362件中 81 - 90件表示
  • SYMPHONY #10

    SYMPHONY #10から見た浜田省吾浜田省吾

    詞中に登場する人物:「達郎(=山下達郎)」、「Yuming(=松任谷由実)」、「ナイアガラ(=大瀧詠一)「銀次(=伊藤銀次」、「浜田省吾」、「佐野元春」SYMPHONY #10 フレッシュアイペディアより)

  • ヘイ! マダム

    ヘイ! マダムから見た浜田省吾浜田省吾

    『ヘイ! マダム』の歌詞の内容は、30代を迎えた既婚女性に年下の男性がツイストやジルバのダンスを申し込むというもので、歌詞に「ダンス・ウィズ・ミー」というフレーズがある。和田アキ子の浜田省吾による楽曲『ダンス・ウィズ・ミー』が前年の1976年(昭和51年)11月25日に発売されている。『惚れて振られて又惚れて』は女性が男性に恋をし失恋をしまた恋をするというタイトル通りの構成で、歌詞にポール・アンカの楽曲『クレイジー・ラブ』(1958年)のタイトルが引用されている。曲調は前者が明るいポップス、後者がツイスト調のロック・ポップスである。ヘイ! マダム フレッシュアイペディアより)

  • 木村誠 (パーカッション奏者)

    木村誠 (パーカッション奏者)から見た浜田省吾浜田省吾

    これまでサポートしたアーティストは久保田利伸、井上陽水、竹内まりや、小沢健二、浜田省吾、尾崎豊、SMAP、関ジャニ∞、Kinki Kids、ウルフルズ、さだまさし、平井堅、槇原敬之など。木村誠 (パーカッション奏者) フレッシュアイペディアより)

  • 村田翔伍

    村田翔伍から見た浜田省吾浜田省吾

    好きな音楽はジャパニーズポップス関連では、浜田省吾の『悲しみは雪のように』。村田翔伍 フレッシュアイペディアより)

  • 池田ひろ子

    池田ひろ子から見た浜田省吾浜田省吾

    作詞:林カヨコ/作曲:浜田省吾/編曲:竜崎孝路池田ひろ子 フレッシュアイペディアより)

  • 古村敏比古

    古村敏比古から見た浜田省吾浜田省吾

    金子マリ&バックスバニーのサポート、大学時代からの友人である織田哲郎や北島健二らとのユニット「織田哲郎 & 9th IMAGE」などを経て、1982年より浜田省吾の不動のライブメンバーとなる。古村敏比古 フレッシュアイペディアより)

  • COSMOS (宇宙)

    COSMOS (宇宙)から見た浜田省吾浜田省吾

    作詞: 伊藤アキラ、作曲: 浜田省吾、編曲: 萩田光雄COSMOS (宇宙) フレッシュアイペディアより)

  • L.A. Blue

    L.A. Blueから見た浜田省吾浜田省吾

    作詞: 篠塚満由美、作曲: 浜田省吾、編曲: B. FasmanL.A. Blue フレッシュアイペディアより)

  • シンシア (よしだたくろう・かまやつひろしの曲)

    シンシア (よしだたくろう・かまやつひろしの曲)から見た浜田省吾浜田省吾

    もともと、かまやつがよしだと共演をしたくて、よしだを口説いて出来た楽曲。しかし拓郎メロディは、拓郎でないとうまく歌えないものが多く、レコーディングでかまやつがうまく歌えず、拓郎をガイドボーカルにして録音された。1974年11月12日に放送された『ミュージックフェア』(フジテレビ)では、南沙織を挟んでよしだ・かまやつが「シンシア」を歌った。よしだのテレビ出演は、この時期しばらく無かったが、南との共演が出来るならということでテレビ出演した。収録時のバック演奏はロックバンド・愛奴で、ドラムはソロ・デビュー前の浜田省吾である。このため現在でも貴重な映像として放送されることがある。なおこの映像はテレビ局側が保存していたものではなく、かまやつひろしが個人的に録画し保存していた映像であり、のちにフジテレビに提供されたものであると2011年8月6日放送の『FNS歌謡祭 うたの夏まつり2011』内で明らかにされた。2014年1月11日の『ミュージックフェア』50周年特別企画第一夜「歴史的共演10選」では一曲目に放送された。シンシア (よしだたくろう・かまやつひろしの曲) フレッシュアイペディアより)

  • THE FUSE

    THE FUSEから見た浜田省吾浜田省吾

    THE FUSE(ザ・ヒューズ)は、1970年代から1980年代にかけて活動していた音楽グループ。浜田省吾のバック・バンドとして知られる。THE FUSE フレッシュアイペディアより)

362件中 81 - 90件表示

「浜田省吾」のニューストピックワード