274件中 81 - 90件表示
  • 浜田幸一

    浜田幸一から見たラーメン

    選挙区で、浜田の出身地である富津市の二代目市長だった白井長治は、ハマコー嫌いで知られていた。県連会長や自治体の首長が議員よりチカラを持っているのが珍しくない関東地方で、白井の豪腕ぶりも有名だった。講談社の月刊誌「現代」(1981年2月号)の取材で、白井はラーメンの汁がついたワイシャツのままインタビューを受けている。記者が「浜田さんは何で選挙に強いんですか?」と聞くと、白井は「コレに決まってんだろう」と、太い親指と人差し指で輪を作ってみせた。「議員も議員なら市長も市長だ」とこのインタビューはまとめている。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見たダニ

    傷害事件を起こすなどし、以後、さまざまな非行を重ねて「木更津のダニ」(「町のダニ」とも)の悪名をとった。TVタックルでは、富津のダニと言っていた。この渾名は当時(1951年(昭和26年))の地元の新聞記事でも用いられている。24歳のころケンカに巻き込まれ、相手を刺してしまい、『日雇い人夫浜田幸一』の見出しで報じられた。この時、浜田の母が、木更津で最も有名な弁護士を雇い息子を助けた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た

    自らの過去の行動を顧みて、息子だけは立派に育てて社会に恩返しをするとの信念から、息子・浜田靖一を幼少の頃から渡辺美智雄の家に預ける。1993年7月、靖一に地盤を譲り政界引退。羽田孜から新党への誘いを受けていたが、これを固辞。本人は後年インタビューで「二世議員なんてもってのほかだと思っていたから、息子が政治家を目指すにしても地盤を継がせる気はなかった。でも自分の意に沿わない後継者が選ばれるのは嫌でしょうと説得された」と語っている。靖一の選挙に応援することはほとんどなかったが、平成21年の衆議院総選挙で自民党候補が軒並み苦戦し、防衛大臣の職にあった靖一は地元で十分な運動が出来なく、落選のピンチに陥った際には、息子の応援演説に立ち、木更津駅前でながらに土下座し「どうか、どうか、靖一を勝たせてやって下さい」 と叫んだ。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た弁護士

    傷害事件を起こすなどし、以後、さまざまな非行を重ねて「木更津のダニ」(「町のダニ」とも)の悪名をとった。TVタックルでは、富津のダニと言っていた。この渾名は当時(1951年(昭和26年))の地元の新聞記事でも用いられている。24歳のころケンカに巻き込まれ、相手を刺してしまい、『日雇い人夫浜田幸一』の見出しで報じられた。この時、浜田の母が、木更津で最も有名な弁護士を雇い息子を助けた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見たiPhone

    ブログやTwitterに挑戦したり、iPhoneを購入するなど、最先端技術やトレンドに対する関心が強い。自由民主党本部が、第22回参議院議員通常選挙立候補予定者を対象とした『ツイッター講座』を開催したと知ると、「あえて言おう、遅すぎる!!」と苦言を呈し「すぐやれ!! みんなやれ!! なう!!」と叱咤している。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た読売ジャイアンツ

    野球も好きであり、兄も野球の投手をしていたことで、その相手として捕手役を務めたことがその始まりであった。高校野球を見るのも好きで、千葉県大会で観た習志野高校時代の掛布雅之のバッティングが印象に残ったことで、知り合いの巨人のスカウトに掛布を推薦したことがあった。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た芸者

    それから日本大学農獣医学部拓植学科(現:生物資源科学部国際地域開発学科)に入学したが、翌1946年(昭和21年)まで芸者遊びや喧嘩に明け暮れる日々を送った。しかし、本人曰く「合格した確かな記憶が無く、籍があったかどうかも不確かだった。学歴詐称を疑われる恐れもあったので、大学の同窓会の誘いも丁重にお断りしていた」と言う。ただ、大学生時代に応援団の活動はしていた。東京の高田馬場に下宿していた当時、いつも連れ立っていた同郷の先輩に早稲田大学の学生が居たことから、早大に自然と出入りするようにもなり、早大の応援団に交じって東京六大学の応援活動をしていた。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た内閣官房副長官

    過去の経歴や、その口の悪さのために、知名度が高く政治家歴が長かったものの、国務大臣に就くことはなかった。四十日抗争の後に、大平正芳から入閣を打診され、一度は受諾し、閣僚認証式に着ていくための礼服とエナメルの革靴も準備していた。そのことを田中角栄に報告すると「そんなつまらないのやらずに内閣官房副長官をやれ。官房長官が死んだら格上げで内閣官房長官になれるぞ」と言われたため、田中が手配してくれるものと思って、先の閣僚ポストを断った。しかし田中は手配してくれておらず、浜田は閣僚ポストを逃すことになった。また安倍晋太郎からは「浜ちゃんを使えるのは俺しかいないから」「自分が首相になったら、国務大臣に登用する」と言われていたが、結局安倍は内閣総理大臣の地位を目前にして、この世を去ることになった。ただし浜田本人は「自分を使いこなせる総理大臣がなかなかいなかった」「もし大臣になっていたら、自民党はもっと早く潰れていただろう」と語っている。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た後期高齢者医療制度

    2008年(平成20年)には、同年6月8日投開票の沖縄県議会選挙に合わせた自民党のテレビコマーシャルに出演、自らも対象(79歳)となっている後期高齢者医療制度についてアピールした。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田幸一

    浜田幸一から見た関東地方

    選挙区で、浜田の出身地である富津市の二代目市長だった白井長治は、ハマコー嫌いで知られていた。県連会長や自治体の首長が議員よりチカラを持っているのが珍しくない関東地方で、白井の豪腕ぶりも有名だった。講談社の月刊誌「現代」(1981年2月号)の取材で、白井はラーメンの汁がついたワイシャツのままインタビューを受けている。記者が「浜田さんは何で選挙に強いんですか?」と聞くと、白井は「コレに決まってんだろう」と、太い親指と人差し指で輪を作ってみせた。「議員も議員なら市長も市長だ」とこのインタビューはまとめている。浜田幸一 フレッシュアイペディアより)

274件中 81 - 90件表示