331件中 51 - 60件表示
  • ON THE ROAD 2006-2007 "MY FIRST LOVE IS ROCK'N'ROLL"

    ON THE ROAD 2006-2007 "MY FIRST LOVE IS ROCK'N'ROLL"から見た浜田省吾浜田省吾

    ON THE ROAD 2006-2007 "MY FIRST LOVE IS ROCK'N'ROLL"(オン・ザ・ロード2006-2007 マイ・ファースト・ラヴ・イス・ロックンロール)は、2006年9月15日から2007年11月27日まで開催されていた浜田省吾のコンサートツアーである。ON THE ROAD 2006-2007 "MY FIRST LOVE IS ROCK'N'ROLL" フレッシュアイペディアより)

  • ソニー・ミュージックレコーズ

    ソニー・ミュージックレコーズから見た浜田省吾浜田省吾

    Clearwater(浜田省吾のプライベートレーベル。1995年 - 2003年3月。)ソニー・ミュージックレコーズ フレッシュアイペディアより)

  • 呉市

    呉市から見た浜田省吾浜田省吾

    浜田省吾(ミュージシャン)呉市 フレッシュアイペディアより)

  • ON THE ROAD 2005-2007 "My First Love"

    ON THE ROAD 2005-2007 "My First Love"から見た浜田省吾浜田省吾

    『ON THE ROAD 2005-2007 "My First Love』(オン・ザ・ロード 2005-2007 "マイ・ファースト・ラブ")は、2008年4月2日に発売された浜田省吾の6作目の映像作品。ON THE ROAD 2005-2007 "My First Love" フレッシュアイペディアより)

  • 世界の果てまで (山下達郎の曲)

    世界の果てまで (山下達郎の曲)から見た浜田省吾浜田省吾

    「二人の夏」は1994年にシュガー・ベイブのアルバム『SONGS』がオリジナル・マスターでCD化されたのにあわせて行われた『山下達郎 sings SUGAR BABE』のライブ音源。後にアルバム『Ray Of Hope』初回盤のみセットのボーナスCDに収録された。シュガー・ベイブとほぼ同時期に活動していたグループ“愛奴”のデビュー曲で、後にソロで活動する浜田省吾の作品。バンド結成後、帰郷した広島でバンドでのリハーサルを行っていた1972年頃に書いた曲だという。浜田によれば、メンバーに聞かせたところ良い曲だと言われ「ああ、俺にもメロディー作れるんだって思い始めた」のだという。シュガー・ベイブのライブでは演奏されなかったが『山下達郎 sings SUGAR BABE』では、当時から大好きだったというこの曲もソロ・デビュー以前のレパートリーとともに演奏された。このカヴァー・ヴァージョンを聴いた浜田は「口に言い表せない名誉です」とし、「すごく大人っぽくなっています。演奏は俺達よりもはるかに上手いです」ともコメントしている。世界の果てまで (山下達郎の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎の公演

    吉田拓郎の公演から見た浜田省吾浜田省吾

    小室等、柳田ヒロ、後藤次利 、THE ALFEE、浜田省吾、愛奴、猫、かぐや姫、杉田二郎、武田鉄矢、山本コウタロー、かまやつひろし、松任谷正隆、鈴木茂、石川鷹彦、高中正義、加藤和彦が出演した。吉田拓郎の公演 フレッシュアイペディアより)

  • 福山雅治

    福山雅治から見た浜田省吾浜田省吾

    浜田省吾、サンハウス、THE MODS、ARB、SION、ブルース・スプリングスティーンらの影響を受けている。デビューアルバム『伝言』は福山本人の希望もあってARBのギタリスト白浜久のバックアップを得て制作されている。SIONに関しては「SORRY BABY」をカバーしたり、シングル『たまには自分を褒めてやろう』、『石魂のプライド』で共演するなどしている。浜田省吾に関しては、『福山エンヂニヤリング』のTV番組内での企画(女子大に極秘潜入しての弾き語り)で、「やっぱり、これだな!!」と呟き、浜田のラブソングの代表曲『もうひとつの土曜日』を演奏している。福山雅治 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井和寿

    桜井和寿から見た浜田省吾浜田省吾

    影響を受けたミュージシャンは浜田省吾、甲斐バンド、桑田佳祐、ECHOES、ユニコーン、玉置浩二など。2010年6月26日に放送された「佐野元春のザ・ソングライターズ」(NHK教育)へのゲスト出演時には、浜田省吾と甲斐バンドを挙げた。中でも浜田への憧れは相当なもので、子供の頃からコンサートに通って部屋にスポットライトを作って真似をしたエピソードを紹介したり、浜田との対談で「世界でいちばん浜田さんの物真似が上手いミュージシャン」を自称したり、ap bank fes '05でゲスト出演した浜田を"僕が中学の時から憧れてた人です"と紹介したりした。桑田佳祐に関しては、「サビへの盛り上げ方は桑田さんから」と、音楽性に多大な影響を受けたことを公言している。ECHOESに関しては初期の曲をほとんどコピーし、THE WALLS時代の楽曲はその影響を色濃く受けている。ユニコーンはアマチュア時代に出たオーディションのゲストで観て「ユニコーンの"華"を自分なりに研究した」「アレンジ面で大きな影響を受けた」などと話している。桜井和寿 フレッシュアイペディアより)

  • スピッツ (バンド)

    スピッツ (バンド)から見た浜田省吾浜田省吾

    新宿ロフトに出演するようになった頃、多くのレコード会社からデビューの話が持ち掛けられる。その中には、後にスピッツのディレクターとなる、当時ポリドールの新入社員だった竹内修もいた。しかし、メジャーデビューすることによって自分たちのビジョンが変えられることを恐れていたメンバーは、レコード会社の前に事務所を決めたいと提案し、浜田省吾の事務所として設立されたロードアンドスカイを紹介してもらう。約1年程の交渉の末、1990年夏、事務所ロード&スカイ及びレコード会社ポリドールと契約する。スピッツ (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • With…夜はラジオと決めてます

    With…夜はラジオと決めてますから見た浜田省吾浜田省吾

    増田・亀井・豊永・赤木がレギュラーで出演。また、安藤か一枝(いずれも阪神OB)が週替わりで登場する。コーナーのテーマソングは、増田の愛聴歌である「Baseball Kid's Rock」(浜田省吾)。コーナータイトルは、同曲や『ますだおかだ寺田のベースボールキッズ』シリーズ(かつて増田が出演していたMBSラジオの深夜番組)にちなんでいる。With…夜はラジオと決めてます フレッシュアイペディアより)

331件中 51 - 60件表示

「浜田省吾」のニューストピックワード