336件中 11 - 20件表示
  • 浜田省吾

    浜田省吾から見たホリプロ

    山口百恵、和田アキ子、能瀬慶子、甲斐よしひろ、松田優作、時任三郎、吉田栄作、榊原郁恵、真田広之、烏丸せつこ等、ホリプロ所属時代に多くの楽曲を提供している。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田省吾

    浜田省吾から見たソニー

    1975年のレコード・デビュー以来、一貫してソニー系のレーベル(CBSソニー〜Sony Records〜SME Records)に所属している。ソニー所属の日本人アーティストでは郷ひろみ(1972年レコードデビュー)に次いで二番目の古株である。ちなみに、三番目の古株は1980年から所属している大滝詠一。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田省吾

    浜田省吾から見た渋谷陽一

    1965年、13歳の時、呉市汐見町に転居、呉市立二河中学に転校。以降は高校卒業まで呉市で育った。FEN岩国を知り、毎日ラジオに噛り付き洋楽を聴いた。ビートルズの他には、モータウン・サウンド、ビーチ・ボーイズ、ヤング・ラスカルズなどを好んで聴いた。少年期の音楽体験については、渋谷陽一との対談集「ロックは語れない」(渋谷陽一著、新潮文庫、1986年)などに詳しい。また、子供の頃はロックやポップスと並んで漫画が大好きな少年で、ずっと読んでばかりで親に怒られたという。ケント紙を買ってきて、枠線を引いて自分で漫画を描いて、クラスで回し読みしていた。今はほとんど漫画は読まないらしいが、『あしたのジョー』だけは未だに全巻揃えてあるという。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田省吾

    浜田省吾から見た松田優作

    山口百恵、和田アキ子、能瀬慶子、甲斐よしひろ、松田優作、時任三郎、吉田栄作、榊原郁恵、真田広之、烏丸せつこ等、ホリプロ所属時代に多くの楽曲を提供している。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田省吾

    浜田省吾から見た吉田栄作吉田 栄作

    山口百恵、和田アキ子、能瀬慶子、甲斐よしひろ、松田優作、時任三郎、吉田栄作、榊原郁恵、真田広之、烏丸せつこ等、ホリプロ所属時代に多くの楽曲を提供している。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田省吾

    浜田省吾から見た真田広之

    山口百恵、和田アキ子、能瀬慶子、甲斐よしひろ、松田優作、時任三郎、吉田栄作、榊原郁恵、真田広之、烏丸せつこ等、ホリプロ所属時代に多くの楽曲を提供している。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田省吾

    浜田省吾から見た浜田翔子 (タレント)浜田 翔子

    この他、著名人のファンとしてますだおかだの増田英彦(ファンクラブにも入っている)、ビビる大木、山崎邦正らが有名。山崎はモノマネ番組で浜田の歌をよく歌う。Wコロンのねづっちは「長渕剛と浜田省吾しか聴かない」という。浜田翔子の芸名は、父親が浜田ファンだったため。元航空幕僚長の田母神俊雄は「もうひとつの土曜日」がカラオケの十八番だという。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田省吾

    浜田省吾から見た浅田美代子

    1975年5月1日に愛奴としてアルバム『愛奴』とシングル「二人の夏」でレコード・デビュー。当時、CBSソニーでは同社始まって以来の大プロモーションを行い、浅田美代子の「赤い風船」(売上80万枚)を上回る100万枚以上のセールスを見込んでいたというが、実際には全く売れず惨敗という結果であった。また「二人の夏」はウエストコースト風のサウンドだったのだが、メンバーそれぞれの音楽志向がバラバラで愛奴にはスタイルが無く、バンド内での自分の存在や、シンガーソングライターへの憧れもあり、同年9月に愛奴を脱退。愛奴の全シングルA面は浜田が手掛けており、当時からソングライティングの意欲や素質を備えていた。愛奴脱退後は音楽活動を続けながらウェイターなどのアルバイトもしていた。ぼんやりと就職雑誌を眺めることもあったという。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田省吾

    浜田省吾から見た榊原郁恵榊原 郁恵

    山口百恵、和田アキ子、能瀬慶子、甲斐よしひろ、松田優作、時任三郎、吉田栄作、榊原郁恵、真田広之、烏丸せつこ等、ホリプロ所属時代に多くの楽曲を提供している。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田省吾

    浜田省吾から見た町支寛二

    1968年、県内有数の進学校、広島県立呉三津田高等学校に入学。父の期待に応えたいという一心で受験勉強に励んだ。しかし、授業の合間の休憩時間にも全員が予習・復習をしているという環境に馴染めず、不良の溜まり場だった野球部に入部。また、「グルックス」というバンドを組んでいた後の盟友・町支寛二と知り合い「広島フォーク村」にも参加。野球部はきつい練習や先輩部員との対立から3年の時に退部。野球部を辞めた後はフォークソング・クラブ、新聞部に所属する他、生徒会役員となり呉の弾薬庫の弾薬運搬反対デモなど、学生運動にも積極的に参加した。こうした学生運動などの経験が、現在の曲作りの基礎になっているとよく言われるが、本人はそのことを否定している。そうした動きを「アカ」と批判する父親とも激しくぶつかった。浜田いわく父親は非常に保守思想の強い人物で、当初はミュージシャン活動にも批判的だった。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

336件中 11 - 20件表示

「浜田省吾」のニューストピックワード