前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
187件中 1 - 10件表示
  • 磐城の戦い

    磐城の戦いから見た浜通り浜通り

    磐城の戦い(いわきのたたかい)とは、戊辰戦争時、後に磐城国として分離される地域(現在の福島県浜通り)で行われた、明治新政府軍と徳川旧幕府軍との一連の戦いの総称である。磐城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 南東北

    南東北から見た浜通り浜通り

    ただ、「同じ東北地方でも、殊更に『南側』として分類上で差別化し主張したい。」というモチベーションを、メンタリティ面から論ずるならば、各種インフラ整備の発展だけでは到底説明不足である。即ち、戊辰戦争以来続いている「負のイメージとしての『東北地方』からの脱却」「より首都圏に近しい地方」という意識であり、これを端的に象徴する語が「脱東北」である。このメンタリティは、実際に関東地方(=事実上「首都圏」と同一視される地域)と地理的に隣接する、福島県磐越東線沿線(中通り中南部、浜通り夜ノ森以南)において特に強い。1990年代から2000年代前半にかけて、当時の佐藤栄佐久・福島県知事が、福島空港の活用を主柱とした開発案を栃木県と茨城県に持ち掛けて「FIT構想」を打ち出し、共同で開発計画を策定、これを東京政府に対して積極提案した結果、いわゆる首都機能移転の最終候補地への指定に成功した事例が、その最たる証左であろう。「FIT構想」に関連する動きで、「東京時代」という語を生み出した川勝平太も、「那須・阿武隈地域に新首都を」と提唱している。南東北 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た浜通り浜通り

    地形・気候・交通・歴史などの面から、太平洋と阿武隈高地に挟まれた「浜通り」、阿武隈高地と奥羽山脈に挟まれた「中通り」、奥羽山脈と越後山脈に挟まれた「会津」の3地域に分けられる。現在の福島県は、1876年8月21日に磐前県(いわさきけん。浜通り)と福島県(1876年以前)(中通り)と若松県(会津)の3県の合併によって成立した。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 中村町 (福島県)

    中村町 (福島県)から見た浜通り浜通り

    中村町(なかむらまち)は、福島県浜通り北部に存在した町で、現在の相馬市中心部に位置する旧城下町である。中村町 (福島県) フレッシュアイペディアより)

  • いわき市

    いわき市から見た浜通り浜通り

    いわき市(いわきし)は、福島県浜通り南部にある市。いわき市 フレッシュアイペディアより)

  • 平 (いわき市)

    平 (いわき市)から見た浜通り浜通り

    福島県浜通りの南部に位置する旧城下町である。平安時代末期から戦国時代までは岩城氏の本拠地として、江戸時代には磐城平藩の城下町として盛えた。廃藩置県当初の1872年1月9日から1876年8月20日までは、現在の浜通りを範囲とする磐前県の県庁所在地であった。平 (いわき市) フレッシュアイペディアより)

  • 仙台経済圏

    仙台経済圏から見た浜通り浜通り

    1994年(平成6年)6月、マスタープランとなる「南東北中枢広域都市圏構想〜南とうほくSUNプラン」を策定。対象圏域は、南東北3県都とその周辺地域であり、宮城県は中部および南部、山形県は村山地方全域および置賜地方東部、福島県は中通り北部および浜通り北部が含まれる。対象面積11,233km2、対象人口338.6万人。仙台経済圏 フレッシュアイペディアより)

  • 中通り

    中通りから見た浜通り浜通り

    中通り(なかどおり)は、福島県を南北に連なる奥羽山脈と阿武隈山地の2つの尾根線を概ねの境界とした「会津」「中通り」「浜通り」の3つの地域(西から列挙)のうち、2つの尾根に挟まれた中間の地域。中通り フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所事故の影響

    福島第一原子力発電所事故の影響から見た浜通り浜通り

    福島県浜通り地方を通るJR東日本常磐線で、警戒区域を含む広野駅 - 原ノ町駅間は福島第一原発の事故後は放射線汚染の懸念があるため、運行再開の目処が立っていない。この区間は相馬駅 - 浜吉田駅間と共に、地震並びに津波被害で軌道や鉄道施設の被害が甚大であったこともあり、回復の見込みが全く立っておらず、復旧工事も被害調査等含め手付かずのままとなっている。JR東日本では路線の経路変更も視野に入れた復興を目指すとし、工事が長期化するとの考えを示している。常磐線は、関東地方と東北地方を結ぶ旅客輸送のみならず貨物輸送にとっても重要な幹線の一つであるが、この「広野⇔原ノ町」区間を境に南北に分断されている状態である。もし常磐線を一部廃線とした場合、旅客・貨物ともに甚大な大打撃を受けてしまう。このため、東京 - 仙台間を直通する鉄道幹線は、東北本線および東北新幹線のみとなっている。福島第一原子力発電所事故の影響 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台藩

    仙台藩から見た浜通り浜通り

    現在の岩手県南部(仙台藩陸奥国領の面積の約1/3)、宮城県全域(同2/3)、福島県浜通り北部におよび、表高は60万石(=1億0823万4000リットル≒9.0?9.6万トン)。なお、現在の当地での水稲生産量は、江戸時代の表高の5倍以上、実高の3倍以上にあたる50万トン以上(300万石以上)となっている。仙台藩 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
187件中 1 - 10件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード