362件中 51 - 60件表示
  • 愛という名のもとに

    愛という名のもとにから見た浜田省吾浜田省吾

    『東京ラブストーリー』(1991年)、『101回目のプロポーズ』(1991年)と続けて30%の視聴率を記録したプロデューサー・大多亮が「一本ぐらいここでこけてもいいだろう」という余裕から本作を企画した。大多は、1967年の森川時久監督の映画『若者たち』を観て感動し『若者たち』と岡林信康のイメージで青春群像を発案し、野島伸司に話を持ちかけた。一方、野島は野島で1985年のアメリカ映画『セント・エルモス・ファイアー』と浜田省吾のイメージでそのアイデアを膨らませた。この4つのイメージから本作の世界観が生まれた。大多は、浜省の音楽がなかったらこのドラマは作らないくらいの意気込みを持って、主題歌交渉にあたったという。その際に大多が希望したのは歌詞にサラリーマンの葛藤が歌われている「J.BOY」のような、新曲の制作だった。しかし浜田は、新曲はスケジュール的にできないが「悲しみは雪のように」だったら、ドラマのテーマに近いので使って欲しいと提案した。テレビに出ない、タイアップもやらないという活動スタンスを持つ浜田がなぜ、タイアップを了承したかといえば、ドラマの内容が浜省ワールドと合致しているのなら、安易なタイアップにはならないと判断したといわれる。また、「悲しみは雪のように」という曲に光を当てるチャンスだという読みもあったともいわれる。大多は、ドラマ全体を浜省カラーで染め上げることで浜田の厚意に応えた。ドラマのタイトルを浜田の曲で「愛」の付くタイトルの中から『愛という名のもとに』を選んだ他、ドラマ内でも「ラストショー」、「J.BOY」、「もうひとつの土曜日」など、浜省ナンバーが多く流され、さらに各回のサブタイトルに第一回「青春の絆」、第四回「涙あふれて」、第八回「君が人生の時」、第九回「いつわりの日々」と、浜田の曲名をずらり並べた。但し、クライマックスシーンでは、岡林信康の『友よ』が流された。第十回『友よ』、最終回『私達の望むものは』は岡林信康の曲の題名。浜田のドラマタイアップは本作で最後となった。浜田は、それまでマスメディアに露出することが極端に少なく、一部の熱狂的なファンに支えられている存在であったが、本作での主題歌起用でファン層が飛躍的に拡大した。愛という名のもとに フレッシュアイペディアより)

  • J.BOY (アルバム)

    J.BOY (アルバム)から見た浜田省吾浜田省吾

    『J.BOY』(ジェー・ボーイ)は、1986年に発表された日本のミュージシャン、浜田省吾の2枚組アルバム。発売当時はCD盤、アナログ盤、カセット盤の3形態で発売された。浜田にとって初のオリコンチャート1位を獲得した作品。J.BOY (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 生まれたところを遠く離れて

    生まれたところを遠く離れてから見た浜田省吾浜田省吾

    生まれたところを遠く離れて(うまれたところをとおくはなれて)は、1976年4月21日に発売された浜田省吾のソロとしてのデビュー・アルバム。シングル「路地裏の少年」と同時発売された。生まれたところを遠く離れて フレッシュアイペディアより)

  • 梁邦彦

    梁邦彦から見た浜田省吾浜田省吾

    1984年:日本医科大学卒業以前よりキーボード・プレイヤー及びコンポーザー、サウンド・プロデューサーとして、浜田省吾を始め1980年?1995年にかけ数多くのレコーディング、ライヴに参加。梁邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤薫 (ドラマー)

    伊藤薫 (ドラマー)から見た浜田省吾浜田省吾

    ヤングジャパンのスタッフとして裏方に回りアリスなどを担当(舞台監督としての初仕事はBOWWOW)しつつ板倉雅一(その後浜田省吾&The Fuseに参加)と共にHOT MENUを結成し活動。メジャーデビュー寸前で解散。伊藤薫 (ドラマー) フレッシュアイペディアより)

  • 世界の果てまで (山下達郎の曲)

    世界の果てまで (山下達郎の曲)から見た浜田省吾浜田省吾

    「二人の夏」は1994年にシュガー・ベイブのアルバム『SONGS』がオリジナル・マスターでCD化されたのにあわせて行われた『山下達郎 sings SUGAR BABE』のライブ音源。後にアルバム『Ray Of Hope』初回盤のみセットのボーナスCDに収録された。シュガー・ベイブとほぼ同時期に活動していたグループ“愛奴”のデビュー曲で、後にソロで活動する浜田省吾の作品。バンド結成後、帰郷した広島でバンドでのリハーサルを行っていた1972年頃に書いた曲だという。浜田によれば、メンバーに聞かせたところ良い曲だと言われ「ああ、俺にもメロディー作れるんだって思い始めた」のだという。シュガー・ベイブのライブでは演奏されなかったが『山下達郎 sings SUGAR BABE』では、当時から大好きだったというこの曲もソロ・デビュー以前のレパートリーとともに演奏された。このカヴァー・ヴァージョンを聴いた浜田は「口に言い表せない名誉です」とし、「すごく大人っぽくなっています。演奏は俺達よりもはるかに上手いです」ともコメントしている。世界の果てまで (山下達郎の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 1992年の音楽

    1992年の音楽から見た浜田省吾浜田省吾

    浜田省吾「悲しみは雪のように」が、日本で2週連続した後、再び1位で8週連続1位で通算10週1位を獲得し、1991年のCHAGE&ASKA(現:CHAGE and ASKA)「SAY YES」の13週連続に次ぐ90年代2位の記録となった。1992年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の音楽

    2011年の音楽から見た浜田省吾浜田省吾

    16日 - 浜田省吾が約5年半ぶりとなるアリーナツアー「ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend"」を静岡エコパアリーナを皮切りにスタート。2011年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 愛の世代の前に

    愛の世代の前にから見た浜田省吾浜田省吾

    『愛の世代の前に』(あいのせだいのまえに)は、1981年9月21日に発売された日本のミュージシャン、浜田省吾のアルバム。1982年1月12日の日本武道館コンサートに向けて作成したアルバムである。愛の世代の前に フレッシュアイペディアより)

  • CLUB SNOWBOUND

    CLUB SNOWBOUNDから見た浜田省吾浜田省吾

    『CLUB SNOWBOUND』(クラブ・スノーバウンド)は、1985年11月15日に発売された日本のミュージシャン、浜田省吾のミニアルバム。ウィンター・ソングで構成された企画アルバムである。形態は12インチ。CLUB SNOWBOUND フレッシュアイペディアより)

362件中 51 - 60件表示

「浜田省吾」のニューストピックワード