274件中 61 - 70件表示
  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た太平洋戦争

    1941年(昭和16年)に月謝免除の特待生として旧制千葉県立木更津中学校(現:千葉県立木更津高等学校)に入学。ちょうど太平洋戦争が勃発した時期であったことから、2年に上がった頃から学徒動員で板金工として第2海軍航空廠に奉職し、飛行機の翼を作るなどしていた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た衆議院議員

    実弟の浜田正雄は京葉銀行の頭取を務めた。息子の浜田靖一は後継者として衆議院議員となり、麻生内閣では防衛大臣に就任した。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た日本人

    現地の日本人向け旅行会社では、ツアーガイドが浜田が大損をしたホテル()の前で「あれがかのハマコーさんが4億5000万円をすったホテルです」とアナウンスをしていた。本人もこの事をネタにしていた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た川崎市

    東京湾アクアライン建設の立役者。神奈川県川崎市と千葉県木更津市をつなぐ自動車専用道路の有料道路建設を推進した。建設費は1kmあたり1,000億円で、僅か15km程の道路で建設費用が約1兆5,000億円も掛かったという。川崎市から海ほたるパーキングエリアまでは海中道路で、海ほたるPAから木更津市は海上道路となる。アクアラインの通行料4,000円が高いことや、通行する自動車数が予測よりも少なく、赤字となっており、国会などでも問題となった。この点を指摘されると「私の責任です」と言い、続けて「あと100年後したら、必ずこの事業の意義が分かる時がくる」と述べた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た政治家

    浜田 幸一(はまだ こういち、1928年(昭和3年)9月5日 - 2012年(平成24年)8月5日)は、日本の政治家、タレント。株式会社YAMATO名誉顧問。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た稲川会

    自ら「尊敬する人物」と公言してはばからないのが熱海の暴力団、稲川会初代会長の稲川聖城であった。上記の事件で懲役1年の実刑判決を受け、刑務所へ服役、出所してみると所属していたヤクザ組織は稲川組に吸収されていた。1950年代半ば、所属する組の親分が死んだため稲川に相談したところ、別の道を考えたほうがよいと言われ、政治に関心があると答えると、児玉誉士夫に紹介してくれた。後年『新潮45』の企画にてビートたけしと対談した稲川は、「あれでいいところもあるから監督(たけしのこと。「芸人ビートたけし」としては五寸の挨拶は許されないため、「映画監督北野武」として処遇)も面倒みてください」と浜田を気遣っていた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見たボランティア

    1996年(平成8年)開催予定だった世界都市博覧会については、中止反対の立場だった。理由には「参加予定だった世界各国の信頼を傷付けかねない」「尽力してきた関係者、ボランティアとして参加予定だった皆さんに申し開きが付かない」「会場跡地を、災害に備えて備蓄施設に再利用出来るはずとその活用法に期待していた」と言うことを挙げていた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た認知症

    しかしその後、認知症が進むなど訴訟能力に疑問が生じたため、公判は停止された。2012年(平成24年)8月5日、急性心不全のため富津市大堀の自宅で死去した。。背任罪の公判は、被告人たる浜田本人が死亡したことで、8月8日に刑事訴訟法の規定により公訴棄却が決定し終結した。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た早稲田大学

    それから日本大学農獣医学部拓植学科(現:生物資源科学部国際地域開発学科)に入学したが、翌1946年(昭和21年)まで芸者遊びや喧嘩に明け暮れる日々を送った。しかし、本人曰く「合格した確かな記憶が無く、籍があったかどうかも不確かだった。学歴詐称を疑われる恐れもあったので、大学の同窓会の誘いも丁重にお断りしていた」と言う。ただ、大学生時代に応援団の活動はしていた。東京の高田馬場に下宿していた当時、いつも連れ立っていた同郷の先輩に早稲田大学の学生が居たことから、早大に自然と出入りするようにもなり、早大の応援団に交じって東京六大学の応援活動をしていた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た中国共産党

    元々青嵐会は、田中角栄内閣による中国共産党の一党独裁国家である中華人民共和国との間の所謂「日中国交正常化」に伴う、同国と対立している中華民国との国交断絶に反発した若手議員による政策集団、という色彩が濃厚であったが、浜田はその中でも特に強硬な親中華民国、反中華人民共和国派議員であった。後の福田赳夫内閣における日中平和友好条約承認審議を巡って、青嵐会の取った抵抗は本会議の欠席であった。しかし浜田と中山正暉だけはあえて出席し、反対票を投じている。この時浜田は「青嵐会が中華民国に対して、信義を重んじる世界の人々に対して、公約を実行できなかったことを顔向けできないことだと思っている」と語った。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

274件中 61 - 70件表示