211件中 11 - 20件表示
  • 平 (いわき市)

    平 (いわき市)から見た浜通り浜通り

    福島県浜通りの南部に位置する旧城下町である。平安時代末期から戦国時代までは岩城氏の本拠地として、江戸時代には磐城平藩の城下町として盛えた。廃藩置県当初の1872年1月9日から1876年8月20日までは、現在の浜通りを範囲とする磐前県の県庁所在地であった。平 (いわき市) フレッシュアイペディアより)

  • 仙台経済圏

    仙台経済圏から見た浜通り浜通り

    1994年(平成6年)6月、マスタープランとなる「南東北中枢広域都市圏構想〜南とうほくSUNプラン」を策定。対象圏域は、南東北3県都とその周辺地域であり、宮城県は中部および南部、山形県は村山地方全域および置賜地方東部、福島県は中通り北部および浜通り北部が含まれる。対象面積11,233km2、対象人口338.6万人。仙台経済圏 フレッシュアイペディアより)

  • 飯舘村

    飯舘村から見た浜通り浜通り

    飯舘村(いいたてむら)は、福島県浜通りの北西部に位置し、相馬郡に属する村。飯舘村 フレッシュアイペディアより)

  • 相馬市

    相馬市から見た浜通り浜通り

    相馬市(そうまし)は、福島県浜通りの北部に位置する市。相馬市 フレッシュアイペディアより)

  • 大熊町

    大熊町から見た浜通り浜通り

    大熊町(おおくままち)は、日本の福島県浜通りの中央部、双葉郡(1896年以前は標葉郡)にある町。大熊町 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所事故の影響

    福島第一原子力発電所事故の影響から見た浜通り浜通り

    福島県浜通り地方を通るJR東日本常磐線は、事故による避難区域を含む竜田駅(楢葉町) - 原ノ町駅(南相馬市)間は、地震並びに津波被害で軌道や鉄道施設の被害が甚大で、長期間不通となっているが、2016年7月12日、南相馬市で避難指示が解除されたのと同時に、同市内の小高駅 - 原ノ町駅間で運行を再開した。2017年3月31日、浪江町で避難指示が解除されるのに伴い、4月1日に浪江駅 - 小高駅間で、また同日富岡町でも避難指示が解除されたことに伴い、同年10月21日に竜田駅 - 富岡駅間で運行を再開した。残る不通区間(富岡駅 - 浪江駅間)も今後、除染や復旧工事を進めて2020年3月末までに全線で運行を再開する予定。(同じく甚大な被害を受けていた相馬駅 - 浜吉田駅間は2016年12月10日に運行を再開した)福島第一原子力発電所事故の影響 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台藩

    仙台藩から見た浜通り浜通り

    現在の岩手県南部(仙台藩陸奥国領の面積の約1/3)、宮城県全域(同2/3)、福島県浜通り北部におよび、表高は60万石(=1億0823万4000リットル≒9.0 - 9.6万トン)。なお、現在の当地での水稲生産量は、江戸時代の表高の5倍以上、実高の3倍以上にあたる50万トン以上(300万石以上)となっている。仙台藩 フレッシュアイペディアより)

  • 常磐線

    常磐線から見た浜通り浜通り

    この経緯に由来して、茨城県と福島県浜通りの県境に当たる勿来近辺(北茨城市からいわき市の南半分)は「常磐地区」と呼ばれることもあり、1954年から1966年のいわき市成立までは、湯本温泉周辺を中心とする常磐市(じょうばんし)が存在していた。また、水戸市では常磐町・常磐大学・常磐神社といった、同じ字で「ときわ」と読む地名や施設なども存在する。「ときわ」は、常磐線でもかつて急行列車の愛称として使用され、特急「ひたち」への統一後も茨城県北部から福島県浜通りの沿線の観光キャンペーンや茨城県内に有効なフリーきっぷの名称として「ときわ路」が使用されている。なお、列車愛称の「ときわ」は2015年3月14日のダイヤ改正で特急列車として復活したが、大半は以前の急行同様茨城県内発着の列車となる。常磐線 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方太平洋沖地震

    東北地方太平洋沖地震から見た浜通り浜通り

    地震によって大規模な津波が発生した。最大で海岸から6km内陸まで浸水、岩手県三陸南部、宮城県、福島県浜通り北部では津波の高さが8m-9mに達し、明治三陸地震(1896年)の津波を上回る最大溯上高40.1m(岩手県大船渡市)を記録するなど、震源域に近い東北地方の太平洋岸では、その急峻な地形もあいまって高い津波が甚大な被害をもたらした。津波は関東地方の太平洋岸でも被害をもたらしたほか、環太平洋地域を中心に世界の海岸に達した。また、宮城県北部で最大震度7、岩手県から千葉県にかけて震度6弱以上を観測するなど広範囲で強い揺れとなり、関東地方の埋立地で大規模な液状化現象が発生した。一方東北太平洋岸では、地盤沈下により浸水被害が長期的に続いている。余震も過去例に無いペースで発生したうえ、通常の余震域外でも地震活動が活発化している。東北地方太平洋沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県

    宮城県から見た浜通り浜通り

    角田丘陵(亘理丘陵、亘理地塁山地):南北方向に延びる。阿武隈高地の延長。宮城県内の浜通り部と角田盆地を分ける宮城県 フレッシュアイペディアより)

211件中 11 - 20件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード