211件中 61 - 70件表示
  • 幾世橋村

    幾世橋村から見た浜通り浜通り

    幾世橋村(きよはしむら)は、1953年まで福島県浜通りに存在していた村。1896年以前は標葉郡、1896年以後は双葉郡に属した。現在の浪江町北東部にあたる。幾世橋村 フレッシュアイペディアより)

  • 駒ヶ嶺村

    駒ヶ嶺村から見た浜通り浜通り

    旧駒ヶ嶺村域は現在は福島県に所属しているが、江戸時代には新地などと共に仙台藩領であり、村内には浜通り方面における仙台藩領最南端の城砦・駒ヶ嶺城が置かれており、そのため明治初年までは北隣の宮城県亘理郡と一体に扱われていた。駒ヶ嶺村 フレッシュアイペディアより)

  • 楢葉郡

    楢葉郡から見た浜通り浜通り

    楢葉郡(ならはぐん)は福島県浜通り(陸奥国・磐城国)にあった郡。楢葉郡 フレッシュアイペディアより)

  • 菊多郡

    菊多郡から見た浜通り浜通り

    菊多郡(きくたぐん)は、福島県浜通り(陸奥国・石城国・磐城国)の南端にあった郡。菊多郡 フレッシュアイペディアより)

  • 電源地帯

    電源地帯から見た浜通り浜通り

    浜通り地方南部では東京電力・福島第一原子力発電所(定格470万kw)、福島第二原子力発電所(定格440万kw)が稼働している。電源地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見たいわき都市圏浜通り

    工業・流通拠点 → 北上都市圏・いわき都市圏東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 正西寺

    正西寺から見た浜通り浜通り

    天文の乱以後、伊達氏と相馬氏は対立していた。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの直前、伊達政宗は徳川家康の要請で会津の上杉景勝の領地に北から攻め入るため大坂から仙台へ帰還することになったが、仙道(中通り)は上杉領のため封鎖されて通ることができなかったので、やむなく敵対していた相馬義胤に領内(浜通り)の通過を願い出た。政宗に従う兵は僅かであったが、このとき義胤は政宗を華光院に宿泊させ何事もなく無事に通過させた。正西寺 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤善一郎

    佐藤善一郎から見た浜通り浜通り

    木村守江:浜通り四倉出身。衆議院議員で、後任の福島県知事。佐藤善一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 船引バイパス

    船引バイパスから見た浜通り浜通り

    国道288号は福島県の主要都市である郡山市と田村市、双葉郡双葉町等とを結ぶ延長約77kmの幹線道路であり、とりわけ東日本大震災以降は「ふくしま復興再生道路」として福島県復興計画に位置付けられ中通りと浜通りとを結ぶ地域連携道路としての機能を有す。船引バイパス フレッシュアイペディアより)

  • 平潟町

    平潟町から見た浜通り浜通り

    平潟町(ひらがたまち)は、かつて茨城県多賀郡の北端に存在した、福島県浜通りとの境界地域の町である。平潟町 フレッシュアイペディアより)

211件中 61 - 70件表示

「浜通りのできごと」のニューストピックワード