211件中 91 - 100件表示
  • 日本国48番目の都道府県

    日本国48番目の都道府県から見た浜通り浜通り

    福井県の若狭(敦賀や小浜など)、福島県の浜通り(旧磐前県)や会津地域(旧若松県)、長野県の木曽・伊那・筑摩諏訪・佐久のように、日本国内では、幾つかの地域で、現在の都道府県の枠組みから脱退しようとする動きがある。これは日本全体として見れば、道州制の導入が囁かれている現在の情勢とは逆行する動きであるが、道州制の区割りは勿論の事、それ以前の県の区割りも住民(地域政界が関係する場合もある)にとっては重大な問題である。現に、第二次大戦後の日本では、県庁から遠い(それも山地を隔てて遠い)地域が冷遇されて、多くの核施設を強制され、最も酷い例では核施設爆発によって強制退去させられる地域(典型:福島核施設を抱える浜通り)まで現れている事からも、県の区割りは軽視できない問題だと言える。日本国48番目の都道府県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島幹線

    福島幹線から見た浜通り浜通り

    福島第一原子力発電所1号機の建設を開始した際、当初工事用の電力は東北電力富岡変電所から6万6000V、4500kVAで供給を受けていた。しかしこれはあくまで工事用の小容量回線である。東京電力の管外、しかも従前に電源を設置したことの無い浜通りで発電所を建設したため、送電系統も新規に建設が必要であった。このため最初に着手された本格的な接続基幹系統が福島幹線である。福島幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所7、8号機の増設計画の経緯

    福島第一原子力発電所7、8号機の増設計画の経緯から見た浜通り浜通り

    浜通りにJリーグナショナルトレーニングセンター(略称NTC、後のJビレッジ)の建設福島第一原子力発電所7、8号機の増設計画の経緯 フレッシュアイペディアより)

  • 福島の原子力発電所と地域社会

    福島の原子力発電所と地域社会から見た浜通り浜通り

    福島の原子力発電所と地域社会(ふくしまのげんしりょくはつでんしょとちいきしゃかい)では、福島県浜通りの原子力発電所群(東京電力の福島第一原子力発電所と福島第二原子力発電所)が建設・運転に入る過程で、地域社会に与えた影響について説明する。主として福島第一事故前(2011年以前)の状況を対象とする。福島の原子力発電所と地域社会 フレッシュアイペディアより)

  • レース鳩0777

    レース鳩0777から見た浜通り浜通り

    茨城県 浜通り - 中・長距離レースにあるルート。中通りを避けるためにこちらを飛ぶのが良いとされる。レース鳩0777 フレッシュアイペディアより)

  • アブクマトラノオ

    アブクマトラノオから見た浜通り浜通り

    福島県の阿武隈山地ではイブキトラノオ属の植物はよく知られていた。1987年刊行の『福島県植物誌』では、ハルトラノオ は「浜通り、中通りにややまれ」に分布、クリンユキフデ は浜通り地方と中通り地方で「ごくまれ」に分布、とされていた。これは、このイブキトラノオ属の植物を春に観察し標本を採集した場合は、根茎や花序がハルトラノオに近いのでハルトラノオと同定し、夏に観察し標本を採集した場合は、葉の基部が深い心形になるのでクリンユキフデと同定していたと思われる。しかし、両種に当てるには形質が一致せず、正体不明であった。アブクマトラノオ フレッシュアイペディアより)

  • 原町区

    原町区から見た浜通り浜通り

    かつての相双地方振興局(浜通り北部)の中心地は相馬市であったが、南相馬市発足後は、相双地方振興局が原町区に置かれているのをはじめとして、福島県の地方紙である福島民友、福島民報も支局を置くなど相双地域の中心地として機能している。原町区 フレッシュアイペディアより)

  • 原町ラジオ中継局

    原町ラジオ中継局から見た浜通り浜通り

    中継局には、NHK福島放送局ラジオ第2を除く在福中波放送局が中継局を置き、浜通り北部の広範囲に電波を発射している。原町ラジオ中継局 フレッシュアイペディアより)

  • 南相馬市立総合病院

    南相馬市立総合病院から見た浜通り浜通り

    南相馬市立総合病院(みなみそうましりつそうごうびょういん)は、福島県南相馬市にある医療機関。南相馬市病院事業の設置等に関する条例(平成18年1月1日条例第214号)により設置された市立の病院である。旧国民健康保険原町市立病院。いわき市を除く浜通りの市町村で構成される相双医療圏の災害拠点病院である。南相馬市立総合病院 フレッシュアイペディアより)

  • 福島交通飯坂東線

    福島交通飯坂東線から見た浜通り浜通り

    1927年10月に競合路線の飯坂電車を吸収合併して「飯坂西線」と改称。従前の福島電気軌道の路線は「飯坂東線」と改称した。1942年(昭和17年)12月に飯坂西線は福島駅に専用軌道で乗り入れを開始し、福島駅前通りから北に分岐していた従前の併用軌道は廃止されて飯坂東線と分離された。戦時中の企業統合で福島県中通り北部と浜通り北部の統合の中心となり、1943年(昭和18年)8月に周辺のバス会社を統合、福島電気鉄道グループの母体が完成した。福島交通飯坂東線 フレッシュアイペディアより)

211件中 91 - 100件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード