187件中 41 - 50件表示
  • 常磐炭坑節

    常磐炭坑節から見た浜通り浜通り

    常磐炭鉱節(じょうばんたんこうぶし)は、福島県浜通り南部から茨城県北部にかけて伝えられている民謡。常磐炭坑節 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤好信

    佐藤好信から見た浜通り浜通り

    佐藤好信は源義経の家来であった佐藤忠信・佐藤継信の子孫を名乗る。今の福島県浜通り地方を中心に活躍し、その名に恥じぬ勇名を馳せた。佐藤好信 フレッシュアイペディアより)

  • 福島運輸支局

    福島運輸支局から見た浜通り浜通り

    福島運輸支局本庁舎 - 福島県中通り・会津および浜通り北部(福島市・会津若松市・郡山市・白河市・南相馬市・須賀川市・喜多方市・相馬市・二本松市・田村市・伊達市・本宮市・伊達郡・安達郡・岩瀬郡・南会津郡・耶麻郡・河沼郡・大沼郡・西白河郡・相馬郡・田村郡三春町)福島運輸支局 フレッシュアイペディアより)

  • つばめグループ

    つばめグループから見た浜通り浜通り

    福島県浜通り地方で展開しているパチンコ店。上記とは何の関係もない。つばめグループ フレッシュアイペディアより)

  • 石那坂の戦い

    石那坂の戦いから見た浜通り浜通り

    文治5年(1189年)7月、鎌倉の源頼朝は、謀反人源義経をかくまったとの理由で藤原泰衡を討つため、奥州平泉に向けて出陣した。頼朝軍は3手にわかれ、千葉常胤らが常陸国から浜街道(福島県浜通り)沿いを、比企能員らが越後国から出羽国の日本海沿いを、そして頼朝本隊は宇都宮から白河関をとおる奥州街道を進撃する。『吾妻鏡』によれば7月29日に頼朝本隊は白河関を越え、8月7日に国見宿(福島県国見町)に布陣し、阿津賀志山に陣取る藤原国衡と対した。その前後に(『吾妻鏡』では8月8日条)、泰衡の郎従・信夫佐藤庄司(佐藤基治)が石那坂の上に陣を構えており、鎌倉方の常陸入道念西(伊達朝宗に比定されている)の子息4人(為宗・為重・資綱・為家)によって討ち取られ、首を阿津賀志山経岡に晒されたという(後に許されて所領へ戻ったという記述もある。後記文章を参照)。この佐藤庄司と常陸入道念西らの戦いを石那坂の戦いと称する。石那坂の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 福島県道・宮城県道228号相馬大内線

    福島県道・宮城県道228号相馬大内線から見た浜通り浜通り

    福島県浜通り北部と宮城県南部を結ぶ県道。相馬市内は一部国道113号の旧ルートを引き継いでいる。福島県道・宮城県道228号相馬大内線 フレッシュアイペディアより)

  • やませ

    やませから見た浜通り浜通り

    影響範囲で最もやませの影響を受けるのは、稲作地である岩手県の北上盆地・宮城県の仙台平野・福島県の浜通り北部である(福島県中通りも影響を受ける場合がある)。やませ フレッシュアイペディアより)

  • いわき都市圏

    いわき都市圏から見た浜通り浜通り

    いわき都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 原町都市圏

    原町都市圏から見た浜通り浜通り

    原町都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 白河口の戦い

    白河口の戦いから見た浜通り浜通り

    列藩同盟軍の白河城への攻撃は7月14日が最後となった。以降、周辺地域で戦闘が続いたが、白河より北の中通り・浜通りが新政府軍の支配下となったため、これに狼狽した列藩同盟軍は会津藩領を経由し白河周辺から撤退し、白河口の戦いは終結した。白河口の戦い フレッシュアイペディアより)

187件中 41 - 50件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード