187件中 11 - 20件表示
  • 磐城平藩

    磐城平藩から見た浜通り浜通り

    磐城平藩(いわきたいらはん)は、江戸時代に旧陸奥国の菊多郡から楢葉郡まで(現在の福島県浜通り南部)を治めた藩である。藩庁は磐城平城(いわき市平)。磐城平藩 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所

    福島第一原子力発電所から見た浜通り浜通り

    この間、福島県庁は東電とは別に独自に原子力発電事業の可能性について調査を実施していた。松坂清作によると県が調査研究を始めたのは1958年である。後に福島県知事に転身する木村守江(浜通りの四倉出身)は当時国会議員であったが、浜通りの夜ノ森周辺の自治体より産業誘致の相談を受け、東京電力社長の木川田一隆(中通りの梁川出身)に話してみたところ、「原子力発電所が良いのではないか」との回答を得た。しかし、木村が誘致の姿勢を示すと木川田は曖昧な態度を取り、1961年になって木川田の側から用地についての取りまとめを依頼してきたという。当時双葉町長であった田中清太郎によれば、当時、放射能に対するアレルギーは浜通りに無かったものの、発電所建設の下見のため木村や佐藤善一郎(木村守江の前任知事)が視察にやってきた際は目立つハイヤーではなく、ジープを用意してきた。当時の大熊町長・志賀秀正によれば、県の企画開発課から人が来た際にも、風体を山師のように装っていたという。福島第一原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方太平洋沖地震

    東北地方太平洋沖地震から見た浜通り浜通り

    地震によって大規模な津波が発生した。最大で海岸から6km内陸まで浸水、岩手県三陸南部、宮城県、福島県浜通り北部では津波の高さが8m〜9mに達し、明治三陸地震(1896年)の津波を上回る最大溯上高40.1m(岩手県大船渡市)を記録するなど、震源域に近い東北地方の太平洋岸では、高い津波が甚大な被害をもたらした。津波は関東地方の太平洋岸でも被害をもたらしたほか、環太平洋地域を中心に世界の海岸に達した。また、宮城県北部で最大震度7、岩手県から千葉県にかけて震度6弱以上を観測するなど広範囲で強い揺れとなり、関東地方の埋立地で大規模な液状化現象が発生した。一方東北太平洋岸では、地盤沈下により浸水被害が長期的に続いている。余震も過去例に無いペースで発生したうえ、通常の余震域外でも地震活動が活発化している。東北地方太平洋沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 大熊町

    大熊町から見た浜通り浜通り

    大熊町(おおくままち)は、日本の福島県浜通りの中央部、双葉郡(1896年以前は標葉郡)にある町。大熊町 フレッシュアイペディアより)

  • 常磐線

    常磐線から見た浜通り浜通り

    日本の首都・東京から茨城県の水戸、福島県浜通りのいわきなど東関東と南東北の太平洋側を経由して仙台に至る路線であり、首都圏と沿線各都市を結ぶ特急列車や、日本貨物鉄道(JR貨物)による貨物列車が運行されている。また首都圏側では東京への通勤輸送の役割も担う。綾瀬駅 - 取手駅間は急行線と緩行線の線路別複々線となっており、緩急分離運転を実施している(運転行態については後述)。常磐線 フレッシュアイペディアより)

  • 小名浜

    小名浜から見た浜通り浜通り

    浜通り最南端に位置する点から関東地方、特に茨城県との関係が大きく、関東地方から小名浜に来る観光客や小名浜から関東地方に行く旅客も多い。小名浜 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一聖書バプテスト教会

    福島第一聖書バプテスト教会から見た浜通り浜通り

    福島第一聖書バプテスト教会(ふくしまだいいちせいしょバプテストきょうかい)は、福島県双葉郡大熊町大野にある、『保守バプテスト同盟』に加盟するバプテスト系のキリスト教会である。現在は、大野チャペルを拠点として、福島県浜通り地方に4箇所のチャペルを設立し、周辺市町村に向けて伝道を幅広く展開している。福島第一聖書バプテスト教会 フレッシュアイペディアより)

  • 相馬中村城

    相馬中村城から見た浜通り浜通り

    中村氏に代わって相馬盛胤が浜通り夜ノ森以北に権勢を振るい、1563年(永禄6年)に次男の相馬隆胤が入城した。この時期は相馬氏と伊達氏の抗争が激化した戦国時代真っ只中であり、相馬氏は本城である小高城に加えて、この中村城に城代を置いて伊達氏と睨み合った。相馬中村城 フレッシュアイペディアより)

  • 相馬野馬追

    相馬野馬追から見た浜通り浜通り

    相馬野馬追(そうまのまおい)は、相馬を初めとする旧相馬藩領(福島県浜通り北部)で行われる神事および祭りで、神事に関しては国の重要無形民俗文化財に指定されている。相馬野馬追 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台都市圏

    仙台都市圏から見た浜通り浜通り

    1995年(平成7年)国勢調査に基く「」は、おおむねJR仙台駅を中心とした半径 50 km 圏から山形県村山地方(山形市など)を除いた範囲だった。すなわち、県北山間部・栗原圏・登米圏・三陸海岸地域および七ヶ宿町を除いた宮城県全域に、福島県浜通り北部(新地町・相馬市)を加えた範囲だった。2000年(平成12年)国勢調査に基く「仙台大都市圏」の人口は218万6397人。仙台都市圏 フレッシュアイペディアより)

187件中 11 - 20件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード