211件中 51 - 60件表示
  • 大黒屋 (いわき市)

    大黒屋 (いわき市)から見た浜通り浜通り

    福島県浜通りを代表する百貨店として、白亜の建物にセルリアンブルーの看板はいわき市平地区における商業の「顔」であった。創業以来、老舗百貨店として営業してきたが、郊外化、多店化の影響を受けて大幅に売上げを減少させた。1990年に10億円かけてリニューアルするものの、郊外の大型量販店出店による競争激化から売り上げを減らしていたことが原因であるが、その他にも商品の単価引き下げ、売り上げ減少による問屋との取引条件の変更(手形から小切手または現金)、取引金融機関による融資の引き締めが重なり、創業100年目にあたる2001年に自己破産を申請して倒産した。負債は、債権者約500名に対し約87億円だった。大黒屋 (いわき市) フレッシュアイペディアより)

  • 水谷勝隆

    水谷勝隆から見た浜通り浜通り

    なお、戦国時代には隣国陸奥国磐城(福島県浜通り)に同字の水谷氏(水谷胤重など)が存在したが、こちらの読みは「みずがい」で、別家である。水谷勝隆 フレッシュアイペディアより)

  • 勿来海水浴場

    勿来海水浴場から見た浜通り浜通り

    茨城県境近くに位置する遠浅の海水浴場で、福島県浜通りでも随一の広さといわれる。JR常磐線・勿来駅からも程近く、宿や海の家といった施設も充実している。勿来海水浴場 フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り (小惑星)

    浜通り (小惑星)から見た浜通り浜通り

    名前は東日本大震災で大きな被害を受けた、福島県の浜通りにちなんで命名された。名前は2012年5月9日に、他の11個と同時に発表された。この命名は、東日本大震災からの復興を願って、被害の大きかった被災地の地名を命名した。これは、同年5月16日から新潟市の朱鷺メッセで行われる国際会議「小惑星・彗星・流星2012」が、アジア初の開催となることにちなんで、日本にゆかりの深い命名が多数承認された事もきっかけとなっている。同会議の実行委員会で原案を作成し、命名提案権を持つローウェル天文台のエドワード・ボーウェルと協議の結果、同時に12個の小惑星を命名し、国際天文学連合に承認された。浜通り (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 道奥菊多国造

    道奥菊多国造から見た浜通り浜通り

    (石城国:浜通り)菊多関(勿来関):菊多(菊多郡)- 石城(磐城郡)- 染羽(標葉郡)- 浮田(宇多郡)- 亘(亘理郡)・伊久(伊具郡)道奥菊多国造 フレッシュアイペディアより)

  • 白河国造

    白河国造から見た浜通り浜通り

    (石城国:浜通り)菊多関(勿来関):菊多(菊多郡)- 石城(磐城郡)- 染羽(標葉郡)- 浮田(宇多郡)- 亘(亘理郡)・伊久(伊具郡)白河国造 フレッシュアイペディアより)

  • 信夫国造

    信夫国造から見た浜通り浜通り

    (石城国:浜通り)菊多関(勿来関):菊多(菊多郡)- 石城(磐城郡)- 染羽(標葉郡)- 浮田(宇多郡)- 亘(亘理郡)・伊久(伊具郡)信夫国造 フレッシュアイペディアより)

  • 磐前県

    磐前県から見た浜通り浜通り

    磐前県(いわさきけん)とは、かつて太平洋沿岸に存続していた、日本の県の一つ。概ね現在の福島県浜通りに相当する。1872年1月9日に設置され、1876年8月21日に廃止された。県庁所在地は平(現在:いわき市平)。本項では前身の平県(たいらけん)についても記す。磐前県 フレッシュアイペディアより)

  • 平町 (福島県)

    平町 (福島県)から見た浜通り浜通り

    平町(たいらまち)とは、福島県浜通り南部に存在していた町。1896年以前は磐前郡に、1896年以後は石城郡に属していた。平町 (福島県) フレッシュアイペディアより)

  • 新田川 (福島県)

    新田川 (福島県)から見た浜通り浜通り

    新田川(にいだがわ)は、福島県浜通り北部を流れる河川。二級水系新田川の本流である。新田川 (福島県) フレッシュアイペディアより)

211件中 51 - 60件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード