187件中 21 - 30件表示
  • 国道49号

    国道49号から見た浜通り浜通り

    福島県浜通りから新潟県下越地方に至り、太平洋側と日本海側を結ぶ連絡線の一つである。旧道はいわき市平市街地、バイパスは平郊外から発して、浜通りから中通りの郡山市、会津地方の会津若松市などへと福島県内の主要都市を連絡し、県境を鳥井峠で越えて新潟県下越地方に入ると、阿賀町津川地区からは阿賀野川に沿って東蒲原郡を通る。阿賀野市の安田、水原地区を経由し、京ヶ瀬地区北西部からは一部連続立体交差方式のバイパス区間(横雲・亀田バイパス)。新潟市横越、亀田地区を経由して、新潟市の市街地に至る。阿武隈高地以外の全線で磐越自動車道と並走する。国道49号 フレッシュアイペディアより)

  • 会津

    会津から見た浜通り浜通り

    福島県を奥羽山脈と阿武隈高地の2つの尾根線を概ねの境界とした「会津」「中通り」「浜通り」の3つの地域の1つ(西から列挙)。会津盆地を中心として、東は奥羽山脈、西は越後山脈、南は下野山地(帝釈山脈、大佐飛山地を含む)、北は飯豊山地に囲まれた山岳地帯である。地方中心地は会津若松市。会津 フレッシュアイペディアより)

  • 南相馬市

    南相馬市から見た浜通り浜通り

    以前は浜通り地方北部の中心都市であった相馬市に代わり、現在は市内原町区に中心地が移るようになった。地方紙『福島民報』『福島民友』の2紙ともに支社を置いている。南相馬市 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た浜通り浜通り

    「上からの産業革命」といわれる明治政府の殖産興業により、東北地方でも工業・鉱業が始まり、鉱物資源の豊富な秋田県と、大都市である京浜に近い福島県がその中心となった。秋田県では、南秋田郡を中心として、山本郡、河辺郡、由利郡の日本海沿岸の各郡に油脈があり、日本有数の油田地帯を形成した。また、内陸の小坂鉱山などの鉱山も発展した。しかし、これら工業原料を利用した工場はその産出量の割りにほとんど設置されることはなく、一次産品の供給基地に留まった。福島県では、金、銀、銅、石炭、亜鉛、硫黄、硫化鉄等が産出されたが、特に浜通り南部の常磐炭田は東北を代表する炭鉱として多くの労働力を集めた。また、安積疏水などの水力発電を利用した製糸業などで中通り中部の郡山が工業都市として発展するなど、東北の産業革命は福島県が主導した。工業が労働力を集め続けた高度経済成長期あたりまで、福島県は東北地方最大の人口と工業生産力を誇った。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 夜ノ森

    夜ノ森から見た浜通り浜通り

    夜ノ森(よのもり)とは、福島県浜通りの中部、富岡町と大熊町の境に位置する森林地帯である。行政上の大字としては、富岡町北部の夜ノ森駅近辺に相当する。夜ノ森 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県

    宮城県から見た浜通り浜通り

    角田丘陵(亘理丘陵、亘理地塁山地):南北方向に延びる。阿武隈高地の延長。宮城県内の浜通り部と角田盆地を分ける宮城県 フレッシュアイペディアより)

  • 相馬盛胤 (十五代当主)

    相馬盛胤 (十五代当主)から見た浜通り浜通り

    天文16年(1547年)、黒川城主・蘆名盛舜・盛氏(稙宗婿)父子、須賀川城主・二階堂照行(稙宗婿)、三春城主・田村義顕・隆顕(稙宗婿)父子はそれぞれ領地を接し不和を生じた。蘆名氏は晴宗派に転じ、大館城主・岩城重隆(晴宗舅)と結んで、安積口に出陣。稙宗派・田村氏と争った。相馬顕胤の弟・堀内近胤の正室は蘆名盛舜の娘であるため、政略結婚上、浜通り北の相馬氏は三春城の田村氏を中通りの二階堂氏、会津の蘆名氏と挟撃する形勢となった。同年、伊達晴宗の長男(親隆)は岩城氏へ養子に入った。相馬盛胤 (十五代当主) フレッシュアイペディアより)

  • ネッツ店

    ネッツ店から見た浜通り浜通り

    福島県:浜通り地方北部、中通り地方北部、会津地方に展開するネッツトヨタ福島(旧・トヨタオート福島)、浜通り地方南部、中通り地方南部に展開するネッツトヨタ郡山(旧・トヨタオート郡山)、福島県全域をエリアにするネッツトヨタノヴェルふくしま(旧・トヨタビスタ福島)の3社があるが、その中でも郡山市は唯一3社とも販売拠点を構えている地域である。ネッツ店 フレッシュアイペディアより)

  • 日立市

    日立市から見た浜通り浜通り

    太平洋と阿武隈高地に挟まれているため、茨城県では北に位置しているにも関わらず気候は比較的温暖であり、同じ茨城県内の大洗や鹿嶋よりも、福島県浜通りの小名浜や広野の方が似ている気候である。1月の平均気温は4.4℃と、茨城県中部の水戸や南部の土浦、さらに南の千葉県の我孫子よりも高い。また、夏もさほど気温が高くならない。日立市 フレッシュアイペディアより)

  • 磐城国

    磐城国から見た浜通り浜通り

    磐城国(いわきのくに)は、戊辰戦争終結直後の1869年1月19日(明治元年旧暦12月7日)に、陸奥国が分割されて設立された、日本の地方区分の国の一つ。東山道に位置する。別称は磐州(ばんしゅう)。領域は、現在の福島県浜通り、福島県中通りのうち白河郡、宮城県南部に当たる。磐城国 フレッシュアイペディアより)

187件中 21 - 30件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード