあったこともあって戦後、戦犯者に指定され公職追放、その後博打にのめり込み破産。母が引くリヤカーの後押しをしながら、幸一少年は「負けてたまるか、負けて。父が失ったものを、自分一代で取り返してみせる」と強く決心したという。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

274件中 101 - 110件表示