187件中 61 - 70件表示
  • 草野直清

    草野直清から見た浜通り浜通り

    草野は今も相馬などと同じく、福島県浜通り地方の地名として残っている。草野直清 フレッシュアイペディアより)

  • 8.5水害

    8.5水害から見た浜通り浜通り

    8.5水害(はちてんごすいがい)は、1986年8月4日から5日までにかけて、福島県の中通りと浜通りで発生した水害である。8.5水害 フレッシュアイペディアより)

  • 雷神山古墳

    雷神山古墳から見た浜通り浜通り

    旧名取郡内の仙台平野は名取平野とも呼ばれるが、この名取平野の西縁には南北に高舘丘陵が延び、南の福島県浜通りから続く海岸平野の西縁に連なる丘陵群の一部をなす。この高舘丘陵から東方の名取平野に突き出した舌状丘陵の愛島丘陵東端に雷神山古墳は築造されている。雷神山古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 愛島丘陵

    愛島丘陵から見た浜通り浜通り

    旧名取郡内の仙台平野は名取平野とも呼ばれるが、この名取平野の西縁には南北に高舘丘陵が延び、南の福島県浜通りから続く海岸平野の西縁に連なる丘陵群の一部をなしている。この高舘丘陵から東方の名取平野に突き出した唯一の舌状丘陵が愛島丘陵である。標高は40m前後。愛島丘陵 フレッシュアイペディアより)

  • 道奥菊多国造

    道奥菊多国造から見た浜通り浜通り

    (石城国:浜通り)菊多関(勿来関):菊多(菊多郡)- 石城(磐城郡)- 染羽(標葉郡)- 浮田(宇多郡)- 亘(亘理郡)・伊久(伊具郡)道奥菊多国造 フレッシュアイペディアより)

  • 正西寺

    正西寺から見た浜通り浜通り

    天文の乱以後、伊達氏と相馬氏は対立していた。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの直前、伊達政宗は徳川家康の要請で会津の上杉景勝の領地に北から攻め入るため大坂から仙台へ帰還することになったが、仙道(中通り)は上杉領のため封鎖されて通ることができなかったので、やむなく敵対していた相馬義胤に領内(浜通り)の通過を願い出た。政宗に従う兵は僅かであったが、このとき義胤は政宗を華光院に宿泊させ何事もなく無事に通過させた。正西寺 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台平野

    仙台平野から見た浜通り浜通り

    仙南平野は、福島県浜通りと地形的にやや連続的になっているため、気候が似ている。海風が入るため、夏季には南東風(イナサ)が入って霧に包まれることが多く、年によっては、北東風(やませ)の影響から気温がなかなか上がらない冷夏となることもある。冬季は北西風(ナライ)に乗ってやってくる雪雲が奥羽山脈と陸前丘陵によってブロックされるため、晴天が多い。亘理平野は、角田丘陵(亘理丘陵)によって更に雪雲がブロックされるため晴天率が最も高く、また、海風によって気温も宮城県内では最も暖かいため、ビニールハウスを使ったイチゴなどの促成栽培が盛んである。仙台平野 フレッシュアイペディアより)

  • 勿来海水浴場

    勿来海水浴場から見た浜通り浜通り

    茨城県境近くに位置する遠浅の海水浴場で、福島県浜通りでも随一の広さといわれる。JR常磐線・勿来駅からも程近く、宿や海の家といった施設も充実している。勿来海水浴場 フレッシュアイペディアより)

  • 平潟町

    平潟町から見た浜通り浜通り

    平潟町(ひらがたまち)は、かつて茨城県多賀郡の北端に存在した、福島県浜通りとの境界地域の町である。平潟町 フレッシュアイペディアより)

  • みよし (企業)

    みよし (企業)から見た浜通り浜通り

    福島県浜通りを地盤とし、創業が昭和24年3月でいわき市内では最も有名な菓子製造業の一つである。和菓子から洋生菓子までラインアップは幅広い。本社工場は平谷川瀬にあり、直売店が併設されている。浜通りと茨城県に進出しており(テナントの形を取る場合は同地域に地盤を持つスーパー、マルトの店内の場合が多い)、常磐自動車道の福島県、茨城県内のSA、PA、磐越自動車道阿武隈高原サービスエリアや、JR常磐線特急スーパーひたちの車内販売などでも販売されている。みよし (企業) フレッシュアイペディアより)

187件中 61 - 70件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード