387件中 41 - 50件表示
  • ミス花子

    ミス花子から見た浜田雅功浜田雅功

    1976年に『河内のオッサンの唄』がヒット(売上80万枚)し、同年に東映で映画化もされている(監督・斎藤武市、出演・川谷拓三、夏純子、ミヤコ蝶々ほか)。同曲のヒットのためにコメディ系の歌手と思われがちだが、もともと反戦フォークを歌っており、現在でも、世相を風刺したラップ調の曲などを発表している。またダウンタウンの浜田雅功は彼のファンで、「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」の第一回ゲストにミス花子を招き、その後も同番組のスペシャルなどに出演している。ミス花子 フレッシュアイペディアより)

  • 安田修 (エディター)

    安田修 (エディター)から見た浜田雅功浜田雅功

    ジャンクSPORTS(フジテレビ系列)において、ファンタスティックコーナーの編集を担当。その中でも、浜田雅功達ジャンクチームvs浅尾美和の「ビーチバレー対決」シリーズでは、異才を発揮。迫力あるプレーの映像と共に、浅尾美和の笑顔と肢体の躍動を構成している。安田修 (エディター) フレッシュアイペディアより)

  • アムラー

    アムラーから見た浜田雅功浜田雅功

    1996年の『現代用語の基礎知識』新語・流行語大賞に入賞した言葉で、現在でも1990年代を代表する流行語として知名度は高い。安室に英語風接尾辞「-er」をつけたもので、1990年代初頭から一部で流行した「シャネラー」(シャネル愛好者)などの言葉から派生したものと考えられる。1990年代後半には、ナオラー(飯島直子風のファッション)、「カハラー」(華原朋美を意識したファッション)、シノラー(篠原ともえ風)、「ハマダー」(当時の浜田雅功風のアメリカンカジュアルファッション)、「マヨラー」(何にでもマヨネーズをかける人)、「キティラー」(華原朋美など、ハローキティのグッズを身に着ける人)など「ラー」付け語が次々に生まれた。2000年代でも「マヨラー」「シャネラー」などが定着しているほか、君島十和子の熱心なファンが「トワラー」と呼ばれる。また、青山テルマに因んだ「テルマー」や、加藤ミリヤの音楽、ファッション、言動に影響される人を「ミリヤー」、ファッションセンターしまむらの服を好んで着用する10?20代の女性を指す「しまラー」という言葉もある。アムラー フレッシュアイペディアより)

  • T.M.Revolution西川貴教のオールナイトニッポン Music Revolution

    T.M.Revolution西川貴教のオールナイトニッポン Music Revolutionから見た浜田雅功浜田雅功

    浜田雅功、遠藤久美子、城島茂(TOKIO)、志村けん(ザ・ドリフターズ) - 1997年12月。テレビ番組の朝日放送の「人気者でいこう!」の企画で乱入。電波ジャックをした。T.M.Revolution西川貴教のオールナイトニッポン Music Revolution フレッシュアイペディアより)

  • 一陽斎蝶一

    一陽斎蝶一から見た浜田雅功浜田雅功

    ダウンタウンの浜田雅功が楽屋で仮眠中、蝶一の小道具の鳩の鳴き声に腹を立て、同じく小道具の剣で突き刺した。一陽斎蝶一 フレッシュアイペディアより)

  • 三代目J Soul Brothers

    三代目J Soul Brothersから見た浜田雅功浜田雅功

    12月1日には浜田雅功主演のABC・テレビ朝日系ドラマ「検事・鬼島平八郎」の主題歌に起用された、デビュー第二弾シングル「On Your Mark〜ヒカリのキセキ〜」をリリース。デビュー前から相次いでタイアップが決定するのは異例のことである。12月3日の「MUSIC STATION」に初出演し、「On Your Mark〜ヒカリのキセキ〜」を披露した。同作は、前作に続きオリコン初登場3位を記録した。三代目J Soul Brothers フレッシュアイペディアより)

  • ブウェーのビヤビヤ

    ブウェーのビヤビヤから見た浜田雅功浜田雅功

    『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』に出演した際、浜田雅功からこの曲について「どんな歌なんですか?」と問われた際に所は『カラオケで歌えない歌』と答えた。しかし実際にはカラオケにも収録されている。ブウェーのビヤビヤ フレッシュアイペディアより)

  • 万力の国 (アルバム)

    万力の国 (アルバム)から見た浜田雅功浜田雅功

    春のトンボ (3:50) / 唄 - 浜田雅功万力の国 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 浜中祥和

    浜中祥和から見た浜田雅功浜田雅功

    東京六大学リーグ通算37試合出場、126打数33安打、打率.262。1959年春秋リーグで2季連続ベストナイン受賞。1960年に当時の大洋ホエールズに入団。学生時代は身長160cmと在籍選手中で最も小柄ながら俊足巧打の遊撃手で、打撃もベストテン・ベストナインの常連、全日本メンバーにも選ばれた。学生時代の負傷や非力さが元でプロでは全く打てなかったが、代走・守備要員として1年目から1軍に定着し、1960年の大洋初優勝に貢献。打撃の麻生実男と守備・走塁の浜中の組み合わせは、三原魔術に無くてはならない存在だった。プロ1年目に馬場正平と相部屋になる。これは策士・三原脩監督の話題作りの一環だったが、そのスパイクの巨大さに心底驚いた。1965年に中日ドラゴンズに移籍、1967年に引退。代走・守備固めの起用が多く、通算589試合に出場で打数は395と打数より試合数のほうが上回っていた。息子が松本人志、浜田雅功、高須光聖の同級生である。浜中祥和 フレッシュアイペディアより)

  • ADブギ

    ADブギから見た浜田雅功浜田雅功

    杉田巧:浜田雅功(ダウンタウン)  ADブギ フレッシュアイペディアより)

387件中 41 - 50件表示

「浜田雅功」のニューストピックワード