187件中 51 - 60件表示
  • 桜井古墳

    桜井古墳から見た浜通り浜通り

    桜井古墳は、福島県の通称浜通り地方の北部、南相馬市原町の中心市街の北東に位置し、西の阿武隈高地から東の太平洋に流下する新田川南岸の標高10メートルの低台地(河岸段丘縁辺部)に立地する。緯度は北緯37度38分29秒、経度は東経140度59分29秒である。なお、桜井古墳を中心に河岸段丘上を東西約900メートルの範囲にわたって古墳群が広がり、大小37基の古墳が確認されている。これは、一般に「桜井古墳群」として一括して呼称されている(詳細は後述)。桜井古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県立磐城桜が丘高等学校

    福島県立磐城桜が丘高等学校から見た浜通り浜通り

    磐城高校と並ぶ浜通り地方の伝統ある進学校だが、近年は福島工業高等専門学校の進学校化や新設のいわき秀英高等学校の台頭で現在はいわき地区内で4番手に甘んじている。共学前と比較してもその地位は確実に揺らいでいると言えよう。福島県立磐城桜が丘高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 郡山都市圏

    郡山都市圏から見た浜通り浜通り

    このような郡山盆地の変化の流れの中で、1876年には、若松県(会津地方)・旧・福島県(中通り)・磐前県(浜通り)が合併して、現在の福島県が成立した。この時、県下1位の都市であった若松町(21,584人)ではなく、陸羽街道(旧奥州街道)沿いの福島町(16,629人。県下2位)に県庁が置かれ、福島県における中通り優位の時代が始まった。郡山都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 郡山都市圏

    郡山都市圏から見たいわき都市圏浜通り

    物販・サービス面で、福島都市圏およびいわき都市圏との間でも相互補完関係が見られるが、福島は仙台方面との(参照)、いわきは水戸方面との結びつきの方が現在は強く、郡山経済圏に入っているとは見なされないことが多い。郡山都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 白河国造

    白河国造から見た浜通り浜通り

    (石城国:浜通り)菊多関(勿来関):菊多(菊多郡)- 石城(磐城郡)- 染羽(標葉郡)- 浮田(宇多郡)- 亘(亘理郡)・伊久(伊具郡)白河国造 フレッシュアイペディアより)

  • 信夫国造

    信夫国造から見た浜通り浜通り

    (石城国:浜通り)菊多関(勿来関):菊多(菊多郡)- 石城(磐城郡)- 染羽(標葉郡)- 浮田(宇多郡)- 亘(亘理郡)・伊久(伊具郡)信夫国造 フレッシュアイペディアより)

  • 阿尺国造

    阿尺国造から見た浜通り浜通り

    (石城国:浜通り)菊多関(勿来関):菊多(菊多郡)- 石城(磐城郡)- 染羽(標葉郡)- 浮田(宇多郡)- 亘(亘理郡)・伊久(伊具郡)阿尺国造 フレッシュアイペディアより)

  • 下越地方

    下越地方から見た浜通り浜通り

    福島県(会津地方、浜通り):磐越西線・磐越自動車道・国道49号で連絡している。磐越道を経由する新潟 - 会津若松間の高速バスは、県外線では唯一予約が不要で、県内高速バスカードが使用可能である。下越地方 フレッシュアイペディアより)

  • 岩城氏

    岩城氏から見た浜通り浜通り

    岩城氏(いわきし)は、陸奥国の浜通り南部を支配した戦国大名。岩城氏 フレッシュアイペディアより)

  • ネッツトヨタ福島

    ネッツトヨタ福島から見た浜通り浜通り

    新車販売、中古車販売の両方を行っており、福島県浜通り地方北部・中通り地方北部(郡山市以北)・会津地方に10店舗を展開している。ネッツトヨタ福島 フレッシュアイペディアより)

187件中 51 - 60件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード