388件中 11 - 20件表示
  • 吉田ヒロ

    吉田ヒロから見た浜田雅功浜田雅功

    吉本新喜劇入団一年後の90年10月からスタートした『夕焼けの松ちゃん浜ちゃん』に於けるレギュラー出演の際は、出てきてギャグをして浜田雅功にしばかれるためだけに舞台に出るただの端役であった。吉田ヒロ フレッシュアイペディアより)

  • きびのだんご

    きびのだんごから見た浜田雅功浜田雅功

    2011年10月、『ジャパーン47chスーパー!』(毎日放送)に出演し、先輩である浜田雅功(ダウンタウン)との思い出を語った。きびのだんご フレッシュアイペディアより)

  • スペーストラベラーズ

    スペーストラベラーズから見た浜田雅功浜田雅功

    エンディングにクイーンの「ナウ・アイム・ヒア」を使用し、『踊る大捜査線』を関連させたり、浜田雅功が特別出演するなど、随所に話題性も取り入れたが興行収入は11.3億円とふるわなかった。スペーストラベラーズ フレッシュアイペディアより)

  • WORLD DOWNTOWN

    WORLD DOWNTOWNから見た浜田雅功浜田雅功

    外国のニュース番組にコメンテーターとして日本のコメディアン・ダウンタウンの浜田雅功・松本人志が出演しているという設定のため、彼らの日本における芸風・地位はこの番組内では全く無視されており(一例として、二人の座る位置が普段の立ち位置と逆になっている)、MCや外国人コメンテーターからは単なる「日本の芸人(『ゲ』にアクセントが置かれる)」として無茶な扱いを受け玩ばれる。VTRおよびスタジオトークは、回を重ねるごとに過激さやシュールさを増していった。WORLD DOWNTOWN フレッシュアイペディアより)

  • 摩訶不思議 ダウンタウンの…!?

    摩訶不思議 ダウンタウンの…!?から見た浜田雅功浜田雅功

    東京での活動が中心になっていたダウンタウンは、この番組を最後に関西ローカルの番組に揃ってレギュラー出演することは無くなった(浜田雅功のみ東野幸治(後に田村淳と交代)とともに、2007年3月23日から毎日放送(MBSテレビ)で毎月1回放送の『ごぶごぶ』に出演している。一方松本は2014年10月からは同局で『松本家の休日』を開始している)。この番組のプロデューサーだった岡野均は、後に浜田がメインの『人気者でいこう!』でチーフプロデューサーを務めることになる。摩訶不思議 ダウンタウンの…!? フレッシュアイペディアより)

  • ケンゴロー

    ケンゴローから見た浜田雅功浜田雅功

    番組名の「ケンゴロー」は、司会を務める浜田雅功(ダウンタウン)の実父の名前に由来。番組開始当初のタイトルは「ケンゴローサーカス団」であったが、2016年8月2日(MBS放送分)から『ケンゴロー』に統一された。ケンゴロー フレッシュアイペディアより)

  • よしもとゴールデンアワー

    よしもとゴールデンアワーから見た浜田雅功浜田雅功

    第1回公演ではダウンタウン(浜田雅功・松本人志)が登場。ダウンタウンが2人揃ってなんばグランド花月の舞台に立つのは非常に珍しく、チケットは即日完売となった。よしもとゴールデンアワー フレッシュアイペディアより)

  • 熱血!平成教育学院

    熱血!平成教育学院から見た浜田雅功浜田雅功

    2006年11月19日放送分は、『世界バラエティ選手権』の一環で、『ジャンクSPORTS』から内田恭子がゲスト生徒として出演した。更に「日本列島学校巡り」に代わって、「国語」(スポーツから生まれた慣用表現を答える)を実施。その際、音声だけながら(『ジャンクSPORTS』で司会を務める)、浜田雅功も出演した。浜田を模したCGキャラクター(浜田小僧)も登場した。熱血!平成教育学院 フレッシュアイペディアより)

  • 小室ファミリー

    小室ファミリーから見た浜田雅功浜田雅功

    その後、trfの「EZ DO DANCE」(最高位15位)「寒い夜だから…」(初登場16位、最高位8位、当初はノンタイアップ)などがロングヒットし、中森明菜の「愛撫」がアルバム曲ながら注目を集め、東京パフォーマンスドールの篠原涼子が「篠原涼子 with t.komuro」名義で出した「恋しさと せつなさと 心強さと」が、初登場27位からチャート1位まで上昇し、大谷健吾が原宿を中心に人気を集め(オリコン「The Ichiban」などのアンケートで上位に入った)、ここからプロデューサーとしての小室哲哉に注目が集まった。trfは「survival dAnce 〜no no cry more〜」「BOY MEETS GIRL」「CRAZY GONNA CRAZY」など5作品連続でミリオンセラーを記録、ダウンタウンの浜田雅功に「H jungle with t」名義で提供した「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」が予言通りダブルミリオンを獲得したことでプロデューサーとしての地位を確固たるものにした(→小室哲哉提供楽曲一覧参照)。同時期に同じイニシャルをもつ音楽プロデューサーの小林武史もヒットを生み出していた事から「TK時代」と呼ばれていた。小室ファミリー フレッシュアイペディアより)

  • 中田カウス・ボタン

    中田カウス・ボタンから見た浜田雅功浜田雅功

    ひょうひょうとした語り口でボタンに毒舌を吐くのが特徴。「悪戯の帝王」の異名を持ち、ターゲットになった芸人は浜田雅功から人生幸朗まで幅広く、ターゲットとして一番狙われたのは坂田利夫である。吉本以外では逸見政孝(逸見とカウスは共にビートたけしの親友)にいたずらを仕掛けたことがある。中田カウス・ボタン フレッシュアイペディアより)

388件中 11 - 20件表示

「浜田雅功」のニューストピックワード