362件中 61 - 70件表示
  • 田家秀樹

    田家秀樹から見た浜田省吾浜田省吾

    以後、音楽評論家、ノンフィクション作家、音楽番組パーソナリティ、音楽番組監修者として幅広く活躍中。音楽ライターとしては吉田拓郎、浜田省吾、甲斐バンド、CHAGE and ASKA、GLAYといった面々と親交が深く、多数の書籍を執筆している。田家秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • さよならゲーム (曲)

    さよならゲーム (曲)から見た浜田省吾浜田省吾

    『さよならゲーム』は、1996年9月30日に発売された浜田省吾の27thシングル。さよならゲーム (曲) フレッシュアイペディアより)

  • ヨシオカサトシ

    ヨシオカサトシから見た浜田省吾浜田省吾

    浜田省吾公式ファンクラブ会報「Road & Sky」/表紙ヨシオカサトシ フレッシュアイペディアより)

  • Wasted Tears

    Wasted Tearsから見た浜田省吾浜田省吾

    『Wasted Tears』(ウェイステッド・ティアーズ)は、1989年9月1日に発売された浜田省吾のアルバム。Wasted Tears フレッシュアイペディアより)

  • Sand Castle

    Sand Castleから見た浜田省吾浜田省吾

    『Sand Castle』(サンド・キャッスル)は、1983年12月1日に発売された浜田省吾のアルバム。浜田がホリプロを離れて、新たに設立した個人事務所「ロード&スカイ」に移籍し作成した初のアルバムである(オリジナルではない)。Sand Castle フレッシュアイペディアより)

  • J.BOY (曲)

    J.BOY (曲)から見た浜田省吾浜田省吾

    『J.BOY』(ジェー・ボーイ)は、1986年9月4日に発表された浜田省吾の楽曲。同名アルバム『J.BOY』に収録されている。J.BOY (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 桜井和寿

    桜井和寿から見た浜田省吾浜田省吾

    影響を受けたミュージシャンは浜田省吾、甲斐バンド、サザンオールスターズ、ECHOES、ユニコーン、長渕剛、尾崎豊、玉置浩二など。2010年6月26日に放送された「佐野元春のザ・ソングライターズ」(NHK教育)へのゲスト出演時には、浜田省吾と甲斐バンドを挙げた。中でも浜田への憧れは相当なもので、子供の頃からコンサートに通って部屋にスポットライトを作って真似をしたエピソードを紹介したり、浜田との対談で「世界でいちばん浜田さんの物真似が上手いミュージシャン」を自称したり、ap bank fes '05でゲスト出演した浜田を"僕が中学の時から憧れてた人です"と紹介したりした。サザンオールスターズ(桑田佳祐)に関しては、「サビへの盛り上げ方は桑田さんから」と、音楽性に多大な影響を受けたことを公言している。ECHOESに関しては初期の曲をほとんどコピーし、THE WALLS時代の楽曲はその影響を色濃く受けている。ユニコーンはアマチュア時代に出たオーディションのゲストで観て「ユニコーンの"華"を自分なりに研究した」「アレンジ面で大きな影響を受けた」などと話している。桜井和寿 フレッシュアイペディアより)

  • 福田裕彦

    福田裕彦から見た浜田省吾浜田省吾

    早稲田大学卒業後の1980年に、ベーシスト鳴瀬喜博(現・カシオペア)、ドラマー岡井大二(元・四人囃子)らと結成したバンド「QUYZ」のキーボード奏者としてプロデビュー。翌1981年、ギタリスト山岸潤史のソロアルバム『ALL THE SAME』にセッションミュージシャンとしてレコードデビュー、同年、斎藤英夫らとのバンド「YOU」で、メジャーデビュー。1982年デビュー前の爆風スランプに参加、1983年、南こうせつのツアーに参加。以降、スタジオプレイヤーとして、シブがき隊、松田聖子、佐野量子などからKODOMO BAND、浜田省吾、村下孝蔵、尾崎豊、大沢誉志幸、爆風スランプにいたるまで、1000曲を超えるレコーディングに参加。福田裕彦 フレッシュアイペディアより)

  • ソニー・ミュージックレコーズ

    ソニー・ミュージックレコーズから見た浜田省吾浜田省吾

    Clearwater(クリアウォーター、浜田省吾のプライベートレーベル。1995年 - 2003年3月。)ソニー・ミュージックレコーズ フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た浜田省吾浜田省吾

    この後、1994年の長崎・普賢岳噴火災害救済コンサート(3月13日、長崎市公会堂)、「日本をすくえ'94」(8月16日、日本武道館)、1996年の阪神・淡路大震災救済支援コンサート(9月14、15日、神戸ワールド記念ホール)と、三度のチャリティコンサートを拓郎と小田、泉谷しげるで企画運営。復興支援を目的とした「スーパーバンド」の発案は拓郎という。長崎・普賢岳噴火災害救済コンサートは、ギター・泉谷、ベース・拓郎、キーボード・小田、ツインドラム・浜田省吾、大友康平が基本メンバーのスーパー・バンドを結成し、井上陽水や忌野清志郎、さだまさし、南こうせつなどのゲストミュージシャンの曲を演奏するというものだったが、即席バンドで短期間の合宿ではなかなか上達せず、どんどんコードが簡略化されて、さらに拓郎が「親しくない奴と2日以上いられない」とダダをこねたりでピンチを迎えた。しかし、なんでも弾ける坂崎幸之助がこのピンチを救い、無事開催できたという。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

362件中 61 - 70件表示

「浜田省吾」のニューストピックワード