253件中 101 - 110件表示
  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た南満州鉄道

    1945年(昭和20年)には朝鮮出身の同級生とともに学校推薦で南満州鉄道に入ることが決まったものの、出発直前に終戦となって立ち消え、動員先の木更津航空廠で玉音放送を聞くこととなった。ちょうどこの頃に兄が戦病死。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た京葉銀行

    実弟の浜田正雄は京葉銀行頭取を務めた。息子の浜田靖一は後継者として衆議院議員となり、麻生内閣では防衛大臣に就任した。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見たワイド!スクランブル

    郵政民営化法案の採決を棄権した参議院議員大仁田厚が、出演した『ワイド!スクランブル』にて、浜田が大仁田に「議決権を行使しない者に議員の資格はない」「反対なら反対できちっと明確に意思表示をする。それが、あなたの長崎県の代表としての務めだ」と諭した。これに対し大仁田が「僕らは小泉さんの子供です。親を裏切れなかったんですよ!」と大声を発したため、浜田が「お前、何、俺にどなってんだよ」と大仁田を一喝した。大仁田は先程のテンションから一転「すいません」と謝った。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た国会

    後に、正森議員と国会の廊下ですれ違った際に「俺の首を獲りやがって」と発言したが目は笑っていたという。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見たビートたけしのTVタックル

    「ハマコー」との愛称で知られ、また、「国会の暴れん坊」「政界の暴れん坊」との異名をもつ。政界引退後は「政治活動家」と自称していたほか、テレビ番組 『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日)では、「悪党党幹事長」を名乗っていた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た自由民主党

    政治家としては、自由民主党の衆議院議員として当選は通算7回に及び、衆議院予算委員長、自由民主党広報委員長、自由民主党副幹事長などを歴任したが、閣僚経験は得られないまま1993年(平成5年)に政界を引退した。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た木更津市

    傷害事件を起こすなどし、以後、さまざまな非行を重ねて「木更津のダニ」(「町のダニ」とも)の悪名をとった。TVタックルでは、富津のダニと言っていた。この渾名は当時(1951年(昭和26年))の地元の新聞記事でも用いられている。24歳のころケンカに巻き込まれ、相手を刺してしまい、『日雇い人夫浜田幸一』の見出しで報じられた。この時、浜田の母が、木更津で最も有名な弁護士を雇い息子を助けた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見たお玉・幸造夫婦です

    議員引退後の1993年(平成5年)12月に出版された著書『日本をダメにした九人の政治家』(講談社)は、1995年(平成7年)4月までに発行部数168万部のミリオンセラーとなった。同著では自分自身をその中の1人として自省している。またタレント活動を活発化させ、数多のバラエティ番組に登場。1994年(平成6年)には連続テレビドラマ『お玉・幸造夫婦です』で、八千草薫と夫婦役を演じた。その他にも主に政治を話題としたバラエティ番組に出演し、歯に衣着せぬキャラクターには一定の人気があった。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た千葉県

    1928年(昭和3年)、千葉県富津市出身。父は青堀町の大地主の家に生まれ育ち、町の助役を務めるほどの名士だったにもかかわらず、バクチにのめりこみ、一家の財を失ってしまった。母が引くリヤカーの後押しをしながら、幸一少年は「負けてたまるか、負けて。父が失ったものを、自分一代で取り返してみせる」と強く決心したという。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た衆議院議員

    政治家としては、自由民主党の衆議院議員として当選は通算7回に及び、衆議院予算委員長、自由民主党広報委員長、自由民主党副幹事長などを歴任したが、閣僚経験は得られないまま1993年(平成5年)に政界を引退した。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

253件中 101 - 110件表示