253件中 11 - 20件表示
  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た小佐野賢治

    児玉邸に2、3年住み込み下働きを務め、その後約10年間小佐野の経営する国際興業で不動産取引の勉強をした。児玉とかつて所属していた組に援助され、富津町議会議員から千葉県議会議員になった。公費では運転手は付かないため、そのあいだ浜田は車と運転手の面倒をみてもらった。この時の運転手が後の芸能事務所バーニングプロダクション社長の周防郁雄である。1969年(昭和44年)に衆議院議員選挙に挑戦して初当選した。国会議員になってからは児玉と小佐野賢治に加え笹川良一や町井久之が後援者に加わったとされる。当選後ある議員に「あいつはヤクザじゃないか」と罵られた時、「自分は確かに、かつて一時期そういう時代もあった。それを否定しない。その過去を責められたら素直に認める。しかし、それをもって私の存在自体を否定したり、また再びチャレンジ(=再チャレンジ)できないような社会をつくってはいけない」と述べている。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た竹下登

    青年団活動を行っており、竹下登や野中広務と知り合う。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た山崎拓

    2003年(平成15年)の自民党役員人事における安倍晋三の幹事長就任を事前に『TVタックル』で予想していた(他の多くの識者や政治家は山崎拓幹事長の留任を有力視していた)。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た小沢一郎

    富津町議会議員・千葉県議会議員を経て、2度目の挑戦となった1969年(昭和44年)の衆議院議員選挙で千葉3区より自由民主党から初当選し、川島派に加わった。以後、通算当選7回(当選同期に小沢一郎・羽田孜・梶山静六・奥田敬和・渡部恒三・綿貫民輔・塩崎潤・森喜朗・村田敬次郎・松永光・江藤隆美など)。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た平沢勝栄

    なぜ4億6000万円という金額になったのか、一体何をしたのかを、テレビ番組で平沢勝栄に問われ、「一度失敗すると500万失くす」ゲーム(バカラ)で損失が膨らんだと答えた。また、当時のことを振り返り、「ラスベガス大学に留学していた」と自嘲し、笑いをさそうことがある。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た石破茂

    自著『弾丸なき抗争』で、「田中角栄、三木武夫、福田赳夫の3人の権力亡者は今すぐ死ね」と言い切っている。しかしさすがに田中は度量が広く、その出版記念パーティーで「浜田君に死んじゃえと言われた田中角栄です」と挨拶して会場の大爆笑を誘った。田中は浜田のこうした話術を評価しており、石破茂は、「話し方はハマコーの演説を聞いて勉強しろ!」という田中の言葉を紹介している。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た江藤隆美

    富津町議会議員・千葉県議会議員を経て、2度目の挑戦となった1969年(昭和44年)の衆議院議員選挙で千葉3区より自由民主党から初当選し、川島派に加わった。以後、通算当選7回(当選同期に小沢一郎・羽田孜・梶山静六・奥田敬和・渡部恒三・綿貫民輔・塩崎潤・森喜朗・村田敬次郎・松永光・江藤隆美など)。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た宮澤喜一

    新人議員のころ、国会内で英字新聞を読んでいた人物に対し、「日本の国会議員なら日本語の新聞を読みなさい」と言ったところ、その人物が「英語かぶれ」で有名な宮澤喜一だった。議員歴、年齢共に先輩である宮澤に対し、さすがの浜田も恐縮していると、宮澤は「国会議員なんだから、浜田さんも英字新聞くらいお読みなさい」(英語の理解と広い国際視野の獲得せよという意味合いの激励と見られる)と返した。この言葉に浜田は「自分では勉強できないと思ったので息子(靖一)を留学させて、勉強させた。」と語る。上記のように他国に対し、強硬な主張をすることが多い浜田だが、このエピソードは好意的に語ることが多い。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た八代英太

    郵政民営化法案の採決を棄権した参議院議員大仁田厚へは『ワイド!スクランブル』の中で「議決権の行使をしないものは議員の資格は無い」「(採決に)投票して反対なら反対、明確に意思表示を行うことが長崎県代表としての務め」と直接断罪。大仁田を擁護した八代英太へも「あんたは同情ばかりしている」と述べた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た石原慎太郎

    1973年(昭和48年)には中川一郎・渡辺美智雄・石原慎太郎らと共に自民党の派閥横断的な政策集団である青嵐会を結成、マスコミ対応の事務総長を務めた。この頃から武闘派議員としても有名になり、数々の逸話を残す。農林水産政務次官・防衛政務次官・衆議院建設委員長・予算委員長などを歴任したが、予算委員長は「宮本顕治人殺し」発言で辞任を余儀なくされた(後述)。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

253件中 11 - 20件表示